« 私的AKB48論・3rdシーズン(その2)「ノースリーブス」 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(その4)「大堀めしべ」 »

私的AKB48論・3rdシーズン(その3)「渡り廊下走り隊」

 チームBの、プロダクション尾木所属の4名(なっちゃん、まゆゆ、あいちゃん、はるごん)によるユニット。レーベルはポニーキャニオン(どうでもいいけど、どうしてここまでして全部レーベルを分けるんだろう?)チームBの一番の良さは、背負うものの少ないことによる軽さだと思っているのだが、この「渡り廊下走り隊」もとっても軽そう(笑)。ユニットの成否はほとんどAKB本体に影響を与え無さそうだし、(そうそう大こけすることも無いとは思うが)失敗しても帰る所は幾らでもありそう。方向性としては、基本的にはまゆゆのワンマンだと思うので、いずれはまゆゆだけ一本立ちということも十分にあり得るだろう。きくぢも健在ならば参加していた可能性が高そうなので、その点は少し残念。

 デビューが来年一月ということなのでまだ全容が見えないのだが、ほとんど隠し玉の無いAKBのこと、それほどのサプライズは無さそう。特徴としては、年齢が若い(14~16歳)のが最大の強みかな。AKB内ユニットとしては唯一、低年齢層(小中学生)をターゲットとして狙っていけるユニットなのは、実は別の意味で超重要かもしれない。まずは順当にNHK教育あたりにでも、レギュラー枠が一つでも得られれば御の字というところか。せっかくアニソンデビューなんだから、そっちの方へ進んでいくという手もあるだろう。モー娘。みたいに、少年誌(小学1~6年生とか)に連載を持つとか、マスコットキャラクターとして使ってもらうという手もあるかもしれない。なんせ背負うものがほとんど無さそうなので(笑)、逆に色々な方向性がありそうだね。がんばりなっちゃん!

|

« 私的AKB48論・3rdシーズン(その2)「ノースリーブス」 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(その4)「大堀めしべ」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

もしも、きくぢがいたら?僕も、そう考えたクチ…。でも、この4人は、良くやっていると思う。
基本、気が、合うんでしょうね?(性格バラバラだけど…) それと、学年が、1つずつ違うのも、いいように転がってる。 運も持ったグループ…巡り合わせ。
あと、みんな言わないから、あえて言うけど…渡り廊下チームって、トークが上手い。AKBのバリエーションの中で、1番上手い。4人が、プライベートでも、本当に仲が、良くなければ、出来ない言葉のまわし方をしたりする。
センターフォワードのらぶたん,ウイングのはるごん,サイドバックのまゆゆ,守備的ミッドフィールダーのなっちゃん…。 性格通りのポジションを崩すことなく、4人とも(特に、なっちゃんは)視野が広い。
だから、難敵の山ちゃん(南海キャンディーズ)が来ても、キチンと品よく対応した上に、"チョット、気持ち悪い"って事をお土産として、傷つき過ぎない程度に渡している。山ちゃんに余白を残している。あの辺は、上手いと思う。
正直、今のAKBの中では、ダントツ。
あのグダグダの「いいとも」…彼女たちを出したかった。心の奥底から、そう思った。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.26 20:57

全然、関係ないかも知れないけど、実は、ムチャクチャ、関係あるかも知れない…名前の相性。
"ポニーキャニオン"というレーベル名…実は、"渡り廊下走り隊"と、メッチャクチャ、合っているような気がする。 全く、根拠は、ないけど…大切だったりするんじゃないかなぁ? なんとなく…ね。
ぶっちゃけ、逆に、"ポニーキャニオン"が、ユニット名でも、いいくらい。
ところで、"低年齢層ターゲット説"。 僕は、逆なんじゃないか!?って思う。
つまり、"お茶の間ターゲット説"…決して、視聴者ターゲットじゃないよ。絶対に、"お茶の間"。
お父さん&お母さんに、"娘にしたい!"と思われる事。 ここが、まず、最初の出発点…続いて、おじいちゃん&おばあちゃんに、"孫にしたい!"と思われる事。ここなんじゃないかなぁ?
そして、同時に、"妹にしたい" "恋人にしたい" "お姉ちゃんにしたい" "彼女にしたい"が、くっついてくる感じ。
僕は、まずは、親の世代じゃないかなぁ!?って思ったりするんだよね。
いわゆる、"グッチ裕三戦法"…。子供に支持してもらうために、まず、お母さんを笑顔にする。そのために、サイモン&ガーファンクル,アバ,クイーンなど、あえて、子供の知らない曲を、平気で歌う…ノリノリで。 すべては、子供を抱いているお母さんの笑顔を引き出し、嬉しそうに手拍子させるため。
その時、子供は、どうするか? お母さんを真似て、ものすごい笑顔で、手拍子する。つまり、お母さんを通して、グッチ裕三が、好きになる。ファンになるのだ。
僕は、渡り廊下走り隊は、この戦法、この戦略だと思っています。実は、ミスリードしてしまうと、例え、ランキングが、上位にきていても、"ヲタクっぽいイメージ"のまま終わってしまう危険性を、最も、はらんでいるのが、「渡り廊下走り隊」のような気がしています。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.31 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/43095246

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論・3rdシーズン(その3)「渡り廊下走り隊」:

« 私的AKB48論・3rdシーズン(その2)「ノースリーブス」 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(その4)「大堀めしべ」 »