« 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分4・記11/2)現状報告2 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(特別挿入分5・記11/9)現状報告3 »

私的AKB48論・2ndシーズン(その14)<菊地彩香>(解雇)

 AKB初の解雇対象者。筆者はほとんど注目していなかったのだが、今回の件で持っている限りのきくぢの映像を見直してみたのだが、…すっかりファンになってしまった(泣)。そもそもチームBで正統派美少女と言えばきくぢ位しか見当たらないし、B2ndではゆきりんを差し置いてあいさつの音頭も取っていた。実質チームBのナンバーワン(まゆゆは別格)まで上り詰めていたと言っても良い。声量はあまり無いので単独センターはきついだろうが、ダンスは大柄な体を生かしてダイナミックだったし顔も常に笑顔を作っており根性もあったと思う(あるいはAKBが大好きで、心の底から笑っていたのか?)。代表曲は、本人も一番好きだと言っていた「背中から抱きしめて」で問題ないだろう。ちなみに最初に買ったCDがAKBの「スカートひらり」だったというのも涙を誘う。

 きくぢが猛烈に頭が悪かったのは間違いない。プラス10では授業のテスト風に一般常識問題をみんなで解いたのだが、なっちゃんが80点を取れる問題で、きくぢはカンニングをしてかつ0点を叩き出していた。そこもまた彼女の魅力だったのだと思うが、もう一つ、プラス10を見ていて気になったのは、きくぢからあまり主体性が感じられなかったこと。何をするにしても、自分から積極的に発言している所を見たことが無い(だから今まで筆者の印象に残らなかったのだと思う)。頭が悪い上に流されやすい性格と言うのは、私生活にせよ、他のどんな仕事につくにせよ、到底上手くいくようには思えない。やはりアイドルという職業はきくぢにとって天職だったろうし、AKBはきくぢにとって最高の居場所だったのだと思う。

 きくぢが健在ならば、事務所の関係でも「渡り廊下走り隊」に参加していた可能性が非常に高い(全員尾木所属なので)。チャンスが目前に迫っていたことを思うと、今回の件は本当に無念という他無い。ただ今回の件では悪い男がついていたというのは間違いないだろうが、あの頭の悪さと流されやすい性格では、仮に今回の件をしのいだとしても、必ずどこかで男でつまずいていた気がしてならない。きくぢにとって男性問題によるスキャンダルは、ある意味天命だったのかもしれない。

 「セットリストベスト100」のDVDのメイキング映像の中で、きくぢはメンバー達に「あなたにとってAKBとは何ですか?」という質問をして廻っている。のんてぃが「カルピスの原液(←秋元氏のぱくり)」などとふざけて答えている中、こりすは「家族」、あっちゃんは「居場所」と答えていた(この2人は本当に勘がいいよねえ)。そして最後にあっちゃんから逆に「きくぢにとっては?」と聞き返された時、きくぢは硬い声で「いのち」と2度、繰り返しつぶやいていた…。

 気持ちを強く持って生きていれば、また巻き返すチャンスは訪れるかもしれません。今後のご多幸をお祈りしています。

 今回はここまでで。次回はまた近いうちに。

|

« 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分4・記11/2)現状報告2 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(特別挿入分5・記11/9)現状報告3 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

菊池さんの 7月31日最後の公演
http://blog.goo.ne.jp/tedpapa/e/1d3cf5645fd6dd8634c5d9477f43361e
を2列目で観れた幸運な中年ですがこの頃の菊池さんは何かアイドルでいられるか心配なところもありました。体型や顔つきと言った外見がアイドルから大人の女性に急激に変わる時期だったのかも知れません。多分一番彼女が輝いていた時期にAKB48にいたのだと思います。

投稿: テッド | 2008.11.09 16:37

 いつも書き込みありがとうございます。そして今回は、貴重な情報をありがとうございました。きくぢには、本当に元気でやっていて欲しいですね。

 今度は、ぜひそちらのブログにもお邪魔させていただきます。貴重な情報が満載のようなので、とても楽しみです。

投稿: 少年王3号 | 2008.11.09 18:48

本当の本当は、何があったんだろう?(詳細まで)とは、思うけど…まぁいいか!
それより、"頭がいい"って何だろうね?
「勉強が出来て、場も読める人」
「勉強は出来ないけど、場が読める人」
「勉強が出来て、場が読めない人」
「勉強が出来ないで、場も読めない人」
菊池彩香は、実際、どのタイプだったんだろう? 2番目?4番目?…
でも、"流されやすい"って、それより悪いかも知れない。女性の場合、"男と金"…そのどちらか?または、その両方の場合があるけど…どうだったんだろう? でも、若くして、痛い目をした彼女を応援したい気持ちはある。
ところで、グループ結成の秘話って、いろいろあるなぁ…まさに、ドラマ。
SMAPだって、最初、稲垣吾郎は、メンバーに入るはず無かったわけだし、GLAYだって、ジローに変わってるわけだし、お笑い芸人も、自身、結成2組目で、ブレイクした人がほとんどだ。
どの世界も、結成直前、いろいろある。 でも、それは、神様の思し召し…。
菊池彩香は、「渡り廊下走り隊」に参加出来なくて良かったのです。あの4人が良かったのです。
神様は、物事の少し前に何かを試される。
まて、俺は、何かの布教活動をしているのか?

投稿: ピーナッツ | 2009.12.27 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分4・記11/2)現状報告2 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(特別挿入分5・記11/9)現状報告3 »