« スカパー!光工事とか | トップページ | DLNA環境構築計画3 »

ULTRASEVEN X Episode1 DREAM

さてさて、またもウルトラセブンのリメイクが放送されたわけだが・・・

何度目だろうね。ウルトラセブンのリメイク。(3回目?)


さて、当BLOGでは、ウルトラQDF以降、ウルトラマンの新シリーズが始まるととりあえず、毎話感想を書こうと努力していているので、今回もとりあえず書いていこうと思う。
まあ、また途中で息切れるもしれないが、そのときは、「ああ、飽きたんだな」と察してご容赦願いたい。

(以下ネタバレ感想)

第一話については、顔見せ、舞台の紹介という趣旨が強く、あまり語ることはない。

記憶を無くし、ウルトラセブンに変身する主人公「ジン」

東京の様な、異質な街

エイリアンが既に多く進入しており、それを炙り出す「DEUS」、そしてエージェント。

ジンの周りに現れ、ウルトラアイを渡した女性「エレア」とは何者なのか。

そして救世主こと、「ウルトラセブン」とは何なのだろうか。

とりあえず謎が多いが、それは今後明らかになっていくのだろう。


さてドラマとしては、MIBとマトリックスを合わせたような世界観およびドラマに感じる。
またそのアクションやダークな感じは牙狼を思い出した。、主人公達も黒と白のコードを着ているしな。
ウルトラマンで言えば、セブンの世界観に、ネクサスの世界観をよりハードにしたような感じか。
セブンのエイリアンがとにかく侵略してくるという世界観を、現代にドラマ化しようとすると、こんな感じになるのだろうな。


さて今回の敵であるが、正直その侵略目的は何だったのだろう。
エイリアン達は、主要権力を掌握しており、その仕上げとして怪獣による武力制圧をもくろんだモノと考えられる。
今まで遭遇したエイリアン達が人間サイズであり、この世界の軍隊(防衛軍?)には、怪獣を倒すだけの力が無いと考えるなら、この侵攻は(ある程度)正しい。
今回のエイリアン達(ガルキメス?)の誤算は、救世主ことウルトラセブンの存在だったのだろう。おかげで、主要な面子を一カ所(宇宙船)に集めてしまい、セブンによって全滅してしまったようだ。

それにしても、重力を操ったり、強力なビーム兵器を利用できるエージェントが居ることを考えるのなら、実はかなり強力な軍隊が地球側に居ることも考えられる。

あるいは、「DEUS」はMIBみたいに宇宙のテクノロジーを利用しているのかもしれない。
もしかしたら、セブン自身も、人間が生み出したテクノロジーの産物であるのかも。

今回はこんなところで。


|

« スカパー!光工事とか | トップページ | DLNA環境構築計画3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカパー!光工事とか | トップページ | DLNA環境構築計画3 »