« 私的AKB48論(その19)<柏木由紀>(チームB) | トップページ | 私的AKB48論・2nd(その1)「チームAとチームKの違いについて」 »

私的AKB48論(その20)<増山加弥乃>(卒業生)

 筆者的にはAKBの次世代の旗手だと思っていたのだが、チームB移籍やら何やらのゴタゴタの間に気が付いたら卒業してしまっていた(泣)。しかし媒体露出度の高さや筆者の思いとは裏腹に、何とかやぴーは選抜メンバーに選ばれたことが一度も無く、実は誰もかやぴーに期待をかけていなかったのでは無いかという、とても暗い想像が筆者の中で浮上してきた。考えてみれば、かやぴーはユニット曲のソロパートすらほとんど貰った事が無かった。踊りはそこそこ上手かったと思うのだが、歌がとてつもなく下手糞だったのだろうか?。いや“チョコミミ”で見る限り、そこまで酷いとも…。

 しかしあの裏表の無さそうな性格で、女優さんなんて難しいお仕事が本当に出来るのだろうか心配していたら、なんか調子良く仕事が入ってきている模様。まずは良かったね~。っていうか、もしかして女優としては、あっちゃんと互角以上の実績なのでは???。あっちゃんが深夜に“栞と紙魚子の怪奇事件簿”でダブル主演をしていたときに、かやぴーは夕方に“チョコミミ”でダブル主演をしていた。あっちゃんが“太陽と海の教室”で月九に進出すれば、かやぴーは“魔王”で金十(そんな言葉あるのか?)に進出だ。おまけにかやぴーはこの後、昼ドラにレギュラー出演が決まったらしい。

 AKB時代は逆立ちしても埋まらなかったあっちゃんとの差が、女優さんになったとたんに互角にまでなってしまうとは如何なる事なのであろうか。踊ることが何よりも好きだと言っていたかやぴーは、踊りとは全く関係ない世界へ行って出世してしまった。…俺って本当に人を見る眼が無いよな~。

 他のメンバーについて書きたいこともあるんだけど、今回はここまでで。

|

« 私的AKB48論(その19)<柏木由紀>(チームB) | トップページ | 私的AKB48論・2nd(その1)「チームAとチームKの違いについて」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

僕は、実は、この子にトップをとってもらいたいと…ずっと思っている。
AKBのトップとか、そんな、チンケなものではなく…芸能界の一線級として、舞台も、映像も、コメディーも、すべて出来る"本物"になってほしい。
そして、いつか、卒業して、売れなくなった"元AKB特番"などには、参加しないスタンスをとってほしい。
工藤静香,渡辺満里奈,後藤真希…。
正直、見苦しいもんね…肩書きのないタレントって。
辻希美(アイドル)→辻希美(ママさんタレント)…OK!
後藤真希(アイドル)→後藤真希(アーティスト)…OK!
渡辺満里奈(アイドル)→渡辺満里奈(タレント)…OK!
工藤静香(アイドル)→工藤静香(タレント)…OK!
矢口真里(アイドル)→矢口真里(タレント)…OK!
中澤裕子(アイドル)→中澤裕子(元モーニング娘。)…×
他にもいる"元モーニング娘。"という肩書きの人…あれはダメだよ。何も生み出さない、生み出せない。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.27 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/42684233

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論(その20)<増山加弥乃>(卒業生):

« 私的AKB48論(その19)<柏木由紀>(チームB) | トップページ | 私的AKB48論・2nd(その1)「チームAとチームKの違いについて」 »