« 新・私的AKB48論2nd番外編(その4) | トップページ | 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十二) »

「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十一)

今回のお題は、『菊地あやか』(あやりん)について(後編)」

 B3rd「パジャマドライブ公演」において、菊地彩香は頂点を極めました。柏木由紀が佐伯美香と(曲の良し悪しは別として)二人きりで『てもでもの涙』というデュエット曲を踊っている中、菊地彩香はバックダンサー4人を背負った堂々のセンターボーカルとして、『鏡の中のジャンヌダルク』を踊りました。この曲の歌詞を見てみると、上を目指して足掻き続ける菊地彩香の生き様を、完全に肯定する内容となっています。秋元康氏にとっても、菊地彩香はかなり重要な存在だったのではないでしょうか。チームAのメンバーは、「周りの全員がライバルだから」と言い聞かせられて育ったわけですが、そういう方向での覇気はあまり感じられないですよね。その点菊地彩香からは、(やり方はあまり正攻法とは言えませんが)なんとしても成り上がるんだという、強烈な覇気が感じられました。恐らく秋元康氏は、菊地彩香の生き方を肯定することによって、柏木由紀に対してはさらなる成長を期待したのでしょうし、AKB自体にも上に向かってがむしゃらに進んでいく強さを持って欲しかったのではないでしょうか(余談ですが、当時菊地彩香が担おうとしていた役割は、後に松井珠理奈が引き継ぐことになりました)。

 とまあいう具合に順風満帆に思えた菊地彩香の栄光は、一瞬にして崩れ去ります。いわゆる「プリクラ流出事件」です。筆者は常々思うのですが、攻撃的な性格の人間というのは、本当に隙が多い。大島優子も攻撃的な性格ですが、「他人の写真を無断でブログに載せた事件」「彼氏と二人でクライミングに行った事件」という具合に、定期的にスキャンダルが発覚しますよね。菊地彩香にとっても、この事件は起きるべくして起きた物だったのかもしれません。ただこの「プリクラ流出事件」に関しては、あくまでも筆者の個人的な見解(というか恐らくはチームB全員の共通見解だと思うの)ですが、菊地彩香はこれほどみんなにボロクソに言われるほど、悪いことをしたんですかね。彼女たちの年頃ならば、学校生活を通して(ステディな関係かどうかは別として)男友達くらい居るのが普通のことだと思います。まあ菊地彩香に男を見る眼が無かったということは200%言えると思いますし、その結果としての(AKBという組織を維持していくためには)解雇もやむを得なかったのかもしれませんが、菊地彩香の全人格を否定するほどの問題だとは、到底思えないのですが。

 当時菊地彩香の解雇という結果を聞いたとき、筆者が最初に思ったのは、「自殺でもしなけりゃいいけど」という思いでした。菊地彩香は、自分にとってAKBは“命”であると公言していましたし、傍から見ていても彼女のAKBに対する入れ込み方は半端ではなかったからです。筆者的には、どこか別のアイドルユニット(例えばモー娘。とか)にでも所属して、AKBにリベンジにやってくるというのが面白いかなとか思っていたのですが、…現実はそれをはるかに超えていましたね(笑)。解雇から3ヶ月ほどして、菊地彩香がAKBの7期生のオーディションにやってきたという話を聞いて、筆者は文字通り椅子の上で飛び跳ねたのを覚えています。だって考えてもみてください、例えば自分が課長として働いていた会社を自分の不祥事が元で解雇されたとして、その会社にもう一度アルバイトとして再入社なんて、並みの人間ならば(っていうか少なくとも筆者には)絶対無理です。それをやってのけただけでも、菊地彩香はAKBにふさわしいド根性の持ち主であることを証明したのではないでしょうか。

 逆に追い込まれたのは、むしろAKB執行部だったのではないでしょうか。菊地彩香を解雇するときは(ファンの評価は真っ二つだったにせよ)AKB執行部のほぼ総意だったことでしょう。しかし菊地彩香の復帰に関しては、今度はAKB執行部の意見が真っ二つに割れたと聞いています。そりゃそうでしょう、不祥事によって解雇して3ヶ月で再雇用なんて、日本芸能史上(というか全世界的に見ても)前例なんてほとんど無かった筈です。実力的には合格確実です(だって元チームBのエースですし)。しかし世間に対する体裁やファン心理、他のメンバーへのしめしを考えれば、意地でも復帰させるわけにはいきません。しかしここで超法規的措置で落選させたとして、今度こそ本当に菊地彩香に自殺でもされたら、AKB自体だってただでは済みません。…最終的には秋元康氏の「一人くらい、MCで彼氏の話をするアイドルがいても良いんじゃない?」という鶴の一声で菊地彩香の復帰は決まりました。菊地彩香は文字通り、命を張った大勝負に見事勝利したわけですね(ただAKB執行部は本心では、早乙女美樹のように、菊地あやかに自分からAKBを去って欲しかったんじゃないですかね。この点でも菊地あやかの粘り勝ちですが(笑))

 ここから先は、一気にはしょります(笑)。みなさんもつい最近のことなんで、大体の状況はご存知のことと思います。しかし筆者が面白いなと思うのは、一度分かれて二度と交わるはずが無かった筈の二人が、全く違う道を辿りながらも再び巡り合う運命の不思議さについてです。例えば『渚のチェリー』で辛い思いをしながらバックダンサーを務めた同級生の峯岸みなみと平島夏海は、チームAとチームBに分かれた時点で運命が二度と交わらない筈でしたが、二年の時を経て二人は「ノースリーブス」と「渡り廊下走り隊」のリーダーとして再び出会うことになりました。菊地彩香と柏木由紀に関しても、菊地彩香がAKBを解雇された時点で二人の運命は二度と交わらない筈でしたが、菊地彩香のAKB復帰と「渡り廊下走り隊」加入、柏木由紀のワタナベガールズリーダー就任(&ソロデビュー(?))によって、どうやらもう一勝負ありそうな雲行きです。

 ただ現在の柏木由紀は、以前菊地彩香に翻弄されていたころの弱い彼女とは全くの別人です。今や「ブラック柏木」を完全に受け入れ、キャラを立てるために最大活用している彼女は、むしろキャラを立てて貰ったことに対して菊地彩香に感謝すらしているかもしれません。それに比べると現在の菊地あやかは、柏木由紀ほどの急激な成長を遂げたという印象がありません。正直に言って、この二人の差はかなり広がったと思います。今後菊地あやかはAKBの最前線から離れていた1年半のギャップをどう埋めていくかが課題なわけですが、かなり厳しいものがあるのは間違いありません。まずその第一歩として、以前の上を目指す攻撃的な姿勢を取り戻して欲しい。毒を吐きまくる位の勢いでさ。菊地あやかの場合、おすまし顔で猫被っていても、どうにもならないと思うんだよねー。全てはそこからじゃないのかなあ。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論2nd番外編(その4) | トップページ | 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十二) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見してます。というか勉強させてもらってます(笑)

菊地さん、おすまし顔になっちゃってますね。
あの沢尻さんですら復帰の際はネコ被ってましたし、正規メン復帰直後の今はしかたないのかもしれませんが、
私も筆者さんが言われるようなキャラ立ちをさせていった方がいいように思います。

とはいえ、そういうキャラだと渡り廊下のグループの雰囲気に合わないように思うのですが、筆者さんはどう思われますか。
仮に秋元さんが言ったように「MCで彼氏の話」などされた日には、渡り廊下のファン層からしてドン引きかと思います(笑)
個人的には、がんばりは認めてますし応援してますが、渡り廊下は本人の足かせにもなるかな・・・と。

投稿: GG | 2010.03.25 10:59

この記事の内容とは全くかけ離れてしまうのですが、
横浜アリーナで発表された、多くのメンバーの事務所移籍に
関して、どう思われますか?

投稿: りゅう | 2010.03.25 22:15

筆者さんは今日発売のYJの菊地の告白記事読んでから書いたのですか?
読んでないなら凄いですね
記事によると解雇されてから様子かいてあるけど
2,3週間は引き篭もりでまともな状態じゃなかったみたいです
両親とか自殺とか心配でしょうがなかったでしょうね
裏で医者とかと相談してAKB復帰とか願いでてたのかもしれませんね
精神状態を考慮してるとすると倉持さんの件の対応もうなづける気がします
中学生の手ぶらヌードという現在では児童ポルノにあたり、表の雑誌では本来掲載不可能の写真の掲載許可を事務所がだしてまで倉持さんを守るのは不自然だと思ってました
普通は藤本綾みたいに干して自分からう辞めさせるように仕向けますからね
その後も彼女は干されるどころか、推されてるくらいです
彼女が事件のPTSDの症状(児童退行、まとわりつき)がでてるから干したして悪化したら自殺しかねないと思ったからかもしれません
こうなるとAKB運営も人をみてやらないと下手に干したりできませんね

投稿: 名無し | 2010.03.26 00:10

毎日ブログを拝見させてもらってます。
またシングル17thで選抜総選挙やるみたいですね。
選挙で台風の目なりそうな人は誰だと思いますか?

投稿: あだー | 2010.03.27 02:19

>とはいえ、そういうキャラだと渡り廊下のグループの雰囲気に合わないように思うのですが、筆者さんはどう思われますか。

なっちゃんがまとめ役をやっている限り、菊地あやかはきちんとコントロールできると思いますよ。

もう一つ、実際には渡辺麻友と多田愛佳も相当攻撃的な性格だと思うので(「ショージキ将棋」とか見てて、そう思いません?)、(今まで猫を被っていたのがその必要が無くなったので)「渡り廊下走り隊」自体の雰囲気は、(菊地あやかの存在に関係なく)結構変わってくるんじゃないかと思っています。詳しくは別項にて。

>筆者さんは今日発売のYJの菊地の告白記事読んでから書いたのですか?

全く読んでないです(^-^;
矛盾していると所があったらと思うと、ちょっとドキドキしてます。
CDの特典映像は書き終ってから確認して問題なかったと思うので、大丈夫だとは思うのですが・・・

>横浜アリーナで発表された、多くのメンバーの事務所移籍に
関して、どう思われますか?

この件も「渡り廊下走り隊」の活動と無関係ではないと思うので、別項を立てます

>またシングル17thで選抜総選挙やるみたいですね。
選挙で台風の目なりそうな人は誰だと思いますか?

前回の総選挙の時の筆者の予想はボロボロだったんですよね( ̄▽ ̄)
前回の時よりは知識も増えたし、データも揃っているので、あそこまで酷く外すことは無いとは思うのですが、・・・やりますかね?

投稿: 少年王3号 | 2010.03.27 11:23

今回も是非、総選挙の順位予想をお願いします!!

投稿: | 2010.04.04 16:43

15か月後 まさか柏木菊地のじゃんけん直接対決が来るとは
分からないものですね

投稿: やどん | 2011.07.25 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47903033

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十一):

» 辻ちゃん 愛用 [辻ちゃん 愛用]
芸能人の愛用している商品をピックアップ [続きを読む]

受信: 2010.04.09 17:12

« 新・私的AKB48論2nd番外編(その4) | トップページ | 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十二) »