« 私的AKB48論・2ndシーズン(その12)「FLASH:U19アイドル限定人気ランキング2008~2009」(2) | トップページ | 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分4・記11/2)現状報告2 »

私的AKB48論・2ndシーズン(その13)「FLASH:U19アイドル限定人気ランキング2008~2009」(3)

 ところで、AKBのライバルチームの動向を、トップのメンバーの順位とランクインしている人数と一緒に記しておく。

アイドリング(37位、計9名)
モーニング娘。(63位、計6名)
ベリーズ工房(0名)
キュート(95位、計1名)
THEポッシボー(146位、計5名)
キャナァーリクラブ(40位、計2名)

上り坂のアイドリングは、最高順位はともかく人数ではAKBとほぼ互角となった。AKBのアイドリングに対する優位点は、もはやあっちゃん一人だけということなのだろう。逆に総メンバー数に対するランクイン人数の比率では、圧倒的にアイドリングの方が上だ。恐らく歌とダンスのAKBに対して、トーク(お笑い?)のアイドリングといった所だろう。しかし秋元氏としては、おニャン子丸パクリのアイドリングがライバルと言うのは、一体どんな気持ちなのだろう。過去の亡霊といった所なのだろうか。ただシステム面でアイドリングは、所詮テレビ依存型(まあCSを使っている所は新しいんだけど)の古い形態であり、最新型のAKBとは勝負にならないので、いずれは人気が反転して自滅する可能性が高いと思うのだが。ところでアイドリングのプロフィールの所属プロダクションの欄を見ると、相当の確率でAKBと重複しているのが涙を誘う。まあ根っこの所はそんなに変わらないと言うことで…(泣)。

 ハロプロ勢はモー娘。の6名は流石だが、いかんせんほとんどが19歳なので、次回のランキングではほとんど全員対象外となる。やはり新しいアイドル志望者は、ハロプロを見限っている可能性が高い。昨年ハロプロが紅白に押し込んだベリーズ工房とキュートは壊滅状態。少なくともFLASHの編集部は、この2チームには将来性は無いと見ているようだ。逆にこの2チームのさらに妹分にあたるTHEポッシボーの方が、将来性はあると考えているらしい(最高順位はともかく、人数はモー娘。に匹敵している)。ハロプロとは関係なくつんくが立ち上げたキャナァーリクラブは、人数はともかく最高順位ではモー娘。を上回っている。恐らく時代は、後者2つに移りつつあるのだろう(この2チームは、AKBばりに、石丸電気のシアターで他のゲストらと一緒に月一で合同コンサートを行っている)。ハロプロの親会社は、紅白に出場枠を3枠持っているという。今回はどこを出してくるのか、これもまた非常に楽しみなところだ。

|

« 私的AKB48論・2ndシーズン(その12)「FLASH:U19アイドル限定人気ランキング2008~2009」(2) | トップページ | 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分4・記11/2)現状報告2 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/42991594

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論・2ndシーズン(その13)「FLASH:U19アイドル限定人気ランキング2008~2009」(3):

« 私的AKB48論・2ndシーズン(その12)「FLASH:U19アイドル限定人気ランキング2008~2009」(2) | トップページ | 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分4・記11/2)現状報告2 »