« 「教えて☆AKB48!」(その二十) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その二十二-1) »

「教えて☆AKB48!」(その二十一)

Q21:「AKB48での中で、もし誰か一人だけ名前と顔を覚えるとしたら誰にするべき?」

A21:「AKB選抜メンバーで常にセンターボーカルを務める前田敦子、ですね」

 本来アイドルチームのリーダーやセンターボーカルに必要とされる資質とは一体何でしょうか。モー娘。のリーダーである高橋愛を初めとする歴代リーダー達の備えていた資質は、能力的にはルックスが良くて歌やダンスが上手く皆の手本になれること、性格的には明るく気さくで面倒見が良くて皆を引っ張れること、と言った所ではないでしょうか。しかしAKB選抜チームの不動のセンターボーカルである前田敦子は、これらの資質をことごとく備えていません。ルックスに関しては華が無く、少なくとも筆者は美人だとは思っていません。歌はそこそこですが、ダンスは(少なくともAKBのレギュラー陣の中では)平均以下でしょう。正確は内気で、人見知りで、他人には全く関心が無いためリーダーシップも取れません。おまけに非常にプライドが高く、お天気屋で安定感にも欠けています。こうした点を考えると、前田敦子は日本アイドル史を紐解いても、恐らく最も変則的なセンターボーカルの一人と言えるでしょう。

 ではなぜそんな前田敦子がAKB選抜チームのセンターボーカルなのか、AKBには人材がそれほど足りないのか、と思われるかもしれません。しかしその答えは「それでも前田敦子こそが、AKBメンバー100余名の中で、センターボーカルとして最も優れた資質を持っているから」ということになります。何を言っているのか良く判りませんね?。しかし壮絶な競争下にあるAKBに置いて、前田敦子は常に人気投票でダントツでナンバー1と死守し続けており、他のメンバーは(内心どう思っているにせよ)その結果に従わざるを得ないのが現状です。それではなぜ前田敦子がこんなにも人気があるのか、そして前田敦子だけが持ち、他のメンバーが持っていない優れた資質とは一体何なのでしょうか。

 それは同世代では恐らく敵無しと思われる卓越した演技力と、顔の表情を完璧にコントロールできる能力です。まずは一度AKBの新曲である「涙サプライズ!」のプロモーションビデオを見てみてください(ネットでも普通に見られます)。…恐らく初めてこれを見た方は、何人ものメンバーの中で、黄色いアイマスクをしたショートボブの娘しか印象に残らないと思います。そしてそれこそが前田敦子です。確かに主役扱いなので写っている時間が長いということもありますが、オーラ自体も他のメンバーとは別格だということがお判りになると思います。表情のコントロールも完璧で、サイレント映画でも通用するのではというほどの出来です。まず自分の誕生日に漠然と何か良いことがあるかもにんまりしている前田敦子、突然拉致(笑)されて驚く前田敦子、恐る恐るアイマスクを取る前田敦子、突然のサプライズパーティに大喜びする前田敦子、みんなと楽しげに踊る前田敦子…。完璧に表情を使い分けているのがお判りになると思います。

 女優志望である前田敦子にとって、アイドル歌手というのは、<自分がなる>ものではなくて、あくまでも虚像を<演じる>ものなのではないでしょうか。従って前田敦子がベストコンディションの時に<演じる>アイドル歌手の姿は、ファンがアイドル歌手というものに抱く幻想そのままの姿であり、歌やダンスなどのテクニカルな部分を極めただけでは、他のメンバーには決して到達できない領域といえるでしょう。例えばこの「涙サプライズ!」のプロモーションビデオの主役を、歴代のモー娘。のリーダー達の誰かに演じさせたとして、果たしてこれだけの完成度の物が作れるかというと、非常に疑問です。同様にAKBの、カタログスペック上では前田敦子を遥かに上回っている筈の他のメンバーにこの役をやらせたとしても、やはりこの完成度を超えることはできないでしょう。女優志望のメンバーが山ほど居るAKBの中で、前田敦子が傲然と「AKBには(女優としての)ライバルは居ないと思ってるんで」と言い放つのには、それだけの自信があるからというわけです。

 人見知りの前田敦子にとってここ半年ほど続いた立ち上げ当初からの盟友達の卒業が堪えたのか、女優業が開店休業状態だったのが痛かったか、大声ダイヤモンドでセンターを外されたのが頭にきたのか、「AKBアイドリング」に押し込まれたのが(色々な意味で)ムカついたのか、とにかくこの半年以上の間モチベーションが落ちきって完全にスランプに陥っており、卒業も間近だという噂も飛び交ったのですが、大攻勢間近のこの時期にトップコンディションまで持ってきたのは、流石はAKB最強のセンターボーカルと言うべきでしょう。「涙サプライズ!」で主役に抜擢されたのを、意気に感じてのことでしょうか。この土壇場での強靭さもまた、前田敦子の大きな武器です。100余名のメンバーの怨念を背負って、AKBの選抜メンバーのセンターボーカルを務めるということは並大抵の神経でできることではないでしょうし、それだけの重責に耐えられるのは如何に人材豊富なAKBといえども、今の所数名しかいません。今回のAKBの大攻勢の成否は、ある意味前田敦子の双肩にかかっていると言っても、過言ではないかもしれませんね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆AKB48!」(その二十) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その二十二-1) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

前田敦子チャン…"アイドルの資質100項目"という座標が、もしも、あるなら、彼女は…「3の上」だろう。
でも、1項目だけ、飛び抜けているものがある。 それは、僕は、"覚悟"という項目だと思う。満点の5を、はるか越えて…「8」ぐらい、いってんじゃないのかなぁ? そこは、彼女の最も評価されるところだと思う。
でも、彼女の演技、この前、見たけど…大根である。ただ、これから、大きな舞台を与えられるのも、また、彼女である。
どれだけ、覚醒するのか?いろんな意味で、楽しみである。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.26 17:23

(記2009/12/27)
前田敦子の覚悟が<8>というのを読んで、色々な事を考えさせられました。だって、前田敦子は、やる気が無さそうに見えるメンバーのナンバーワンに常に選ばれてきた人なのですから(実際、やる気は無かったと思います)。こうなると、AKB総選挙は物凄い効果があったということですね。BUBKAも「前田敦子からあのコメントを引きだしただけでも、総選挙をやる価値はあった」と言っていましたが。前田敦子から、女王の風格が漂いだしたのも、確かに総選挙以降ですね。

 ところで筆者は演技に関しては全然詳しくないのですが、18歳以下の有名な現役の女優さんで、演技力が素晴らしい人って誰なんでしょうか。筆者が見ているドラマには、あまりそういう人が出て来ないんですが(泣)。

投稿: 少年王3号 | 2009.12.28 08:17

18歳以下だと、まだ、誰も、頭角をあらわしてはいないと思います。
というか…広い意味で、20歳以下は、子役だと思っているので…。
ただ、20歳〜22歳になった時、前田ちゃんともう1人ぐらい、"主役をはれる12人"の枠の中に、入っておいてほしいと思います。
黒木メイサ,堀北真希,北川景子,新垣結衣,井上真央,多部未華子,上野樹里(?),貫地谷しほり(?)…たぶん、あと4人、必ずいると思いますが、思い出せません。
そして、12人→6人→3人となっていきます。あくまでも、主役級のキャパの話です。
だから、20歳ぐらいの女優さんは、大変だと思います。相武紗季みたいに、まぁまぁ…まぁ…ね…って、なっていくのか? 突き抜けて、突き抜けて…綾瀬はるか,上戸彩,蒼井優みたいに、"20代を代表する3人"になっていくのか?
そういえば、島田紳助さん…こないだ、上手いこと言うとったなぁ。
"オリンピックの表彰台って、何で、3位までか…わかるか? それはな、人間の覚えておけるキャパシティーが、3〜4人、ちゅうこっちゃ。そやからな、俺なんか、「ひょうきん族」の時、初めから、3位ねらいやったんや。えっ?あほか? 1位,2位は,さんま,たけし、やないか!…そうや、いつの時代も、残っていくのは、3位までなんや。ほんま、よう出来てんなあ…"
本当に、その通りだと思う。
前田ちゃん、スタートラインに立てるかな? あっ、そうそう、「マジすか学園」の主役…そんなのは、無しですよ。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.29 17:12

涙サプライズ見たけど、表情の使い分けなんていうのは、小手先の技術だと思う。
私がなぜ秋元Pが、前田をセンターに選んだかという理由で考えられるのは、
AKBがデビュー当初は、みんなまだ若く、子供のグループアイドルだったという
ことで、子供受けする顔立ち、アニメキャラ的な顔立ち、あまり可愛い子よりも
そこそこの顔の子の方が、逆に親しみを持たれて、人気者になれる。
逆に本当に可愛い子+実力者ををセンターにすると、他のメンバーからひがまれてバランスが取れないし
他のメンバーのやる気を失わせる・・・・
それを狙って、秋元Pは、前田にしたとしか考えられない。
確かに、人見知り、コメントも気が利いてない、歌もイマイチ、声量がない・・・
あっちゃんファンの方、こめんなさい。

これが私の持論です。

私にとっても、前田センターは、AKB最大の謎です。

投稿: ドレミのみいちゃん | 2010.12.18 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/45281503

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!」(その二十一):

« 「教えて☆AKB48!」(その二十) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その二十二-1) »