« 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その三) | トップページ | 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その五) »

「教えて☆AKB48!(中級編)」(その四)

Q04:「AKB総選挙が迫っていますが、当落予想は?」

A04:「筆者なりの見解を記しておきます」

 一人一人に対する当落予想はどれだけ書いても切りが無さそうなので(笑)、今回は昨年末にkiotama氏が600名分の投票をまとめてくださった「AKB楽曲大賞2008」をベースに見て行こうと思います。今回の争点は、一般票と常連票の全体に対する割合だと思っているのですが、kiotama氏はこれをきちんと分けて分類してくださっているので、今回は、基本的に双方で20位以内に入ったメンバーは合格圏内と考えます(ただし「涙サプライズ!」の選抜に漏れたメンバーは外しました)。この時点での当選確定は下記10名です。

前田敦子(A)
高橋みなみ(A)
篠田麻里子(A)
板野友美(A)
宮崎美穂(A)
北原里英(A)
大島優子(K)
小野恵令奈(K)
柏木由紀(B)
渡辺麻友(B)

これに「AKB楽曲大賞2008」の一般票と常連票のどちらかにしか受かっていないないメンバー、2009年度上半期に昇格、あるいは活躍したメンバー、SKE48のメンバー、研究生を加えた候補者リストは下記の通りです(残り11枠です)。

<チームA>
峰岸みなみ
小嶋陽菜
藤江れいな
高城亜紀
佐藤由加理
佐藤亜美奈

<チームK>
河西智美
秋元才加
宮澤佐江
倉持明日香
増田有華
梅田彩佳

<チームB>
片山陽加
仁籐萌乃
指原莉乃
平嶋夏海
多田愛佳
仲川遥香
佐伯美香

<SKE48>
松井珠理奈
松井玲奈
高井つき奈

<研究生>
内田眞由美
石田晴香
小森美果
前田亜美
菊地あやか、 他

 次に各チームの選抜チームに占める人数を考えていきます。「涙サプライズ!」の各チームの人数は、A9名・K4名・B4名・S2名・研1名、だったのですが、今回は「AKB楽曲大賞2008」の常連票の各チームに対する割合を考慮して、A9名・K4名・B5名・S2名・研1名とします。

まずチームAに関しては、残り枠数3なのですが、峰岸みなみ、小嶋陽菜、藤江れいなに、高城亜紀が割って入った形です。ただ「AKB楽曲大賞2008」の一般票と常連票の双方で、藤江は20位圏内に入っていない(高城は一般票で20位圏内に入っている)ので藤江の脱落の可能性が高いのかなと。次にチームKですが、こちらも残り枠数2ということなので、河西智美、宮澤佐江に倉持明日香が割って入った形です。「AKB楽曲大賞2008」の結果でもこの3人はほぼ互角も結果が出ており、非常に難しい所ですが、現在のAKBINGOでの出演比率を見ると、宮澤佐江がやや劣勢かなと。あるいは研究生を抑えてプラス1枠とし、宮澤佐江当選という可能性も捨て切れないところですが。チームBに関しては、「セットリストベスト100・2009」の結果を受けて枠数プラス1としましたので、残り枠数3です。指原莉乃は当確として、今Bで最も勢いのある片山陽加も滑り込むのではないでしょうか。残り一枠は、…やっぱり仁籐萌乃なのかな?。“怪我をおして”という話題性を考えると佐伯美香も面白そうですが、流石に気の毒ですかね(笑)

 チームSに関してですが、以前に筆者はSKEのファンの絶対数が少ない事を考慮して当選は松井珠理奈一人だけ、あるいは最悪の場合全滅か、という予想を立てていました。しかし秋葉原公演の素晴らしい出来栄えがAKBファンにも伝わったこと、その模様がDMM.COMで配信されたこと、によって急速に認知度が上がっていると判断して枠数2としました。まあW松井で決まりですかね。そして問題はチーム研究生です。AKBのコアファン層の関心はすでにチーム研究生に移ったとも言われている中で、「涙サプライズ!」でついに1枠を掴み取ったことを考えると、今回も1枠(下手をすると複数枠)取る可能性は十分あるのではないでしょうか。ただ「誰?」という話になると、…どうなんでしょうね?。当選するならば恐らく組織票の結果なのでしょうが、それだけに全く読めません。確率だけの話をすれば、地力に勝る“菊地あやか”あたりなのでしょうか。

 以上の結果から、21名の(筆者なりの)当選者を記しておきます。(藤江れいな、宮澤佐江、菊地あやか以外は)すっごく順当に見えるんですけど、果たしてどの位外れてるんでしょうね???

前田敦子(A)
高橋みなみ(A)
篠田麻里子(A)
板野友美(A)
宮崎美穂(A)
北原里英(A)
峰岸みなみ(A)
小嶋陽菜(A)
高城亜紀(A)
大島優子(K)
小野恵令奈(K)
河西智美(K)
倉持明日香(K)
柏木由紀(B)
渡辺麻友(B)
片山陽加(B)
仁籐萌乃(B)
指原莉乃(B)
松井珠理奈(S)
松井玲奈(S)
菊地あやか(研)

以上

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その三) | トップページ | 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その五) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

AKBのチームには、なにか宝塚(特に詳しいわけではないし見に行ったこともないのですが、、、)のような構造性を感じました。あちらもいろいろな組があるのですよね。練習生からのし上がっていく構造とかもあるし。人気投票とかも。

投稿: harada | 2009.06.25 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/45406116

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その四):

« 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その三) | トップページ | 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その五) »