« 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その四) | トップページ | 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その六) »

「教えて☆AKB48!(中級編)」(その五)

Q05:「AKB総選挙が迫っていますが、当落予想は?」

A05:「今回はアンダーガールズ編です」

 選抜メンバーすら確定しない状況で、アンダーガールズの予想を打っているのは、他所では見たことがありません。逃げを打つ訳ではないのですが、当落線上のメンバーに関してはまだ流動的な面が強いので、本来はアンダーガールズの10名を加えた31名で当確を打つのが、本来のあり方ではないでしょうか。そんなわけで選抜とアンダーガールズの微妙な入れ替わりについてはご容赦いただけると幸いです。

それでは選抜同様に、10名に対する各チームの比率を。チームAとチームKは二枠、勢いのあるチームBは三枠、チームSとチーム研究生は一枠づつとします。(残り一枠は改めて考えます)

 まずチームAですが、前回のリストから藤江れいな、佐藤由加理、佐藤亜美奈が残っていますが、これに中田ちさとを加えたら…これでチームA全員ですね(笑)。藤江れいなは当確として、残り一枠は非常に難しいですが、過去の実績とAKBINGOの出演比率から考えると佐藤由加理が順当ですかね。チームKに関しては、秋元才加、宮澤佐江のツインタワーで決まりでしょう。チームBは多田愛佳に当確を打つとして、残り二つも渡り廊下走り隊の実績も加味して平嶋夏海、仲川遥香、なのかな。いや仲川遥香ならば、今回はサプライズを考慮して一か八か佐伯美香と打ってみましょう(笑)。

 チームSに関しては、残っているメンバーがあまりにも多すぎて迷う所ですが、候補としてはAKBINGOの出演比率から考えると、高井つき奈、矢神久美あたりが候補で、高井つき奈で決まりですか。最後に残った一枠ですが、「選抜に入りたい!」という声の大きい人達を候補に上げてみます。まずはチームKの大堀恵、野呂佳代、そしてチームBの浦野一美。勢いのあるチームBのリーダーである浦野一美、と言いたいところですが、AKBINGOの出演比率(というか完全に推されている)から考えると大堀恵が順当でしょうね。

 以上の結果から、アンダーメンバー当確者を9名挙げておきます。…選抜以上に自信が無いんですけど(笑)、半分くらいは当たっているのかな。

藤江れいな(A)
佐藤由加理(A)
秋元才加(K)
宮澤佐江(K)
大堀恵(K)
多田愛佳(B)
平嶋夏海(B)
佐伯美香(B)
高井つき奈(S)


(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その四) | トップページ | 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その六) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/45426761

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その五):

« 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その四) | トップページ | 「教えて☆AKB48!(中級編)」(その六) »