« 「教えて☆AKB48!」(その二十四-1) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その二十四-3) »

「教えて☆AKB48!」(その二十四-2)

Q24-2:「『日刊サイゾー』のAKB48に関する記事は、どうしてあんなにデタラメばかりなのでしょうか」

A24-2:「今回は09年6月22日「AKB48シングル選抜メンバーを決める“人気投票”の真の目的とは?」より]

『本来の運営サイドではなく、大手事務所が主導となって、AKB48を動かそうとしているんです。選抜メンバーも大手事務所のメンバーにほぼ固定してしまっている。ファンもこれに疑問を感じているんですが、秋元さんら運営サイドも、相手が大手事務所なので、強気には出られない。(中略)"選抜人事"にまでは関与されるのは、面白くないようです。そこで、行われるのが、今回の『選抜総選挙』というわけですよ』(日刊サイゾーより引用)

4月24日の記事とはすでに正反対の状況になってしまったようです(爆)。わずか一ヶ月前に『プロデューサー・秋元康の権力が絶対で、事務所側のコントロールがほとんど利かないんです』と言ってたのは、一体なんだったんでしょうね。確かにAKBは動きが早すぎて、コアファンでも状況に着いて行くのが難しいという面もあるにはあるのですが、サイゾーさんもプロだと言うなら、せめてもう少しポリシーを持てないんでしょうか。

『実際、普段は名古屋で公演を行っているSKE48(チームS)のほうがAKB48より公演のクオリティが高いというのはファンの間で定説になっています。(中略)もしかしたらSKE48(チームS)が21人の選抜メンバー中、半分を占めるようなサプライズもあるかもしれませんよ』(日刊サイゾーより引用)

あまりの馬鹿馬鹿しさに笑うしかないですね。チームSのクオリティの高さには筆者も一目置く所ですが、それと選挙の結果がどう結びつくのか、全く理解できません。まずチームSのクオリティの高さを、一体どれだけの人が知っているのかということになりますが、それを知らせるための努力をSKE執行部がほとんど行っていないため、AKBファンの大多数はそのことを知りません。また名古屋の商業規模は、東京の10分の1程度であると言われており、恐らく名古屋のSKEファン全員の数を合計しても、AKBの1チームのファン数の半分程度の人数しかいないでしょう。これで一体どうやってチームSが選挙に勝つと言うのでしょうか?。まず選挙というものが、『得票数が多い者が当選する』という所から勉強しなおして欲しいですね。一応今回の総選挙に関して、チームSは記録的な大惨敗を喫したことだけは、書き加えておきます。

『特に中心メンバーで、センターポジションを務める前田敦子などは公演中の手抜きがひどいという評判です。(中略)今回の総選挙で、彼女の現在の真のランキングを明らかにして、お灸を据え、さらに、メンバーたちに危機感を与えるのが、総選挙の目論見の一つだと思います』(日刊サイゾーより引用)

 この情報を持ってきた某アイドル雑誌の記者とやらとは、もう別れたほうが良いよ(笑)。本気で前田敦子を負けさせる気なら、読売グループとの提携に際してあれだけ前田敦子を前面に押し出すことなんて有り得ません。今回の選挙は、どう考えても前田敦子をセンターに置くことを、他のメンバーに対して正当化するためと考える方が妥当でしょう。そしてもう一つ意味合いがあるとすれば、それは前田敦子に覚悟を決めさせるということではないでしょうか。確かにこの半年以上、前田敦子は相当コンディションが悪く卒業時期を伺っていた感もあるのですが、筆者は前田敦子の“強さ”は現在のAKBには絶対に必要な物だと思っています。肝心な所で体や心が折れてしまう大島優子、気持ちが優しすぎる高橋みなみでは、AKB100余名の命運を背負うプレッシャーには耐えられないのではないでしょうか。前田敦子の強さの代償が、気まぐれであったり手抜きであったとしても、その前田敦子を咎めて取って代わる人材が居ないという事をこそ憂うべきであって、前田敦子を現在の地位から引きずり降ろせばそれでいい、などという単純な問題とは到底思えないのですが。

以下次号

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆AKB48!」(その二十四-1) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その二十四-3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/45705660

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!」(その二十四-2):

» 驚愕!AKB48の研究生・西川七海が解雇の理由の情報 [くろこの日記]
なんと、AKB48の研究生・西川七海が解雇されたようだ。人気グループAKB48の研究生の西川七海が、7月25日付けで所属事務所から解雇されたという。西川七海に、研究生としての自覚に欠けた軽率な行動があったことが理由とされているようだ。AKB48の公式ブログ...... [続きを読む]

受信: 2009.07.25 17:51

« 「教えて☆AKB48!」(その二十四-1) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その二十四-3) »