« 私的AKB48論(その8)AKB48のテレビ番組その2「0じ59ふん」 | トップページ | 私的AKB48論(その10)「セットリストベスト100」感想 »

私的AKB48論(その9)AKB48のルックスについて

 筆者の友人の中には、AKBメンバーはルックスが必ずしも他のアイドルと比べて優れていないと言う者がいる。ルックスの良し悪しは、恐らく応募してきた人数と、何人選ぶかによって決まってくるわけだが、AKBの場合はそれが全てだとも言い切れない。何故なら、AKBはルックス以外でも、選考が非常に厳しいと思われるからだ。

 “0じ59ふん”の大堀恵のお涙頂戴ビデオを見ていて判ったのだが(笑)、最後の合否判定はは5名づつでのダンスによって決まるらしい。つまりどんなにルックスが良くても日々の公演について来れそうに無い者は駄目、ということになる(まゆゆが一度AKB落選になったのも、この辺の事情によるのかな?)。逆に歌と踊りはベーリーナイスだからルックスは成長課題、ということでメンバーに入っている者もいそうだし。AKBは全員を美形で揃えるよりも、むしろ様々なバリエーションを増すことを重視しているようにも感じられ、そういった点でも「ルックスが…」という話になってくるのだろう。

 しかし彼女達はダンサーなのだから、静止画の美しさよりも動いていてナンボなのだと思う。かなちんとか、静止画だとそれほど美形と言うわけでも無いんだけど、踊っている時ははっとするほどきれいに見える瞬間がある。まだAKB自体が動きだしてからわずか3年しか経っていないわけで、この先5年、10年と経って行けば自ずと周りの見方も変わってくるのではないだろうか(筆者はAKBのビジネスモデルとしての完成度の高さから、一過性で終わってしまうものとは思っていない。形は色々変わっていくかもしれないけれど)。

|

« 私的AKB48論(その8)AKB48のテレビ番組その2「0じ59ふん」 | トップページ | 私的AKB48論(その10)「セットリストベスト100」感想 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私的AKB48論(その8)AKB48のテレビ番組その2「0じ59ふん」 | トップページ | 私的AKB48論(その10)「セットリストベスト100」感想 »