« 新・私的AKB48論(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論(その10) »

新・私的AKB48論(その9)

今回のお題は、「今こそ、AKBアイドリングの再結成を!」

 早くも歴史の仇花的存在になりつつあるAKBアイドリングですが、もしかしたら日本で唯一人しかいないかもしれないAKBアイドリングの熱狂的なファン(爆)であるところの筆者としては、AKBアイドリングの再結成を熱望します!!!。初代AKBアイドリングは、結成時期が半年遅れたために当初の設立意義(別項にて紹介済み)を果すこと無く終焉を迎えましたが、状況はこの一年でさらに悪化の一途を辿り(泣)、初代AKBアイドリング結成時のAKBとアイドリングのCDセールス比の<3:1>から、今や<15:1>にまでその差は広がり、もはや対等な関係でのAKBアイドリングの結成は不可能となりました。しかしここまで来ちゃえば、不平等は承知の上でやるっきゃないでしょ?(笑)

 アイドリングが行き詰っているのは、誰もが感じていることです。アイドリング(のプロデューサーが、なのかな?)が現在でもAKBを強烈に意識しているのは、絶対に間違いありません。アイドリング日記の中で行われている企画は、そのほとんどがAKBINGOで見たことのある企画のパクリばかり。危機的状況で、逆に人数を増員して切り抜けようという発想も、AKBそのまんま。アイドリングが起死回生の6thライブを行った場所が、AKBが反撃ののろしを上げたのと同じ日比谷野音だったのも、偶然では無い気がします。…とにかくアイドリングからの、AKBに対する強烈なラブコールが聞こえるわけですよ、少なくとも筆者の耳にはね!(笑)

 現実問題として、フジテレビがアイドリングの活動と平行してAKBを起用することが多くなってきていることによって、アイドリングの立場が一層悪化しているのは間違いありません。しかしここでAKBにとってアイドリングを潰してしまうことが本当に良いことなのかというと、必ずしもそうとは思えません。本来“ジャンルが違う物”である両者は、基本的に共存できる筈ですし、AKBがこのまま一人勝ちを続けてアイドルというジャンルで<独占>の形態に入ってしまうと、様々な弊害が起きてくるのは眼に見えています。ここは一つ、マイクロソフトがアップルの株を買い支えてあげたような、大局を見据える広い視野と温かい心を持って、アイドリングを支えてあげてはいかがでしょうか。フジテレビには貸しが作れるし、AKBメンバーのテレビ出演の機会も増えるし、様々な経験値も得られるし、良い事尽くめだと思うのですが。

 2代目AKBアイドリングは、若手中心で編成します。…正直今のアイドリングにAKBのメディア選抜クラスを貸し出す必要はどこにも無いでしょう。で、お互いに対抗心剥きだしでガンガン遣り合い、コンサートでも真ん中にロープでも張ってお互いのファンを分けておいて、(乱闘が起きない程度にですが)ファン同士がお互いに対して野次を飛ばし合いながら進行していくというのは、かなり画期的で面白いと思うのですが。AKB側のメンバーとしては、リーダー佐藤亜美菜(AKB愛担当。「チキショー!」とか言って、地を出して蓮っ葉にやって欲しい)、北原里恵(強気担当。酒井瞳となら手が合うかな)、指原莉乃(弱気&へたれ担当。まいぷるにボロクソに言われて涙ぐんで欲しい)、仁藤萌乃(根性担当。相手が誰だろうと根性で勝負!)、宮崎美穂(ホリプロから責任上参加した減らず口担当。森田涼花と頭の悪そうな言い合いをして欲しい)、石田晴香(アニメ担当。長野せりなと仲良くアニメの話をしていればOK)、大家志津香(身体を張って酷い目にあう担当、谷澤恵里香と二人で汚れ専任)、小森美果(天然ボケ担当。橋本楓と誰が一番天然なのか競って欲しい)、くらいでどうでしょうか(よく見たら、ほとんどチームホルモンだな)。

 で、月一くらいでアイドリング日記(CSの方へ乗り込んでも良いかもしんない)に出して貰ってゲームなど行うわけですが、初代AKBアイドリングの時と違って、結果は勝ったり負けたりで全然問題ないでしょう。「前田敦子連れて来い!」「前田さんはもうお前らなんか相手にしねえんだよ!」とか言いながらさ(笑)。で、一緒に歌う楽曲を作ってもらって、お互いのコンサートにも顔出しとかしていけば、お互いの活動の場も広がっていくという物です。AKBサイドとしては長期的な付き合いの中で、トークやリアクションのノウハウを持って帰れれば、それだけでも大きな財産だと思うんだけど。

 とにかく損は無いと思うので、絶対にやるべし!

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論(その10) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

AKBがアイドリングの企画パクってるんだよバーカ
そんなこともわかんねーのかwwwダセーwww
何もしらねーやつが偉そうに語ってんじゃねーよクズ

投稿: AKBオタ=犯罪者が世間の認識 | 2010.02.19 16:05

私はAKBもアイドリング!!!も好きですが
先の方が言うとおり、アイドリング!!!の企画をAKBがパクり続けてます! 楽器演奏も

投稿: | 2013.01.13 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47356182

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論(その9):

» この「愛と苦悩の日記」は筆者の実体験を基礎に脚色しており [愛と苦悩の日記]
■この「愛と苦悩の日記」は筆者の実体験を基礎に脚色しており、完全な虚構を書くことはない。もちろん時間的な前後を意図的に入れ替え、かなり時間がたってから昨日のことのように記す場合はあるが、起こらなかった事実を捏造することはない。自然主義的な吐露の日記に近い。虚構の日記を書くのはスタニスラフ・レムのように虚構の書評を書くほどでないにせよ労力を要するが、会社員である筆者はそれほど暇ではない。ただ、読者の...... [続きを読む]

受信: 2010.01.22 07:01

» アイドリング!!!in合衆国'09~uRaのウラまで密着ング!!!~ [DVD] | [得アマゾン情報局]
アイドリング!!!in合衆国'09~uRaのウラまで密着ング!!!~ [DVD]... [続きを読む]

受信: 2010.01.26 21:58

« 新・私的AKB48論(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論(その10) »