« 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分2・記10/22)新作シングルCD「大声ダイヤモンド」 | トップページ | 私的AKB48論・2ndシーズン(その5)「AKB48の宣伝活動」 »

私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分3・記10/25)現状報告

 「大声ダイヤモンド」の本日のデイリーでのオリコンチャートのランキングは、2位に大差を付けられての第3位。この順位が高いのか低いのか、芸能界に疎い筆者としては良く判らない所なのだが、世間一般に対する知名度の低いAKBにとっては、発売日三日目としてはこんなもんなんじゃないだろうか。AKBとしてはもちろん過去最高位(以前の最高位は6位)なのだが、もうこれ以上隠し玉はないはずなので(それともまだあるのか?)、ここから先は地道なプロモーションでCDの売り上げを伸ばしていくほか無い。期限はNHKホールでのコンサートまでか。

 筆者の率直な感想を言わせてもらえれば、本来公演回数500回にも迫ろうかという経験値が売り物のAKBが、(如何に金の卵とはいえ)公式公演回数0回のド新人にセンターを任せるということに対しては、今でも違和感を覚える。特にAKBの場合MCに放送作家が付かず、メイクにもスタイリストが付かない(だって人数が多すぎるんだもん。でも流石にテレビ位はスタイリストが付くのか?)のが普通なので、あらゆる意味で本人のセンスでの勝負を強いられる。テレビで見ていても、MCを全くやらず、ダンスもベテラン勢に比べて余裕が無いじゅりなに関しては、せめて半年は磨いてから世間へお披露目するべきだった気がしてならない。どうしても入団してから日の浅い新人で勝負したいということであるなら、チームAのみゃおの暫定センターでも、全く問題無かったのではないかと思う。この時期に獲った研究生上がりならば、ルックスだけで勝負しても、モー娘。にも決して引けは取らないと思うのだが。…個人的には、例え駄目でも、一度はあっちゃんセンターで天下を狙って欲しかったのだが…

 テレビ出演に関しては、まず24日放映の、NHK「MUSIC JAPAN」から。正味3分の出演ながら、選抜メンバーを全員(20名!)連れて行くという超豪華な布陣。やっぱり人数が多いと迫力が違うよねえ。NHKは特別扱いだという言うことなのかな。…しかし筆者としては、AKB選抜メンバーによるフルコーラスのダンスなんて金を払って見るものだという意識が完全に根付いているので、非常に複雑な気分。きっとこの番組を見ていた一般の人達は、自分が如何に贅沢な物を見ているか全く判らないんだろうなあ。紅白で歌った「会いたかった」は比較的スローテンポの曲で(まあ初期の曲なんで)、アイドリング辺りでもがんばれば真似できそうな感じがあり、今ひとつAKBの凄みが伝わらない気がしていた。しかし「大声ダイヤモンド」はアップテンポで、特に前奏部での高速ダンスはAKBのダンステクニックが十分に伝わる内容なので(これを100名で歌ったら凄い迫力だろうなあ)、その点でも不満は無い。やっぱり井上ヨシマサの曲が、一番AKBに合っている気がする。

 どうでもいいけど、カメラワークもNHKが一番良い。曲中で別の場所で2人を同時に称えるシーンがあるのだが(このバージョンではあっちゃんとこじはる)、これを両方ともカメラに収めているのはこのバージョンのみ。日テレは、AKBINGOでも音楽戦士でも、向かって右側のメンバーしか写していない(音楽戦士のバージョンではみゃおのみ。恐らく左側はあっちゃんだと思われる)。カメラの台数の問題かなあ。

 逆に25日放映の、日テレ「音楽戦士MUSIC FIGHTER」は正味4分の出演ながら、(さすがにあっちゃんはいたものの)ノースリーブス・ツインタワー全員とその他5名を外した、超簡略バージョン(計10名)。でもあっちゃん、こりす、まゆゆが来てるんだから、文句あんのか?という感じ。テレビなんてこれだけ居れば十分な気がする(←単なるひがみか?)。本来たかみなが歌うデュエットパートには、ゆきりん(声量が足りない~)が入っていたのがちょっと意外。しかし人が増えたり減ったり入れ替わったりするたびに、立ち位置とダンス内容が変わるはずなのに、その辺りにきっちり対応しているのは、流石はAKBだと思う。まあ経験値の問題なんだろうけど。

※:ところで「大声ダイヤモンド」の発売によって、AKBの置かれている状況は劇的に変化してしまいました。そのため筆者が過去に書いた文章と、今後掲載予定だった2nd(その5~14)の内容は完全に陳腐化してしまいました。しかし今更全文書き直す根性がどこからも出てこないので、このまま掲載を続けます。ここから先の文章は過去のAKBに対するノスタルジーだとでも思ってお許しください。

|

« 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分2・記10/22)新作シングルCD「大声ダイヤモンド」 | トップページ | 私的AKB48論・2ndシーズン(その5)「AKB48の宣伝活動」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/42901974

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分3・記10/25)現状報告:

« 私的AKB48論・2ndシーズン(特別挿入分2・記10/22)新作シングルCD「大声ダイヤモンド」 | トップページ | 私的AKB48論・2ndシーズン(その5)「AKB48の宣伝活動」 »