« twitterを始めた | トップページ | 新・私的AKB48論(その1) »

「教えて☆AKB48!(中級編)」(その十一・最終回)

Q11:「なぜ(昔の物とはいえ)セミヌード写真が流出した倉持明日香はお咎め無しで、ツーショット写真が流出しただけの研究生の西川七海は解雇処分になったの?」

A11:「AKBは不特定多数の一般大衆を相手に活動しているわけではなく、主に劇場に足を運んでくれているお客様を相手に活動をしているからです」

 マスコミ各社のAKBに対する理解度が大分進んできたこともあり、今回で一旦最終回とさせていただきます。最後に取り上げておきたいのは、AKBに関わるスキャンダルの問題です。まず一般マスコミが根本的に勘違いしているのは、AKBには男性と付き合いをしてはいけないと言う禁止事項が、少なくとも設立当初は存在しなかったということです(現在はあるようですが、篠田麻里子がスマスマで言っていたことは意味がさっぱり判りません)。秋元康氏自身が菊地あやかを復帰させる際に言った言葉として、「一人位、MCで彼氏の話をするアイドルがいてもいいんじゃない?」というものがありました。また(少なくともまだ現役のAKBのメンバーである)大堀恵に対しては、「早く結婚して子供を作って、『子供を幼稚園に迎えに行ってきました』位のことをMCで言ってみろ!」と常々言っているようです。他にも秋元康氏は、「芸能人として大きくなるためには、良い恋をすることが大切」ということも言っています。…AKBが男性関係厳禁だと、本当に思えますか?

 現在に至っても一般マスコミは、劇場主導のAKBとメディア主導のアイドルとの違いが、どうしても理解できないようです。メディア主導のアイドルの場合は、テレビなどを見ている不特定多数のファンを対象に活動を行うわけですから、物事の良し悪しは一般的な常識や道徳論を元に考えるしか方法がありません。だから雑誌の記者などが主観で記事を書いても、それほど現実との齟齬が生じて来ていないように思われます。しかし劇場主導のAKBの場合は、あくまでも劇場にお客さんが来てくれるか来てくれないかという所で勝負しているわけですから、極端な話をすれば一般的な意味での常識や道徳論など、どうでもいいわけです。倉持明日香のセミヌードが流出した件に関しては、(昔の問題だからということもあるのでしょうが)劇場での公演中にリーダーである秋元才加が今回の問題で倉持を叱り飛ばし、倉持本人が劇場に来ているお客さんに事情を説明して詫び、それをお客さんが受け入れて拍手が起きた時点で、問題は全て解決です。仮にもっと深刻な問題だとしても、他のメンバーにまで問題が波及せず、お客さんが納得する状況であれば、やはり問題無しとなる可能性が高いのではないでしょうか。

 そうなると今度は、なぜツーショット写真が流出しただけの研究生の西川七海がいきなり解雇されたのか、という話になってきます。…でもこの件に関しては、ファンにちょっとでも取材をしていれば、すぐ判る事なんだよねえ。つまり一般マスコミが、如何に何の取材もせずに記事を書いているのかが判る、非常に恥ずかしい事例と言えます。AKBにとってツーショット写真と言うのは、劇場設立当初からの(言い方に少し問題があるかもしれませんが)非常に神聖なものです。好きなメンバーとのツーショット写真というのは、お客さんが劇場に100回通ってやっと手に入る特典であり、金額にすれば最低30万円(交通費や食事代を考えれば恐らくその数倍)、時間にすれば最低60時間(移動時間などを考えれば恐らくその数倍)掛けなければ手に入らない権利です。その権利が、ストーカーなどをしてちょっと上手く立ち回っただけで簡単に手に入ってしまうとなれば、「真面目に劇場に通っている俺達って、馬鹿なんじゃない?」という疑問をお客さんに持たせることになってしまいます。これは劇場主導のAKBにとっては、絶対にあってはならないことです。それを「<<たかが>>ツーショット写真の流出程度で~」という記事を平気で書けてしまうということは、如何に何の理解も無く、何も調べず、何も考えずに記事を書いているのかということに他なりません。

 今後もし、AKBを一般常識や道徳論で批判している記事を見かけたら、むしろ他の記事の内容を疑うべきです。きっと何も取材をしないで記事を書いているのでしょうから…。それでは近い内には、「新・私的AKB48論」と「教えて☆渡り廊下走り隊!(from AKB48)」でお目にかかりましょう(笑)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« twitterを始めた | トップページ | 新・私的AKB48論(その1) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

たぶん、ソロとかだったら?いいんだろう?けど?…やっぱし、大勢で活動しているグループって、交際とか、難しいんじゃないかなぁ? 確実に、"おいてかれる感"あるだろうし…。
でも、それでも!って人…チョット、見たい気もする。もし、いたら、その子、相当、根性すわっているだろうなぁ。

投稿: ピーナッツ | 2010.01.15 10:12

ツーショット写真特典はすごいですね。はじめてしりました。

投稿: harada | 2010.01.16 12:52

残念なことに、平嶋さんや米沢さんの処分もこの記事の通りになりましたね。

少年王3号様
心中お察しいたします。

投稿: 一読者 | 2012.01.31 11:23

この回の情報は今までの記事の中で、最もためになりました。

投稿: ねぎ男 | 2012.11.24 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47268556

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その十一・最終回):

« twitterを始めた | トップページ | 新・私的AKB48論(その1) »