« 私的AKB48論(その11)<前田敦子>(チームA) | トップページ | 私的AKB48論(その13)<小嶋陽奈>(チームA) »

私的AKB48論(その12)<高橋みなみ>(チームA)

 仲間内からもAKBの歌姫と呼ばれ、歌と踊りの表現力は間違いなくAKBでトップ。セカンドステージ「君のために」は、問答無用でたかみな一人のためのステージだったと言える。ホリプロスカウトキャラバンの最終選考に残ったと言うキャリアも文句無し(ただしこの時の審査委員長が秋元氏だったというのがなんとも…)。…ところが気が付けば、あっちゃんに抜かれ、こじはるに抜かれ、下手するとまゆゆやこりすにまで抜かれてしまいそうな勢い。

 たかみなの致命的な弱点は、“すべり姫”とまで揶揄されるトークの弱さ。有体に言ってしまうと、典型的なKYなのだ。ただ昔のアイドルにはこうしたタイプは幾らでもいたと思う。むしろバラエティ番組の形態が、フリートークでハプニングを誘導するタイプに変わってきたのが問題なのではないだろうか。昔の、例えば「8時だよ!全員集合」のように作りこんだコントには、たかみなは全く問題無く適応できると思う。同様にアドリブを必要としないドラマなどでも問題ないはず(まあ方向性は違うけどね)。

 考えてみると、トークバラエティが全盛になった時期と、アイドル歌手が凋落していく時期はかなり一致しているのではないだろうか。人間の持てる才能には限界があるわけで、ルックスが良くて、歌と踊りが上手いというだけでもなかなかいないのに、その上トークまでこなさないといけないとなると人材が不足するのはむしろ当然な気がする(最近はルックスとトークだけの、グラビアアイドルが全盛ですね)。たかみなはおそらく生まれる時代が30年遅かったのだ。…なんて言ってても仕方が無い。難しいのは承知の上でトークを磨くのか、出演する番組を選ぶのか。あっちゃん同様、たかみなにも時間はまだ残されている。このまま終わっちゃもったいなさすぎでしょう~。

|

« 私的AKB48論(その11)<前田敦子>(チームA) | トップページ | 私的AKB48論(その13)<小嶋陽奈>(チームA) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

僕が、チームAの中で、最も応援しているのが…この子、高橋みなみちゃん。理由は、ズバリ、根性があるから。
今年の夏の選抜メンバー大阪握手会(千里セルシー)…あの炎天下の中、4時間…正直、大変だと思うが、最後の1人まで、集中力を切らさなかったのは、4人だけだった。
宮澤佐江,柏木由紀,渡辺麻友…そして、高橋みなみ。
あとの12人は、中盤から崩れていき、握手している次の人を見ている者,ボーッとしている者,一番酷かったのは、2人先の人を見ている者。ああいうのは、今、たとえ、人気があったとしても、あとあと、効いてくるよ。
それに、ひきかえ、前に挙げた4人は、立派だな!と思った。今、握手している人の目を、ちゃんと見て、離れて…"トン!"…ここまで、気持ちがある。 血が、通ってる。 こういうのも、2〜3年,5年,10年…続けると、あとあと、効いてくるから…逆にね。
高橋みなみちゃんのように、気持ちが、本物の子が最後には、支持されるから…まぁ、見てて!
でも、彼女にも、弱点はある。
1つは、どうしようもない事なんだけど、"背の低さ"…。正直、女性も、150を切ってくると、周りよりも、頭2つ低く見える。オシャレに関しても、実際は、相当、不利で…既製品のブーツなんか、太ももまで、きたりする。本当に、苦労してると思う。かと言って、子供服を、着るわけにもいかないし。それに加え、彼女の私服を見ていると、若干、自分の身長にコンプレックスを持っているようなフシがある。 背の低い女性が、必要以上に大きめの(ダボダボの)服を着る時の心理が、これだ。
いつか(できれば、22ぐらいまでに)、コンプレックスを解消して、今で言うと、矢口真里ぐらい、開き直って、それを、自分の武器に、チャームポイントにできるように、努力してほしい。
そして、もう1つの弱点。 "トークで、すべる"という事。でも、僕は、このままでいい!と思っている。
だって、先日の「いいとも」を見る限り、メンバーの8割がた、すべっているもの…高橋みなみちゃんは、すべり過ぎているだけ。中途半端じゃない。それに、彼女は、意外に、"すべっていること"に、気がついている。そこが、1番、大事。
"甘い股関節" "宮崎美穂" "秋葉原" "前田" "猫と?"…まだまだ、あったけど、この中で、自分が、"すべっていること"に気づいている者は、果たして、どれだけいるだろうか? そんなんだったら、"尾木で〜"って、机に倒れ込みながら、言ってる方が、断然、可能性がある。
それに、僕は、彼女のトーク…下手だとは、思ってません。分野が、違うと思っています。
高橋みなみちゃんのトークの分野は、「説明」です。あの日も、タモリさんに、衣装のことなど、わかりやすく、関係者の人に気をつかいながら、上手く、丁寧に、かつ、短いセンテンスで、「説明」していました。そんな、彼女をみて、ある人物が、思い浮かびます。
「渡辺満里奈」…まだ、ずいぶん、先の事ですけど、彼女のように、なってもらいたい。
とんねるずの後、タモリ,たけし,古館…そうそうたる人物たちが、「進行役」として、彼女を指名した。当時のディレクターが、あるテレビ誌に書いてたけど、"タモリさんも、たけしさんも、古館さんも…次の特番の進行役は、誰がいいですか?って聞くと…答えは、いっつも、満里奈ちゃんなんだよね。日テレだと、永井さん(永井美奈子アナ)にしてよ!って感じ"…。
高橋みなみちゃん、少しずつ、「渡辺満里奈」の片鱗を見せ始めていると思う。彼女のお父さんの世代のタレントやテレビマンにも認めてもらえるような人になっていってほしいと思っています。

投稿: ピーナッツ | 2009.12.28 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/42603902

この記事へのトラックバック一覧です: 私的AKB48論(その12)<高橋みなみ>(チームA):

» 南極 [南極]
もっと痩せたいね [続きを読む]

受信: 2008.09.27 12:32

» 南極 [南極]
もっと痩せたいね [続きを読む]

受信: 2008.09.29 11:26

» 南極 [南極]
もっと痩せたいね [続きを読む]

受信: 2008.09.29 16:46

« 私的AKB48論(その11)<前田敦子>(チームA) | トップページ | 私的AKB48論(その13)<小嶋陽奈>(チームA) »