« 大人の常識力トレーニングDS | トップページ | PLC(高速電力線通信)アダプター »

エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション

まあ、昨日も書いていたんですが、忙しい忙しいとぼやきながらも、11月くらいから「エースコンバットX」を始めていました。
もちろん、PSPなぞ所持していませんでしたので、同時に購入。
世間ではPS3の発売で盛り上げっている中、またDS人気が沸騰している中、PSPなんぞ買い求めましたが、基本的にやりたいゲーム(ソフト)の発売に合わせてハードを購入するポリシーなので、まあタイミングとしては適当と思っています。

しかっし、既にPSPはDSに比べ劣勢なのに、もう少し値段安くならないものですかね、ハードの。

今回のエースコンバットXですが、PSPとPS2のコントローラの勝手が異なるため、慣れるのにとまどいました。
また携帯機から来る様々な障害、たとえば、太陽光や蛍光灯の光によって画面が異常に見にくくなったり、画面表示の荒さから来る、夜間ミッションの画面の見づらさに閉口しました。
おまけに、おそらく過去最高くらいに難易度が上がっています。
つまり、エースコンバット経験者にとっても、未経験者にとっても、かなりハードルの高いゲームに仕上がっています。

しかし、いつでも気楽にゲームを始め、そして中断できるというお手軽さは、まあ携帯ゲームだから当たり前なんですが、素晴らしいモノがあります。
PS2のゲームをプレイするのには、まずある程度の時間を確保し、PS2が繋いでいる場所に行き、PS2を起動しソフトを入れ、テレビを点ける、といったステップが必要になります。つまりゲーム開始までにそれなりに身構える必要があります。
これに対し、PSPはハードさえあれば、簡単に始め簡単に中断できます。
このお手軽さは、細切れにしか時間が取れない現状では、かなり重宝しています。
いつでもどこでも、好きなゲーム(私の場合はエースコンバットですが)をプレイできるという便利さは、先述の欠点を補って余るものではないかと感じました。

さて、今回のエースコンバットは携帯版とはいえ、これでもかと新機軸を投入しております。
特に面白いなと感じたのは、架空機に限り、パーツを集めて機体のチューニングを可能なことです。
まあぶっちゃけ使えるパーツはある程度決まってくるのですが、パーツ次第では実在機よりかなり凶悪な機体に仕上がります。
今回の難易度の高さは、このチューニングした機体した機体のためにあるのではと感じています。
私は、基本的に架空機は好きではないのですが、チューニングで化け物のようになった機体で高難度のミッションにチャレンジするのは、面白く感じました。
今回のエースコンバットXのもう一つの肝である対戦プレイにかんしては、周囲にプレイしてくれる人間が居ないのでまだ試していないのが残念です。

さて、おそらく次のエースコンバットはPS3で出るのでしょうか?
前にも書きましたが、エースコンバットの次回作が出るときが、私がPS3を購入するときなのでしょう。

・・・XBOX360かWiiで出たらどうしよう・・・

|

« 大人の常識力トレーニングDS | トップページ | PLC(高速電力線通信)アダプター »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人の常識力トレーニングDS | トップページ | PLC(高速電力線通信)アダプター »