« 新・私的AKB48論(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論(その3) »

新・私的AKB48論(その2)

今回のお題は、「企画書『メンバー提案型コンサート』」

今回のお題は、<新たなコンサートスタイルの提案>について

1、 提案動機
AKBにとって、「投票券付きCD」は販売数を増やすために無くてはならない方式です。しかし「総選挙」は手間がかかりすぎて数年に一度以上行うことができないし、「セットリストベスト100」の投票は(当然のことながら)一年に一回しか行うことができません。そこで今回は、新たなる「投票券付きCD」を販売するためのコンサートスタイルを提案します。

2、 メンバー提案型コンサート
簡単に言うと、全メンバーに自分が踊りたい曲を提案してもらい、それに対してファンが投票(メンバーに対して)を行い、上位20曲(20名ではない。また曲数にこだわりはありません)を実際に踊る、というものです(20曲以外は、みんなで選抜曲でも踊れば良いんじゃないですかね)。具体的に言うと、まずメンバー全員にアンケートを取り、自分が最も踊りたい曲を3位まで挙げて貰います。次に各メンバーが1位に挙げた曲をホームページなどで公開し、それに対してCD付属の投票用紙で投票してもらい、その結果を元に上位20曲分のメンバーが実際にコンサートでその曲を踊ることになります。もし同じ曲を複数のメンバー(20位以下のメンバーも含む)が選んでいた場合は、より得票数の多いメンバーがセンターで踊り、得票数が少なくなっていくにつれて次第にサイドボーカル、バックダンサーとなっていきます。

 20位以下のメンバーは、基本的にはサイドボーカルやバックダンサーに回るわけですが、それでもそれぞれのメンバーが3位までに挙げた曲を出来るだけ優先的に踊れるように割り振ります。どうしても駄目な場合は、…得票数が下位のメンバーに関しては泣いてもらうしかないですね。

 考えられる問題点として、ユニットの定数以上のメンバーが同じ曲を選んでしまった場合が考えられます。例えば「MARIA」を20位以内の6名のメンバーが選んでしまった場合です。これは…素直に同じ曲を2回踊れば良いんじゃないですかね。ファンがそれだけ見たかった曲なわけだし、比較するのも楽しいと思うので(今まで芸能界の秩序を破壊し続けてきたAKBにとっては)“あり”だと思うのですが。あるいは3名ずつが同じ曲を、同時に2箇所で踊ってみますか。これも空前絶後なのでAKBらしくて良いかもしれません。現実的には、確実に受かりそうなメンバーに関しては、予め調整して、曲が重ならないようにしておく方が良いかもしれません。

3、このコンサートスタイルのメリット
 ①「誰も傷つかない」:総選挙やセットリストの投票の場合、どうしてもメンバーやチーム同士(あるいはファン同士)の優劣がついてしまい、後味が良くないという側面もあるのですが、このコンサートに対する投票の場合は、あくまでも「メンバーの曲に対する想い」に対して投票するだけなので、20位以内に入ったメンバーは大喜びでしょうし、入れなかったメンバーについても「自分の踊りたい曲が踊れなかった」ということに過ぎないので、傷つく者がいないことになります。

 ②「ダンスを憶えるのは自己責任」:自分が踊りたい曲なのだから、踊れるのは当然であり、その分レッスンの負担も少なくなるのでは?(実際にはフォーメーションの問題があるので、そんなに簡単な問題では無いのでしょうが)。選抜に入った事の無いメンバーは選抜曲を、あるいは今はもう踊る機会が無くなった昔の曲を、あるいはあこがれていたライバルチームの曲を選ぶかもしれませんが、大人数の曲が問題だということであれば、対象はユニット曲に絞っても良いかもしれません。

 ③:「アピールは公演の中で」:厳密に優劣をつける投票ではないので、アピールに関してもそれほど神経質になる必要が無い気がします。公演の中で気軽にMCの時にでも順番に一人づつ、自分がその曲を選んだ動機やエピソードなどを語り、それをネタにみんなで盛り上がれれば良いのではないでしょうか。劇場に来ていない人に対しては、DMM.COMで見てもらえるように、タグを判りやすくつけておき、見てもらえば良いのでは。…全員分やってあげないとかわいそうなので、そこだけは考えてあげないといけないですが。

4、結論
 とにかく、メンバーが喜んでくれるコンサートになるのではないでしょうか。最近のコンサートは卒業やらチームシャッフルやらで、あまり後味が良くないものが多かった気がします。だから勝った人には「良かったですね」、負けた人には「残念でしたね」で済ませられるような、軽い乗りのコンサートはいかがでしょうか。CDに投票券も付けることができるので、売り上げにも貢献できそうだし…。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。
AKBはMステやコンサート(ライブ?)でも口パクというのを聞いたのですが本当ですか?
ライブという表現を使用していないからいいのかな(笑)
公演はしょうがないとしてもコンサートぐらい生歌でがんばってほしいです。
ハロプロでさえコンサートは生歌ですし。
間違っていたらすいませんが感想聞かせてください。

投稿: KO | 2010.01.13 12:23

 こちらこそ、いつも筆者の判り辛い文章を読んでいただいて本当にありがとうございます。この問題も「教えて☆AKB48」で取り上げておくべき問題でしたね。

 文章をまとめたのですが、あまりにも長くなってしまったので、「新・私的AKB48論(増刊その1)」でお返事させていただきます。よろしくお願いします。

投稿: 少年王3号 | 2010.01.15 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47280337

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論(その2):

« 新・私的AKB48論(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論(その3) »