« 「教えて☆AKB48!」(その十一の3) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その十二) »

「教えて☆AKB48!」(その十一の4)

A11-4:「今回は『チームB』の現在のコンディションです」

 現在AKBでトップコンディションを保つ、自他共に認める発展途上の最強チーム、それが「チームB」です。2月まで行っていた前公演、B3rd公演「パジャマドライブ」はAKB史上最長のロングラン(209回)を記録し、丸一年間同じ公演を行ったことになり、ファンの間では「神公演」と呼ばれていました(ちなみにチーム単独での2番目のロングランは、A1st公演の96回です)。現在の「チームB」の強さの要因は、次々と訪れるアクシデントに対して常に危機感を持って前向きに戦い、それを克服する様をファンに見せつけてきたことによるものだと思います。そして筆者が感じる「チームB」の強さは、メンバー全員の「自分が何とかしなければ駄目になる」という自覚の強さ、つまり積極性(あるいは意識の高さ、とでも表現すれば良いでしょうか)にあるように感じられます。こういったことは、MCを聞いていると、はっきりと伝わってきます。

 昨年8月にはエース・菊地彩香の解雇、9月には主要メンバー・井上奈瑠の突然の卒業(心労が原因ではないでしょうか)と、昨年の下半期にAKBに訪れた不幸のほとんどは、「チームB」に降りかかりました。菊地彩香の解雇の翌日の公演を振り返って、チーム最年長の浦野一美は、「お客さんが全然居なかったらと思うと、足がすくんで舞台に出られなかった」と後に語っています。また菊地の代わりに突然「チームB」に昇格することになった指原莉乃は、(今となっては信じられないことですが)どうして良いのか判らず控え室で泣いていたとも言われています。それほどのプレッシャーを受けながら半年間を凌ぎきった「チームB」は、精神的にも技術的にも一回り以上成長していました。

 圧巻は今年の1月末に行われた、「セットリストベスト100」でした。このコンサートは、ファン投票で100位から1位までの曲を決定し、100位から順番に歌い続けるというコンサートなのですが、同時に各チームの人気の査定コンサートとでも呼ぶべき意味合いを持っており、各チームの人気による序列がはっきりと決定してしまうという強烈な側面を持っています。それは各チームが現在行っている公演の楽曲が16曲中何曲ベスト100に入っているか、順位は何位なのかがはっきりと判ってしまうからです。結果はというと、文字通り「チームB」の圧勝でした。全16曲中15曲を100位圏内にランクインさせると共に、ベスト10圏内には「大声ダイヤモンド」を2位に押さえ、1位・3位・6位・9位にランクインさせました。(ちなみに「チームK」は全16曲中13曲をベスト100圏内にランクインさせたものの、ベスト10圏内には5位の一曲のみ。「チームA」に至っては、ベスト100圏内に(「大声ダイヤモンド」を除く)15曲中4曲をしかランクインさせることが出来ず、最高順位も17位でした)

 「チームB」は元々後発でメンバーの年齢も若く、他チームのメンバーやファンからも上目線で見られることが多く、それもあってか(ダンスはAKBで一番上手いという定評は昔からあったので)わざと最強チームを名乗ることもあったのですが、現時点では、最強なのはダンスの上手さだけではなく、人気も含めてだと言うことが改めて証明されたことになります。現在「チームB」の公演は、他チームメンバーによる偵察が盛んに行われています(恐らく「セットリストベスト100」の結果を踏まえてのことでしょう)。現在の「チームB」の状況は2月末に卒業生を2名出し、不祥事(詳細は不明です)で1名が研究生へ降格、怪我で公演に参加できないメンバーが2名居るという、相変わらずボロボロの状態です。しかし今の「チームB」には、メンバーの一人や二人居ない位ではびくともしない強さがあります。現在でも発展途上で着実に成長を続けている「チームB」の公演は、AKBの理想の体現そのものだと言えるのではないでしょうか。AKBの他チームのメンバーですら観劇にやってくる「チームB」の公演を、ぜひ一度ごらんになって見て下さい。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆AKB48!」(その十一の3) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その十二) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

A、K、Bのファンの数をイコールにして考えるとBの持ち曲が少ないので入賞する可能性が高くなります。
投票できる曲が少ないのだから入賞曲が多いのは当たり前です。

投稿: 今更 | 2010.03.23 02:59

丁度一年前に書いた文章で、知識も拙くお恥ずかしい限りです(*゚ー゚*)

もし宜しければこの半年後に書いた、「教えて☆AKB48!」(その二十九)を読んでみてください。
少しはましになっていると思います。
(ただそれでも時間の経過と共に、内容はかなり陳腐化してしまっているのですが・・・)

投稿: 少年王3号 | 2010.03.24 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/44496117

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆AKB48!」(その十一の4):

« 「教えて☆AKB48!」(その十一の3) | トップページ | 「教えて☆AKB48!」(その十二) »