« 私的AKB48論(その2)AKB48の楽曲 | トップページ | 私的AKB48論(その4)AKB48の舞台 »

私的AKB48論(その3)AKB48の衣装 & AKB48の歌と踊りのレッスン

 衣装に関する結論は先に書く。「AKB48の莫大な量の衣装の製作に関する経費は、秋元氏が請求しない限り、全てタダ!」。これAKBに対する大きな盲点と言えるだろう。仕掛けは簡単で、秋元氏が副総長兼教授をしている“京都造詣芸術大学”の学生が無給で(というか授業料を払って)全て作ってくれているから。学生への教材と考えれば、同じタイプの衣装はかなり大量に(欲しくなくても)できてしまうわけで、全て生かそうと思ったらやはり大量のアイドルが必要になる。この点からも、AKBは大人数である必要があるわけだ。プロに安く衣装を作らせるのは難しいかもしれないが、「アイドルの衣装を作らせてあげるからうちの大学に来ない?」という学生へのPRはかなり有効な気がする(というか、腕に自信があれば筆者だってやってみたい)。まさしく一石二鳥どころか、三鳥、四鳥と言えるだろう。

 歌と踊りのレッスンに関しては、憶測だが他のアイドル同様、親からレッスン料を取っている可能性もあり(少なくとも一期生は無償だった)、この点でも経費はかかっていない可能性もある。親にしたところで、娘が実際に毎日のように劇場で公演を行っているのを確認できるわけだから(常打小屋の利点だ)、この点でも全く問題にならないだろう。改めて書くまでも無いかもしれないが、「AKB48の歌と踊りのレッスンにかかる経費は、全てタダである可能性が高い」のではないだろうか。

|

« 私的AKB48論(その2)AKB48の楽曲 | トップページ | 私的AKB48論(その4)AKB48の舞台 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

もと京都芸短ですか!あそこの学生ならもりもり作るでしょう。ちょっとびっくり。

投稿: harada | 2008.09.19 22:29

レッスン費はとってなかったような

投稿: | 2008.11.24 12:43

ご指摘ありがとうございます。近い内に訂正させていただきます。

投稿: 少年王3号 | 2008.11.25 00:55

京都造詣芸術大学のシステムは、素晴らしいと思った。本当に、良く出来ている。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.27 19:07

これって「しのぶさん」のことはどうなんでしょうか?
それとも「しのぶさん」は軌道になってからの参加でしたっけ?

投稿: | 2011.09.02 15:24

衣装代ですが、一応対価は払っているみたいです。
きっと安いんでしょうけどね。

秋元康副学長「京都造形大学は新しいことをやっていこうということで、いろいろなことを進めています。その中で僕自身考えておりますのは、とにかく現場で行動を起こしてみようということで、4年半前のAKB48が始まったときもこの京都造形芸術大学の学生のみなさんに衣装をデザインしないかとか、あるいは小道具を作らないかとか、いろんなことでアイデアをもらい、考えていただき、それをプロとして対価を払い、プロとして参加することから始まりました。ですからAKB48の衣装の多くはここの学生の手によるものになっているものもあります。」
 http://www.scramble-egg.com/artist/akb48/137kyotozokei01.htm

投稿: 本店研ヲタ | 2013.07.18 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/42490038

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論(その3)AKB48の衣装 & AKB48の歌と踊りのレッスン:

« 私的AKB48論(その2)AKB48の楽曲 | トップページ | 私的AKB48論(その4)AKB48の舞台 »