« 新・私的AKB48論(その3) | トップページ | 新・私的AKB48論(その4) »

新・私的AKB48論(増刊その1)

<質問:1>

いつも楽しく拝見させて頂いております。
AKBはMステやコンサート(ライブ?)でも口パクというのを聞いたのですが本当ですか?
ライブという表現を使用していないからいいのかな(笑)
公演はしょうがないとしてもコンサートぐらい生歌でがんばってほしいです。
ハロプロでさえコンサートは生歌ですし。
間違っていたらすいませんが感想聞かせてください。

 さてAKBの口パク問題についてですが、あえて「声を足す」という表現に改めさせてください。というのはAKBのメンバーはほとんどの曲で声は出していると思うのですが、それが我々の耳に届いている声の全てかというと、そうでは無い可能性が高いからです。メンバーのブログを見ると判るのですが、メンバーは新公演が始まる直前になると必ず、<録音>を行っていることが判ります。これは公演に際して「声を足す」ための材料だと考えられます。筆者もAKBを見続けて2年ほどになりますが、ようやく「口」と「声」がずれているものが見分けられるようになってきました。結論から言うと、公演に関しては全員曲に関してはほとんどが声を足しており、ユニット曲はほとんどが声を足していないと考えています(例外はありますが)。

 声を足す理由としては、AKBはダンスが激しすぎ、フォーメーションが複雑すぎるということがあります。筆者はAKB歌劇団を見に行ったのですが、ご存知の通りAKB歌劇団は広井王子氏の意向で全て生歌で行われました。そこでメンバーの生の歌を聞いて判ったのは、(当然のことですが)ダンスの動きが激しくなると、歌のハーモニーがぶれるということでした。つまり安定した歌を聞かせようと思えば、ダンスをゆるくするか、声を足すかどちらかしか方法が無いということです(エグザイルだって、歌っている人は踊らないでしょ?)。まして公演の最初の全員曲5曲は非常に動きが激しい場合が多く、メンバーは一曲終わっただけで肩で息をしている場合も少なくありません(良く観察してみてください)。そんな状況で生歌だけで公演を行おうとすれば、当然「歌」のクオリティは大幅に下がります。ダンスをゆるくするか、声を足すかどちらが良いと思いますか。筆者の個人的な見解としては、AKBはシンガーと言うよりはダンサーだと思っているので、歌のクオリティを維持するためには声を足すのはやむを得ないかなと思っているのですが。

 次にコンサートですが、実はこちらの方が問題です(笑)。最大の難関はシャッフルです。これ一回のために短期間で初めてのダンスを完璧に覚えて、かつ歌も絶対に間違えられない(人数が少ないので)というのは相当ハードルが高いと思いませんか。つまりコンサートのシャッフルに関しては、ユニット曲と言えども(というか少人数で歌うユニット曲だからこそ)、声を足している場合が結構見受けられます。慣れていない歌だからこそ、口と歌が明らかに合っていない場合も多いので、DVDなどでチェックしてみてはいかがしょうか。…ただ筆者の見解としては、先ほども書いた通りAKBはダンサーだと思っているので、生歌にするためにダンスをゆるくする位なら、ダンスをきっちり決めて声を足すほうが望ましいと思っています。逆にコンサートのラストで超大人数で歌う全員曲は、流石に声を足していない可能性が高いのではないでしょうか。逆にお聞きしたいのですが、ハロプロ勢は間違いなくコンサートでは生歌オンリーなのですか。そうだとすると、日本ではかなり珍しいレアケースということになると思います(理由は後述します)。…ただアイドリング!!!だけはコンサートでも間違いなく生歌オンリーですね。あれだけ声量が薄くて、ハーモニーがぶれまくって、声がかすれまくって、音程を外しまくっているのが録音だとすれば、むしろその方が凄いことだと思うのですが(笑)。

 最後にテレビでの歌ですが、これは歌を聞いただけで生歌か声を足しているかはっきりと判ります。NHKのミュージックジャパンに出演時のAKBは、声量の薄さ、音程の不安定さから生歌でほぼ間違いありません。AKBはミュージックジャパンでは声量が薄くならないように常に選抜フルメンバーを投入していますが、それでも声量が薄いのが伝わってしまいます。例えば「言い訳Maybe」の時は、声の大きい宮崎美穂ら3名をパートによっては歌専任として直立不動で歌わせるなど万全の体制で臨みましたが、肝心のソロパートで篠田麻里子は全く声が出ず、佐藤亜美菜は音程を外し、板野友美は歌詞を間違えました。…それが生歌というものです。生歌は常にこうした危険と隣り合わせです。筆者はミュージックジャパンのAKBの歌を聴くたびに、何か起こるんじゃないかと心配で心臓が痛いです。また日テレのミュージックファイターはメディア選抜12名だけで生歌なので、正直怖くて怖くてたまりません。「大声ダイヤモンド」の時は、松井珠理奈がいきなり音程を外し、曲の後半はどんどんハーモニーのブレが酷くなっていって、本当に生きた心地がしませんでした。つまりダンスが激しい上に、毎回異なるメンバー同士でのフォーメーションが複雑なAKBの場合、生歌でアクシデントが起こる可能性は、他の歌手と比べて遥かに高いのです。それらを全て承知の上でも、テレビの有名番組でAKBに生歌を歌った方が良いでしょうか。

 常に音程も歌詞も間違えずぶれも無くいつも全く同じように歌えている歌手なんて、口パクに決まっていると断言できます。筆者はハロプロ勢については全く知らないのですが、常に生歌であるならば、生歌特有のアクシデントは当然毎回のように起こっていることでしょう。そんなわけで、ミュージックステーションでのAKBは、間違いなく歌に声を足していると思います。12名だけであれだけの声の厚みは表現できない筈ですし、あの鉄壁の安定感はただ事ではありません(残念ながら)。ただAKBの立場で考えれば、ミュージックステーションで醜態を曝すことだけは、何としても許されません。ついでに言うと、筆者も心安らかに見ることが出来るので、精神衛生上とても良いです(←ここはかなり重要だと思います)。もう一つ、言い訳にはならないかもしれませんが、ミュージックステーションに出ている他の歌手達も、ほとんどが口パクである可能性がかなり高いです。昨年末の騒動で、浜崎あゆみは、口パクである可能性が濃厚という結果が出ました。あまり夢を失わないで欲しい所なのですが。(ただしAKBの次回作、「桜の栞」はテレビで歌う際も、間違いなく生歌オンリーでしょうね。そのためにあれだけの大人数で、ダンスも一切無しで、ボイストレーニングもしまくりだったのですから。…ただあれが生歌で嬉しいかどうかは、聴く人それぞれでしょうけれど)

 出来ることならば「AKBはプロだから歌もダンスも完璧に出来て当然」というスタンスを捨てて、生身の彼女達を見てあげて欲しいのです。現実問題として、あの激しいダンスと、毎回異なるメンバーと、頻繁なポジションチェンジを繰り返しながら、かつ常に歌も完璧にということを、発展途上である彼女達に要求するのはかなり酷なことではないでしょうか。しかしだからと言ってコンサートのために遠くからお金を払って見に来てくれているお客さんに、「発展途上だから生歌でミスだらけでいいんだ」というスタンスはプロとして問題がある気がします。となれば、お客さんには完成度の高い物をお見せして満足して帰っていただくことが、プロとしての最低限の仕事なのではないでしょうか。…方法は完全に正しい物では無いのかもしれませんが。「他の歌手はみんなやっていることだから」ということは言い訳にはしたくありません。でも「お客さん(や視聴者)に<<常に>>最高のパフォーマンスを提供する」という大前提の中では、誰にとっても取れる選択肢は限られてくるのだ、ということなのではないでしょうか。…今回は歯切れが悪くて、本当にごめんなさい。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論(その3) | トップページ | 新・私的AKB48論(その4) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

質問をわざわざトピックとして扱っていただきありがとうございました。

私はファン歴は非常に浅く、ファンクラブにも入っていないため、
秋葉原での公演は通算で10回程度、コンサートも昨年は武道館だけといった感じです。
なので、凄く丁寧でわかりやすい説明でした。

筆者さんのお考えは私も大方同意見です。
状況によっては口パクであってもいいと思います。
いわゆるダンスユニットではなくアーティストと呼ばれる方々もしょっちゅうですしね(笑)

テレビでの生歌は確かにリスクもあり怖いですね。
Youtubeで例の言い訳Maybe聴きました。正直ぞっとしました(^_^;)
昔、華原朋美がMステでI'm proudの歌詞がぶっ飛んで「ラララ~」でごまかしていたのも懐かしいです。
浜崎あゆみなんかもMステでタモさんに「歌詞間違えてすいません」と笑い話にしてたこともありましたね。

ハロプロやジャニーズは全部かどうかはわかりませんが、コンサートではほぼ生歌です。
よって歌詞間違いや音程外しもたまにあります。
それでもミキティやあややなんかは歌唱力・安定感すばらしいと思います。
機会があれば動画検索してみてください。

AKB48では柏木さんの歌唱力や安定感に注目しています。
先日あったワタナベガールズのイベントで10年桜なんかを生歌披露していましたがすばらしいです。
一緒に歌った高城さんと比べると一目瞭然です。
これも動画見れると思いますのでぜひ一度。

またいろいろなトピック楽しみにしております。

投稿: KO | 2010.01.15 19:06

はじめまして。検索で偶然たどり着いたSPEEDファンの者です。
今まで、AKB48についてほぼ全く知らなかったのですが、管理人様のさまざまな考察を興味深く読ませていただきました。

たしかに、ビジネスモデルとしてもとても面白いですね。
「モー娘。の全盛期が数年だったように、AKBも一過性のブームかなぁ」なんて勝手に思っていたのですが、考えを改めました。
メンバーに対しても、以前より興味を持つようになりました。

ところで、本筋とは関係なくなってしまうのですが、ゆずが口パクの可能性が濃厚というのはどこから来たのでしょうか?
私はゆずも好きでよく聞きますし、(全てとは言わないまでも)テレビでの歌唱は大体チェックしているつもりなのですが、
「口パク?」と思うどころか、むしろいつもハラハラしながら聴いてるくらいです^^;
ライブだとそんなに気にならないんですが、テレビだといまいち安定しないことが多いので。(それがプロとしてどうなのって話はとりあえず脇においておきます・・・)

「昨年末の騒動」というと、間奏後の歌い出しを思いっきり間違えたことくらいしか思いつかないのですが、「ゆず口パク論」(ちょっと語呂が良いような笑)はそのことと関係あるんでしょうか?
(一応、昨年末に出演した分の動画は、ザッと確認したところ、どれも違うように聞こえたのですが・・・)

いきなり現れて、3ヶ月も前の記事に文句つけるようになってしまってスミマセン。どうしても気になってしまいまして。

これからのAKBの考察、楽しみにしています。

投稿: rins | 2010.04.14 13:11

口パクは音程を聴けば一目瞭然。
まず、どんなに素晴らしいオペラ歌手でもピッタリのキーでパーフェクトに歌い上げるのは不可能と言われております。
しかし、AKBは鍵盤でピッタリ合わせた様なピッチで全員が歌い上げてます。
音程修正された音源に合わせて口ぱくしている訳ですが、この音程修正という作業をすると音痴(ピッチ)は直せますが、人間的な味は無くなりロボット的な声質(倍音が不自然)になってしまうのです。
修正幅が増える程にそうなります。
現在では納品数の95パーセント以上は音程修正はしていますが、仮に全部修正してあるとして、自然に聞こえる程オリジナル(レコーディング時)は正しく歌えていると判断できます。
音程を無理やり合わせる程にフォルマンとが乱れロボット的になるのです。
アイドルに声楽的な部分は求めるのは不可能でしょう。
何より、どこの世界でも数字が全てです。
お金です。
どんな手段を使おうと、売れた者勝ちなのです。


投稿: レコーディングエンジニア | 2010.08.30 09:06

ハロプロは某動画サイトで見る限り、AKBと同じように激しいダンスを踊りながらも生歌で歌っています。
確かに生歌だと音を外すしたり間違えたりとハプニングも起きますが、一生懸命歌いながら踊る姿を見るとグッと感じるものがあります。
それがライブの醍醐味なのではないでしょうか。
AKBを批判するわけではないのですが、お金を払ってまで口パクを見たいとは思いません。
AKBは歌手というよりダンサー、テレビ向きのアイドルなのでしょう。
ファンとしては生歌が聴きたいのでは‥‥‥。

投稿: とら | 2010.10.11 17:24

モー娘。はライブだけじゃなく、テレビでも生歌だよ。激しいフリツケでも音程安定してるし、声量もあるしね。道重以外は。

投稿: いち | 2010.12.05 18:39

>ところで、本筋とは関係なくなってしまうのですが、ゆずが口パクの可能性が濃厚というのはどこから来たのでしょうか?

 すいません、この件に関しては他からもクレームを頂戴しております。筆者には確実なところが何とも言えませんので、今更という気もしますが、お詫びをして訂正させていただきます。

>AKBを批判するわけではないのですが、お金を払ってまで口パクを見たいとは思いません

 考え方は人それぞれだと思うので、みんなが自分の信じる物を応援すれば良いのではないでしょうか。ついでに言うと、AKBの歌は本文にも有る通り、全てに対して声を足しているわけでは無いと考えます。そこまで含めて、筆者的には面白いんですけどね(笑)

>モー娘。はライブだけじゃなく、テレビでも生歌だよ。激しいフリツケでも音程安定してるし、声量もあるしね

 筆者は比較的新規のファンのせいか、モー娘。のダンスが激しいという印象が有りません。まあ実際に歌うことを前提とするならば、ぎりぎりのラインなんでしょうが。

投稿: 少年王3号 | 2010.12.05 19:04

沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】

「本物なのか!?」――。
1本の盗 撮ビデオをめぐり、AVマニアが騒然となっている。
あの“エリカ様”こと女優・沢尻エリカにウリ二つの女性の入浴シーンが隠し撮りされ、闇市場に出回っているのだ。


http://aeuhtu.blog41.fc2.com/

 実際に映像を見てみると、確かに髪形や雰囲気は沢尻にソックリ。ただ、本物と比べて顔がノッペリしているし、胸も小さいような……。しかし、DVDの途中でこんなテロップが流れる。


http://aeuhtu.blog41.fc2.com/

投稿: 沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】 | 2011.02.21 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47298146

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論(増刊その1):

« 新・私的AKB48論(その3) | トップページ | 新・私的AKB48論(その4) »