« 天元突破グレンラガン | トップページ | お外でTV »

空色デイズ

大政絢の初舞台を堪能したあと、休憩がてら入ったカラオケで初挑戦>玉砕

meg rockの歌詞にしてはなんか異質で歌いにくい印象があって一寸疑問だったのですが。
7月末まで限定生産の中川翔子のシングル「空色デイズ・グレンラガン盤」を購入して作詞者meg rockのライナーを読んで疑問点が氷解しました。
(空色デイズのシングルは3バージョンあって7月末までの限定生産のグレンラガン盤にはmeg rockのライナーノーツが載っている)

1コーラス目と2コーラス目で別々に詩に込められた深い意味を知って一寸鳥肌がたちました。
ネタバレになりますから書かないですが、これは歌いにくくて当然だとも思った。

直前のエントリーで本編のアニメを良く判らないと評していますが、DVDシリーズを買ってみようかと思い直しています。

そのくらいパワーがあるシングルでありました。

|

« 天元突破グレンラガン | トップページ | お外でTV »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

1番しか聞いてないけど、確かになんとなく魅かれる歌なんですよねー。

投稿: harada | 2007.07.25 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天元突破グレンラガン | トップページ | お外でTV »