« 私的AKB48論(その18)<多田愛佳>(チームB) | トップページ | 私的AKB48論(その20)<増山加弥乃>(卒業生) »

私的AKB48論(その19)<柏木由紀>(チームB)

 チームBの不動のセンターボーカル…だったはずが、大分雲行きが怪しくなってきた。モー娘。の最終選考まで残ったと言う実績は申し分なしで、歌唱力もチームBではトップクラス…の筈だったのが、気が付けばまゆゆに追い抜かれ、あいちゃんにも置いていかれそうな感じ。悪い意味でも、立ち位置はチームAのたかみなと酷似している気がする。そのことは本人が一番判っているようで、事ある毎に「もっと表現力を身につけないと」と言っている。

 ただ筆者の勝手な感想を言わせてもらえれば、ゆきりんに足りないのは、むしろキャラ立ちだ。他のメンバーの場合は良し悪しに関わらず特筆すべきエピソードが幾つかあるものだが、ゆきりんに関してはほとんど思いつかない。“0じ59ふん”では見かけた記憶も無いが(その時点で相当駄目駄目だが)、肝心の“プラス10”でも目立ったエピソードは全く無い。まゆゆのようにアイテムや趣味を前面に押し出してみるのが理想だろうが、やりようが無いというのなら、とりあえずめーたんのように顔面から粉に突っ込んでいくとか、自分から泥水に飛び込んでみるとか、受けないギャグを連発してみるとか、何か印象に残ることをやってみるべきでは無いだろうか。

 粉に突っ込んだ時のリアクションの取り方、ギャグが受けなかった時のフォローの仕方、そういった所を一つづつやっていけば、自然と表現力も身に付いてくると思う。というか普通の会話の中でのリアクションを、まずどうにかするところから始めるべきでは無いだろうか。ゆきりんが一皮剥けると、チームBも安泰なんだけどねえ。

|

« 私的AKB48論(その18)<多田愛佳>(チームB) | トップページ | 私的AKB48論(その20)<増山加弥乃>(卒業生) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

基本的には、引っ込み思案な性格。でも、劇場で、お客さんに呼びかける間なんか、非常に上手い。
"今まで、4曲、聞いていただきましたけど、いかがでしたか〜!"・・・・・…ちゃんと観客に余白を残してくれる。そんな聞き方が、上手いと思う。ただ、自分の事を話すのは、下手かな?…努力が必要。
ところで、実社会やスポーツの世界で、よく使われる言葉に、"肩書きが才能を後押しする"っていうのがある。ゆきりんは、まさに、このタイプだと思う。
人より、時間がかかるかもしれないけど、たかみなちゃん,才加ちゃんと自分を自分で比べることなく、頑張ってほしいです。
我が"ゆきりん"道を行ってほしいです。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.27 20:59

なぜ渡辺プロダクションが彼女を選んだのかよくわかった
要はキャラ云々じゃなくていかに目立つ
みんながワイワイやってる中で冷静でいられるのもある意味キャラ
独創性と自己プロデュース力で切り開いたのね

投稿: | 2014.12.01 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/42674010

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論(その19)<柏木由紀>(チームB):

« 私的AKB48論(その18)<多田愛佳>(チームB) | トップページ | 私的AKB48論(その20)<増山加弥乃>(卒業生) »