« 新・私的AKB48論(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論(増刊その1) »

新・私的AKB48論(その3)

今回のお題は、「AKBの代表曲って、本当に『会いたかった』で、い~の?」

 「AKBの代表曲って何?」と一般の人に尋ねると、十中八九“会いたかった”という返事が返ってきます。…これって、超異常なことだと思いませんか?。“会いたかった”はAKBのサードシングルですが、インディーズを抜け出したばかりの、メジャー進出第一弾の曲であり、販売枚数は僅か2万枚強(それもファーストシングルから販売枚数を半分以下に落としての)に過ぎません。しかもすでに初期のCDは絶版であり、CDショップで手に入るのは、AKBアイドリング名義で発売した“チューしようぜ”のカップリング曲で、(事もあろうに)アイドリングが歌っているバージョンのみです。おまけに“会いたかった”のCD発売時にはテレビで歌った記録がほとんど無く、名前の通った番組でAKBが“会いたかった”を歌ったのは、2008年の紅白の時のみ。つまりモー娘。の代表曲がミリオンセラーを記録した“ラブマシーン”だ、と言うのとは訳が違います。むしろ一般の人達は、どうやって“会いたかった”の存在を知ったのか、その方が不思議なくらいです(やっぱ紅白なのかなあ)。

 さてここで筆者が言いたいのは、「AKBの新たなる代表曲の必要性」についてです。代表曲と言うくらいだから、せめてCDショップで普通に手に入る曲にしてもらいたいです。そしてターゲットとしては、AKBのことを全く知らない高年齢層から、将来のメンバー候補とも言うべき幼稚園児にまでアピールする必要があると思います。具体的な必要項目は、

①:誰もがフリコピできるような、印象的で簡易な振り付け
②:誰もが口ずさめるような、印象的で判りやすい詞と曲
③:明るいイメージで、全年代層にまで届くプロモーションを行う

 つまり、AKBにはもはや倒すべき相手もいないわけですから、選抜チームが闇雲に難易度の高いダンスを踊る必要はもはや無いのではないでしょうか。もしどうしても難易度の高いダンスを踊りたいと言うことであれば、カップリング曲を『ダンス選抜』とでも言うべきチーム(具体的には松井珠理奈、北原里恵あたりをメインにして)を作り、打倒エグザイル位の勢いで躍らせれば良い気がします。こちらはファン向けにアピールしていけば良いと思うのですが。

 現在AKBは“りぼん”にも連載を持っているわけで、幼稚園児女子、小学生女子は、今後のAKBを考えた場合、超重要ターゲットと言えるでしょう(女性限定公演に続いて、親子限定公演も考えてみてはどうでしょうか)。モー娘。の“ラブマシーン”のように、この世代に直撃するような楽曲が、AKBには必要なのだと筆者は確信しています。ここから広がっていけば、必ずやAKBには比較的無関心な“世間”に対しても、必ず届く筈だと思います。“桜の栞”の次は、ぜひこの路線でいかがでしょうか(笑)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論(増刊その1) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

「会いたかった」はインディーズではなくてメジャー1st(通算で3rd)シングルでは?

投稿: | 2010.01.15 00:02

・・・おっしゃる通りです。お詫びをして訂正させていただきます。

投稿: 少年王3号 | 2010.01.15 08:09

「AKB48」=「会いたかった」…と、感じるのは、テレビの影響だと思う。
つまり、AKBのメンバーが登場する際、これでもかっ!ってぐらいに、"会いたかった〜、会いたかった〜、会いたかった〜…"って、そりゃ、耳に残るよ!
そういう事じゃないのかなぁ!?

投稿: ピーナッツ | 2010.01.15 15:12

特にファンではないのですが、「会いたかった」…は頭に残っています。歌番組も特に見ていないので、頭に残りやすい歌詞なのかもです。CDショップで普通に手に入らないとのことですが、アルバムとかに入っていたりはしないのでしょうか?

投稿: harada | 2010.01.16 12:49

ピーナッツさんへ

>「AKB48」=「会いたかった」…と、感じるのは、テレビの影響だと思う。

確かにそうかもしれません。そろそろAKBのテレビ登場時のイントロも変えないと駄目ですね(笑)


haradaさんへ

>アルバムとかに入っていたりはしないのでしょうか?

アルバムには入っているのですが、アルバム自体が遠い昔に絶版になりました(泣)

投稿: 少年王3号 | 2010.01.16 14:08

>アルバム自体が遠い昔に絶版

再販してくれればいいのに、、、でもレア度が下がっちゃうからだめなのでしょうか?それともプレス会社にお金を払うよりはネットで売るスタイルで行きたい!ということなのでしょうか。

私自身CD屋には月1回もいくかどうかですし・・・それでもお店でしか買わないようにしていますが。

投稿: harada | 2010.01.20 22:05

録画時期は不確かですが…
音楽戦士(放送終了)で歌ってませんでしたかね? アレが「制服」や、「軽蔑」の売り込みであり、メドレーの中のものだったのかも知れませんが…

投稿: ねぎ男 | 2012.11.24 20:27

2014年の今なら,①~③を最も満たす曲は「恋するフォーチュンクッキー」ですね

投稿: 本店研ヲタ | 2014.01.19 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47296464

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論(その3):

« 新・私的AKB48論(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論(増刊その1) »