« My最新アイドル番組感想文:「℃ーute」has Come」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「パワパフガールズZ」(2006年・日本) »

My最新アニメ感想文:「牙」(2006年・日本)

 4月よりテレビ東京にて視聴中。ネタばれは特に無し。シリーズ構成&脚本・井上俊樹。

※井上俊樹(筆者的通り名:スーパーサラブレット、アンチの帝王)
作品タイプ:大河ドラマ型オンリー。ただし大河ドラマを要求されるとアンチ魂で「ギャラクシーエンジェル」とか作ってしまうことも・・・
主人公タイプ:典型的な低モチベーション高スキル型。原作付きの場合は例外もあり。
原作有無:原作無しオリジナルがほとんど。・・・だったのが、最近コミック原作付きを乱発。ほとんどが数話位しか書かない名義貸し手抜き作なんだけど、最近デスノートを全話執筆中。流石アンチの帝王!。
起承転結:一応書けますがあんまり上手くないかも。大抵行き当たりばったりの展開なんで(笑)。辻褄が合えば恩の字。
得意技:題材を問わず、ぐにょぐにょの人間関係を書くのが大好き。ただし純ロボットもの、スポコンもの、純恋愛ものは記憶に無いなあ
代表作:「超光戦士シャンぜリオン」「仮面ライダーアギト」「ギャラクシーエンジェル」など
<<注:例外は、常にあります!!>>

 筆者の頭が悪いせいもあるのでしょうが、井上俊樹が本作で何を描きたいのか判るまで、たっぷり2話を要しました、それも最初は早送りで飛ばしていたコマーシャルを見て!(泣)。だって最初はサイバーパンク風の展開だったんで、それがその後の展開と<<何の関係も無い>>なんて、そう簡単に判んないよ!。その後ファンタジー世界に飛ばされた主人公は、魔法の力で魔神を呼び出して・・・、という展開の本作を「異世界住環型」なんて分類をしていたんでは、恐らく永久に本作の本質に迫ることはできないでしょうね。回りっくどく言ってたって仕方ないんで一言でいっちゃいますが、要はポケモンだよポケモン!!(ここから先は話を判りやすくするため、ポケモン用語で話を進めます)。

 もちろん「アンチの帝王」井上俊樹が原作から手がけた本作である以上、一筋縄で済む筈がありません。モンスターボールからポケモンを出してバトルをするのは本作でも同じですが、井上俊樹が一味違うのは、ポケモンにポケモンマスターを襲わせる所です(笑)。またポケモン同士を戦わせている間に相手の後ろに忍び寄ってナイフで心臓を一突きして、「ポケモン、ゲットだぜ(ニヤリ)」なんてのも、当然ありありです(笑)。こうしたポジティブな姿勢は、ぜひ元祖ポケモンにも見習って欲しいなあ(嘘です)。 

 こんな殺伐とした話を、52話かけて一年間やるというだけで「流石は井上俊樹!」と感嘆してしまうのですが、ポケモン並みにトレーディングカードゲームで一儲けしたいという欲がある以上、一年間やるというのは最低条件なんでしょうね。・・・それにしても、このカードゲーム、本当に売れてんのかね?。近所のイエローサブマリンでは、売っているとこ見たこと無いよ!。・・・やっぱ人選間違えたんじゃないかなあ。もう少し、一般の人と意思の疎通が出来る人に作らせた方が、カードゲームの売れ行きとかも良かったんじゃないかと・・・。

 この前「アニメパラダイス」見てたら、牙の声優さんたちが、「自分達にとっても全く予想もつかない展開なんで、自分のキャラクターがいつ死ぬか判んないんで冷や冷やしてます」みたいなことを不安そうに語っていたのを聞いて、「それはカードゲームを買っている人(いるのか?)も同じなんじゃないかな」と思ったりしました。まあ毎回見てても話がさっぱり判らないんで、今から見始めても全く条件は変わらないとは思います(笑)。そんなに勧める気も無いけど・・・。今日の教訓は、「劇薬は、使い所が難しい」。その通りでしょ?

|

« My最新アイドル番組感想文:「℃ーute」has Come」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「パワパフガールズZ」(2006年・日本) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

少し前にちょっと見てよさそうだったのですが、なかなか味のある作品だったのでしょうか。厳しい(?)人間関係を書くのがうまいってことなのかなあ?

投稿: harada | 2006.11.22 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« My最新アイドル番組感想文:「℃ーute」has Come」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「パワパフガールズZ」(2006年・日本) »