« 新・私的AKB48論(その15) | トップページ | 新・私的AKB48論(その17) »

新・私的AKB48論(その16)

今回のお題は、「宮崎美穂について」

 今回から何回かに渡ってAKB新世代のホープの人物評を行ってみたいと思います、

 宮崎美穂は、アイドルという職業の既成概念を根本的に覆してしまうほどに特殊な存在と言えます。果たしてAKB以外の場所で、現在のままのキャラクターでアイドルとして大成する余地があったのかというと、相当疑問ですよね。闇雲にやせることが求められるアイドルという職業において正反対のふくよかな容姿を持ち(本人にはやせる気は全く無いでしょう)、雛壇に座っているときは基本的に仏頂面にへの字口、反抗期キャラ(これも峯岸みなみから強奪したものです)を名乗って攻撃的な発言を繰り返し、逆に追い込まれれば減らず口で言い逃れ、他人には厳しいくせに自分はお化け屋敷や絶叫コースターからも逃げ回る超へたれ、そのくせ他のメンバー同士が険悪な状況になると必ず最初に止めに入る平和主義者という具合に、言動に全く整合性が取れていません(篠田麻里子に言わせると、普段の宮崎美穂はとても素直な性格なのだそうです。だからヒール(悪役)をやらされちゃうのかな)。宮崎美穂は自分を動物に例えて“気の強い猫”だと言っていますが、その気まぐれはまさしく猫そのものです。“女の子”というものに持つイメージそのもの、といっても良いかな。

 そんな宮崎美穂が、一時期前田敦子(この娘もアイドルとしては相当変わっていますが)の後継者候補筆頭にいたということ自体が、AKBという存在の特殊性を示す良い事例と言えるでしょう。はっきり言って、木下優樹菜を受け入れられないモー娘。あたりでは、宮崎美穂の面倒はまず見切れないでしょうね(笑)。宮崎美穂の最大の武器は、伸びのある歌声。声質・声量共にアイドルというカテゴリでは最高水準といって間違いないでしょう。学園ドラマの主人公なんて目指す位なら、オペラ歌手でも目指した方がよほど大成したのではないでしょうか。そしてその存在自体が、アイドルというカテゴリに対する大きな問題提起も孕んでいます。筆者は歌とダンスというのは、本当の意味では両立し得ない物なのではないかと思っています。ダンスに必要な体形は、細身(体重が膝や足首に負担を掛けないため)長身(目立って何ぼですから)。一方歌に必要な体形は声を響かせるための太った身体(オペラ歌手を見れば判るでしょう)。つまり宮崎美穂が最大の武器である歌声を最大限に生かそうとすれば、アイドルというカテゴリではギリギリ(というか超えちゃってるかな)のふくよかな体形を維持する必要があるということになります(増田有華も同じ悩みを持っている筈です)。

 幸いなことに、宮崎美穂に限っては、“いつまでもプクプクとした今のままの体形でいて欲しい”とファンもマスコミ関係者も口を揃えて言います(単純にロリ体形のままでいて欲しい位の動機かもしれませんが)。それだけ宮崎美穂の愛らしいルックスとふくよかな体形がマッチしているということもあるでしょう。増田有華の場合は(恐らく)そのアイドルらしからぬ容姿のために、あまり選抜メンバーに入ることが出来ませんでしたが、宮崎美穂の場合は奇跡的なバランスで体形がかわいらしさと直結しているため、AKBにおいては選抜常連のルックスと、(アイドルというカテゴリのおいては恐らく)最高クラスの歌唱力を兼ね揃えた初めての存在となりつつあります。また研究生上りとしては初めて、メジャープロダクション(ホリプロ)へ移籍を果したということも特筆に価します。ゴールデンエイジとも言うべき5期生四天王の中でもトップを走り、AKB屈指の気の強さと意外なほどの素直さを具えた宮崎美穂は、AKBだからこそ才能が花開いた非常に特殊な存在と言えるでしょう。年齢がまだ16歳と、次世代のエースを狙って行けるポジションにいるのも非常に大きな強みです。

 …という話も今は昔。AKB総選挙において中間11位から、まさかの最終18位への転落によって、現在宮崎美穂は大きく軌道修正を強いられています。恐らく1年位は遠回りになったかな。同世代のライバル、渡辺麻友・小野恵令奈にこてんぱんに負けたことによってエケレンジャーのポジションも黄色になっちゃったし(笑)。…本当は、今が一番重要な時期なんだよねえ。多田愛佳は一年以上に渡って完全に干されている間に、ファンとコミュニケーションを取り続け、芸を磨いて、かつ徹底的なキャラ変を行って再び返り咲いたわけなので、宮崎美穂にもそういう努力を行うチャンスとだいう考え方ができるかどうかです。あと、どうでも良い話ですが、「マジすか学園」第4話を見る限り、学園ドラマの主人公を目指すならもう少し演技の勉強をがんばった方が良い気がします。多分、多田愛佳の方が演技が上手かったんじゃないかなあ(笑)

 宮崎美穂に与えられた命題は「ふくよかな体形のアイドルは、真の意味で大成することができるのか」というところですかね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論(その15) | トップページ | 新・私的AKB48論(その17) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

確かにみゃおは総選挙であんまりよくなくてダメでしたけど多分これから
まゆゆとえれぴょんとともにAKBを担うエースになるでしょうね。

投稿: 菅谷つき奈 | 2010.02.01 23:25

本日、初めて拝見しました。
その14、15、16しかまだ読んでいませんが、鋭い洞察力に感服します。
また、文章の中にメンバーへの愛を感じます。
継続して拝見していきたいと思います。

投稿: rize | 2010.02.02 00:42

"ふくよか"だから、魅力的な子もいる。
AKBでいうと、宮崎美穂チャンや僕の推しメンである平嶋夏海チャンなんかが、そう。 ファンは、そこも、ひっくるめて好きなんだから…。ファンは、意外に、"母性"を感じているのかも知れないよ。
ところで、そんな"ふくよかさ"が魅力だったのに、人工的?なダイエットで、スリムになったはいいけど、全く、本来の魅力を失っててしまった人がいる。
"磯山さやか"…。もちろん、年齢とともに、自然に…というのは、いいんだけど。何か違う! 間違ってるよ、磯山さやか!って、思った。
やっぱり、人は、アイドルに限らず…自然体? ありのまま? そういうのに近い感じの方が、いいのかも知れない。
宮崎美穂チャンも、基本、そのままでいいと思う。 ただ、エンターティナーとして、これから学んでいかなければならないことは、山ほどある。

投稿: ピーナッツ | 2010.02.02 02:18

こんばんは。
渡辺麻友の字が違いますね。ファンはその辺気にしますよ。

オペラを目指すなら太ってたほうがいいでしょうが、
普通に歌うのならあんまり関係ないです。
宇多田ヒカルや吉田美和は太ってませんし。
歌う体力(ちから)は必要でしょうけど。
そもそも最初から太っていたわけではないですし、
研究生時当初から歌は良いといわれてました。
ただ次世代候補であることは変わらないので
痩せるにしろそのままにしろ、キャラは変えずにがんばってほしいです。

ちょっと長すぎましたね、すいません。

投稿: マサ | 2010.02.02 02:28

皆様、いつも応援、本当にありがとうございます。

>渡辺麻友の字が違いますね。ファンはその辺気にしますよ。
全く違う字を書いていますね(゚ー゚;
お詫びをして訂正させていただきます。

>宇多田ヒカルや吉田美和は太ってませんし。
筆者の個人的な見解ですが、宮崎美穂の声(歌ではない)は、宇多田ヒカルや吉田美和より上じゃないですかね。
宮崎美穂ならばオペラが目指せると、本気で思っているのですが(*^-^)

投稿: 少年王3号 | 2010.02.02 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47453239

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論(その16):

« 新・私的AKB48論(その15) | トップページ | 新・私的AKB48論(その17) »