« 「教えて☆AKB48!」(その二十四-4)<改訂版> | トップページ | 「教えて☆AKB48!(上級編)」(その一) »

「教えて☆AKB48!(中級編)」(その八)

Q08:「チームSの高井つき奈の卒業にはどういった意味合いがあるのでしょうか?」

A08:「巷ではほとんど話題になっていませんが、48プロジェクトにとっては非常に大きな意味合いがあると考えられます」

 まずは高井つき奈の人となりから。高井つき奈はウィキペディアを見れば判る通り、元スターダストプロモーション(夏帆をはじめとする、歴代のケータイ刑事を輩出しているプロダクションです)のアイドルユニット、『ももいろクローバー』出身です。そしてその経歴の欄は“SKE48へ移籍”となっています。…これって、引き抜きですよね?。そして『ももいろクローバー』のディスコグラフィーには、なんと『大声ダイヤモンド』の名があります。察するに、これは高井つき奈の引き抜きに対して48プロジェクトが支払ったペナルティなのではないでしょうか。つまり48プロジェクトにとって高井つき奈は、当時AKBにとっての最新楽曲であり、勝負曲でもあった『大声ダイヤモンド』を差し出してでも手に入れたかった人材ということになります。オーディションの選考基準が、“既存の事務所に所属していないこと”を原則としている48プロジェクトにとって、これは例外中の例外と考えられます。

では原則を曲げ、虎の子の『大声ダイヤモンド』を差し出してまで、48プロジェクトが高井つき奈に求めたものは一体何だったのでしょう。それは「松井珠里奈の同世代の盟友(ライバル)」というポジションだったのではないでしょうか。チームSは松井珠里奈の実力に見合うパフォーマンスを得るために、比較的高い年齢層で構成されています。逆に言うと、(順当に行けば)恐らく10年は48プロジェクトに留まるであろう松井珠里奈には、チームSで最後まで一緒に歩める盟友がほとんどいないことになります。森紗雪では、残念ながら力不足でしょう。つまりここで高井つき奈を失った場合、松井珠里奈はここから先の9年間、“立ち上げ当初から苦楽を共にした同世代の盟友”を一人も持たない状態で過ごしていくことになるわけです。…果たして精神的に持ちこたえられるかどうか。

 次に今回の卒業の異色さついて。今までの48プロジェクトの卒業生達は、大抵心か体のどちらかが折れて辞めていくケースばかりだったので、卒業を宣言してから一ヶ月間目一杯活動を続けるといったことはほとんどありませんでした。それだけに今回の高井つき奈のケースは、一ヶ月間慰留の嘆願が殺到するであろう中で、果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、非常に興味のある所です。また「何故この時期に卒業を宣言したのか判らない」という声をよく耳にしますが、(コンサート直後は止めて欲しかった気もしますが)時期的には絶好だったと筆者は考えています。SKEは全国的には知名度が低く、話題性もそれほど無い以上、初のメジャー進出CDのプロモーションという点では、主力メンバーの卒業は絶好のPR材料です(秋元康氏は計算づくでしょうが)。

 高井つき奈の今後について。本人も言っている通り、今回の卒業宣言は非常に自分勝手です(笑)。しかしアイドルという究極の個人業を営むに当たってあの台詞を言えるということは、(アイドルを廃業しようとする人に言う台詞ではないかも知れませんが)非常にアイドル向きの性格だと言えるのではないでしょうか。今回卒業を決めた理由はいくつか考えられます。AKB総選挙の結果が納得がいかなかったこと(高井つき奈は基本的に毎日ブログを更新していますが、選挙発表があった7月9日だけは一切書き込みがありません。またブログでも選挙に関しては一切触れていません)。また松井珠里奈に頭を抑えられて、出世の目が無いと判断した可能性もあります。あるいはユニットシャッフルの楽曲が、納得がいかなかったのかもしれません。相談相手が居なくなったと言う意味では、姉さんの二軍降格が致命傷になった可能性もあります。あるいは体でも痛めたのか。…ただ学業だけを理由にするのならば、AKBに受かった瞬間に高校に退学届けを叩き付けた小嶋陽菜に比べて、単にプロ意識が低いだけということになってしまうのですが。

 復帰(もしくは卒業撤回)の可能性。最初から撤回を視野に入れての卒業宣言だった可能性もあります(確率20%位かな)。SKEの全国的知名度が低いことを考えると、どんなスキャンダルであってもPRの一環になるでしょう。…ただ、あんまりマスコミが騒いでくれて無いんだよねえ(泣)。48プロジェクトにとっては、高井つき奈は今までの卒業生の中で最も手放したくない人材だと思うのですが、世間の48プロジェクトに対する理解はなかなか進んでくれていないようです。そこまでやって(総選挙に続いて)CDの売れ行きが惨敗ならば、今度こそチームSのメンバーの緊張の意図が切れてしまう結果にもなりかねません。また卒業撤回にしても、ファンがすんなりと認めてくれるかどうか。いずれにしても難しいところです。逆に復帰の可能性に関しては、かなりの確率でありえるでしょう。なんせ高井つき奈の場合、体も心も全く折れていないのですから。果たして48プロジェクトから復帰するのか、同業ライバルからなのか非常に興味深い所ですが、筆者的にはライバルとして現れてくれた方が、ドラマチックに盛り上がるかなと(っていうか、そういうことは菊地彩香にこそやって欲しかったんだけど)。この一月は、SKEから目が離せませんね(笑)。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆AKB48!」(その二十四-4)<改訂版> | トップページ | 「教えて☆AKB48!(上級編)」(その一) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させてもらっています。
「役不足」の使い方間違っていますけど・・・

投稿: john | 2009.08.02 10:20

 いつも見に来ていただいて、本当にありがとうございます。そして対応が遅れまして、すいませんでしたm(_ _)m

お詫びをして、訂正させていただきます。

投稿: 少年王3号 | 2009.08.05 00:31

これって2ちゃんねる?
ヲタの妄想をダラダラ書き連ねて恥ずかしくない?
そろそろ、こういう安っぽい「陰謀史観」みたいなのは卒業したら?
だから世間に「アイドルヲタクはキモい」って笑われるんだよ。

「学業専念」って、そんなにありえないことか?
単に「親と、成績が学年○番以下に落ちたら辞めるという約束をしてた」とか、
そんな程度の話でしょ。

投稿: | 2009.08.05 22:04

 せっかくこのような弱小個人ブログを見に来ていただいたのに、お気に障る内容だったとしたら、大変申し訳ありませんでした。ただこうした内容でも楽しみに見に来ていただいている方が何人かはいらっしゃるようなので、何故当ブログがこういった内容なのかという点についてご説明させていただきます。

>ヲタの妄想をダラダラ書き連ねて恥ずかしくない?

 正直、あまり恥ずかしくありません。全ての物事には多様な考え方があるのは当然であり必然です(明らかに悪意しか無い物は例外としたいですが)。むしろ民主主義というのは、そこから始まる考え方です。筆者の考える様々な可能性が、必ずしも一般的な意味での正論でも正解でも無いことは認めます。ただ世の中の考え方が正論一つだけになり多様性を全て失ってしまったとしたら、それは間違いなく破滅への第一歩だと言えるしょう。48プロジェクトに関しても、あくまでも秋元康氏の独裁ではなく、きちんと反対意見を言える執行部を持っていればこそ、現在のようなフレキシブルな動きが可能になっていると考えられます。筆者の文章を「面白い」と言ってくれる数人の方々についても、必ずしも正解だけを求めて読んでくれているわけではなく、あくまでも可能性の一つとして、多様性を求めて読んでくれているのだと思いますよ。

 むしろ多様な考えを阻害する事の方が、よほど問題があると考えます。現在の48プロジェクトには様々な世代や考え方のファンが流入してきており、過去の常識が通用しなくなりつつあります。当然48プロジェクトへの考え方もスタンスも、多種多様でしょう。その状況で、自分と異なった意見は片っ端から否定してまわるだけでは、単に48プロジェクトのファンを減らすだけで、何一つ48プロジェクトに貢献していないと思うのですが、いかがでしょうか?。

>そろそろ、こういう安っぽい「陰謀史観」みたいなのは卒業したら?

 筆者が48プロジェクトに対して強く惹かれるのは、その戦略性の強さにあります。他のアイドルがひたすら前例主義で、何一つ新しいことを試さずに次第に力を落としていく中で、前例を一切持たない48プロジェクトだけがひたすら力を増しているのは、「自分達の頭で考え、議論し、実行し続けている」からだと考えます。その結果として数多くの失敗もありましたし、秋元康氏が最初に思い描いていたタイムスケジュールはすでに跡形もありません(笑)。しかし常に理詰めで動く48プロジェクトの動きは、情報さえきちんと汲み取れれば、ある程度は正解を導くことが可能です。これでも、筆者は幾つも当てたこともあるんですよ(笑)。同じ位、情報の汲み取りか分析に失敗して外していますが(泣)。ただ外れた物に関しても後で再分析してみると、“なぜ外れたのか”が明確に判るほど、48プロジェクトの動きはシビアです。“デフスターレコーズとの縁切り”から“大堀めしべのソロデビュー”で時間を稼いでいる間に、“松井珠理奈の加入”と同時に“キングレコードと契約”、そして“大声ダイヤモンド発売”で反転攻勢という48プロジェクトの動きは、近年の日本芸能界では屈指の大逆転劇だったと思います。そこには「陰謀史観」なんて、どこにも入り込む余地はありません。

 あと自分で書いた文章を読み直してみたのですが、少ないデータからかなり強引な結論を出していますので、信憑性に関しては何とも言えない所もあるのですが(笑)、…これって、「陰謀史観」なんですかね?。正しいか誤っているかは別として、単なる情報分析だと思うのですが。“何らかの組織が人には言えないことをしたかもしれない”というのは、別に「陰謀史観」ではないですよね?。単なる「深読み」という程度の物だと思うのですが。ついでに言っておくと、「深読み」は秋元康氏も歓迎してくれている(本人談)楽しみ方だとのことです。

>だから世間に「アイドルヲタクはキモい」って笑われるんだよ。

 あなたの周りの人は、あなたのことを「アイドルヲタクはキモい」と言って笑うのですか?。それとも単なる一般論ですか?。筆者の周りでは、なかなかそういう人は見かけないのですが。まああんまり吹聴してまわってもいませんけど(笑)。ただ仮に一般論だとして、世間の人が「アイドルヲタクはキモい」と言って笑うのは、筆者のような人間が「陰謀史観」みたいなのを書いているせいなのでしょうか。…正直言って、48プロジェクト関係では色々なブログを見てまわりましたが、情報分析系(あなたの言う所の「陰謀史観」系)のブログって全く見たことが無いんですよねえ。これだけ超少数派である筆者が、「アイドルヲタクはキモい」って笑われている(んですよね?)理由の一翼を担っているとは、あまり思えないのですが。ついでに言うと、筆者の文章は専門用語が多すぎて、一般の方達にはほとんど理解不能だそうです。…何か根本的に、笑われている理由が間違っているのではないですか?。例えば服装とか、言動とか、ネット上でのマナーとか。

>「学業専念」って、そんなにありえないことか?
>単に「親と、成績が学年○番以下に落ちたら辞めるという約束をしてた」とか、
>そんな程度の話でしょ。

 確かにそうかもしれませんが、断定できる材料はお持ちでしょうか。筆者は48プロジェクトを卒業するにあたり、「学業専念」を理由にするのは“最低”の言い訳だと考えています。「学校を辞めたくなった(あるいはこの同義語)」という歌詞は、48プロジェクトの楽曲には普遍的に使われているフレーズです。それぞれの楽曲の詞がメンバー達の身の丈にあった内容で書かれている可能性が高い以上、学業との両立の問題は、ほとんどのメンバーが直面しているということではないでしょうか。つまりほとんどのメンバーが、「親と、成績が学年○番以下に落ちたら辞めるという約束をしてた」くらいのことは、当然のことだと考えます。小嶋陽菜の例は極端だとしても、例えば佐藤夏希は元々進学校に通っていましたが、どうしてもAKBと両立することができずに普通校に転校し、それでも早稲田に一発合格しました。…親との間に軋轢が無かったと思いますか?。直近では、大矢真那が大学受験との両立に苦しみ、卒業を意識したことをブログで告白しています。

 またSKEの練習風景を収めたDVDには、なかなかやる気を見せないメンバー達を前にして振付師の先生が、「本当は君達よりももっと踊りたかったに違いないオーディションに落ちた人達に対して、今の君達は失礼ではないか?(大意)」と叱っているシーンが収められています。(実際はともかくとして理念としては)全くその通りだと思います。そしてそうしたオーディション落選者に向かって、卒業の理由が「学業専念」だけだとということは、究極の失礼ではないでしょうか?。もし理由が本当に「学業専念」だけだとしたら、高井つき奈は、現役の48プロジェクトの中で最もプロ意識の低いメンバーだということになると思うのですが、どう思いますか?。筆者は高井つき奈の常に笑顔を崩さない、プロ意識の塊のような顔を見ていると、「学業専念」だけが卒業の理由だなどという、単純すぎる問題とは到底思えないのですが。いずれにせよ、本当の理由は絶対に判らないでしょうが、時間が経って状況が見えてくれば、判ってくる事もあるのではないでしょうか。

投稿: 少年王3号 | 2009.08.09 01:26

いつも楽しく読ませていただいています。
おかしな方もいると思いますが、これからも続きを期待しています。

あと、気になったんですが、小嶋晴菜ちゃんは高校卒業してたと思いますよ。
こじはるおじさんが本人から直接聞いたとmixi日記に書いていたので、間違いないかと。

投稿: ちょうぴん | 2010.03.04 19:23

いつも応援、本当にありがとうございます(o^-^o)

ところで、小嶋陽菜の卒業の件ですが、複数の資料で
「高校を自分から中退した」
「高校の追試で点数が足らず、退学になった」
とあるのを見たのですが、間違いだったのですね。

ただどうしても確認が取れませんので、しばらく時間をください。

投稿: 少年王3号 | 2010.03.08 23:47

ももいろクローバーの現在のメンバーを見る限り百田以外は関東在住メンバーですよね。地方在住だと東京の活動がメインのアイドルユニットに参加するのが困難という理由もあったのかなと思います。

投稿: ? | 2010.11.22 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/45806569

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その八):

« 「教えて☆AKB48!」(その二十四-4)<改訂版> | トップページ | 「教えて☆AKB48!(上級編)」(その一) »