« 私的AKB48論・3rdシーズン(その8)「AKBに対する注文」 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(その10)シアターDVD「A1st:パーティーが始まるよ」感想 »

私的AKB48論・3rdシーズン(その9)<戸島花>(卒業予定)

 現在チームAに所属する花ちゃんは、チームAの女王として知られているのだが、実情はそれほど単純では無いと思われる。これがチームKならばこりすの独裁体制(笑)で一本化されているし、チームBなら全員がなっちゃんに一目置くだろう。しかしチームAの場合には、まとめ役だったあゆ姉卒業後は、派閥関係が相当混乱したと考えられる。頭になれそうな者だけでも、まずはホリプロ閥のトップしてNHKにレギュラーを持つまいまい、「頼んで“様”を付けさせてるんじゃありません」の真理子様、AKBの姫にして孤高の美学のこじはる、とライバルが乱立し、それ以外に実力ナンバー1のたかみなに、人気ナンバー1のあっちゃん、生意気盛りのみいと続く。この連中を全部抑えようと思ったら、並大抵のことではなかっただろう。つまり花ちゃんにとっては、チームAは相当居心地の悪い場所だったのではないだろうか。だからというわけでもないのだろうが、仲良しのおーいえ、りなてぃん(全員花ちゃん派だったのか?)らと一緒に卒業することになったのだった。

 もう一つ、選抜メンバーになかなか選ばれなかったのも、大問題だ。映画「伝染歌」の舞台挨拶の際にメンバーが一人づつ交代で歌うコーナーがあったのだが、ここでははっきりと歌の上手さが判る。たかみなとまっすうは別格に上手いのだが、3番手は間違いなく花ちゃんだった。本人にも当然その自覚はあったと思うのだが、にも関わらず選抜メンバーにはほとんど選ばれず、ユニット曲のセンターにもなれないことに対して、内心では相当忸怩たる思いがあったはずだ。何が悪かったのかということになるのだが、(美人だとは思うのだが)そのきつめの顔立ちときつめの言動とクールさが親しみ辛かったのではないか、としか言いようが無い。…たかみなさえ居なければ、状況は変わってたんだろうけどねえ。そんなわけで、H2nd(2ndメンバー)では、ライバルが全く居ない舞台の上で、生き生きとセンターボーカルを務める花ちゃんの姿を見ることができる。そこにこそ花ちゃんの理想郷があったのかもしれない(少なくとも、思い残すことが無くなっていると良いのだが)。

 で、本題なのだが、花ちゃんは「48現象」の中で「私、別にアイドル目指してるわけじゃないんで」とはっきりと言っている。つまり花ちゃんにとってAKBでふりふりの服を着て歌ったり踊ったりすることは、アイドルとしての活動では無いというはっきりとした自覚があったことになる。この考えはなかなか判ってもらえないかもしれないが、AKBについてそれなりに分析をした筆者には大変良く判る。ここまでの議論では便宜上AKBとアイドルを意識的に混同してきたが、厳密に言うと、アイドルという職業の中にモー娘。というチームがあるように、AKBという職業の中にAとかKといったチームがある、ということになる。アイドルという職業は本質的にCDとかコンサートの販促活動をする営業職(本番のコンサートとかもたまにはあるが)だが、AKBという職業は常に舞台で公演を行うだけの現場職オンリーだ(見た目、やっていることは全く同じに見えるとは思うが)。それがいきなり「大声ダイヤモンド」のCDのセールスを始めたということは、現場職から営業職に職種転換をするほどの大きな違いがあると思う(だからネ申テレビとかが製作されるということだろう)。このことが判らないとAKBの本質とは何か、ということが理解し辛いと思うのだがどうだろう。

|

« 私的AKB48論・3rdシーズン(その8)「AKBに対する注文」 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(その10)シアターDVD「A1st:パーティーが始まるよ」感想 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/43150560

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論・3rdシーズン(その9)<戸島花>(卒業予定):

» 職種の紹介 [職種の紹介]
職種はたくさんあるので、将来を考えたとき、または転職を考えたとき、どれが最善なのか悩んでしまう人が多いと思います。特にはじめての就職での職種えらびならばなおさらで、自分に適した職種を探すのは大変です。 [続きを読む]

受信: 2008.11.23 19:32

« 私的AKB48論・3rdシーズン(その8)「AKBに対する注文」 | トップページ | 私的AKB48論・3rdシーズン(その10)シアターDVD「A1st:パーティーが始まるよ」感想 »