« My最新アニメ感想文:「くじびきアンバランス」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「009-1」(2006年・日本) »

My最新アニメ感想文:「パンプキンシザース」(2006年・日本)

 10月よりUHF局にて視聴中。ネタばれとか一切関係なし。

 流石はゴンゾの底力というべき完成度の作品。筆者的には、けっこう気に入ってる作品かもしれません(戦車が出なくなってからは今一なんだけど)。個人的な感想を言えば、ロボットの出てこない「機甲猟兵メロウリンク」といったところでしょうか。「第901ATT」なんて部隊名も、AとかTとかそれっぽいアルファベットがいっぱい使ってあるしさ。対戦車拳銃とかからも、匂ってこないすか?。本来リアルロボットアニメの最大の弱点は、「ロボットが出てくるアニメは、あんまりリアルっぽく見えない」ということだったんで(笑)、本作はその正当進化の結果と言えなくもないのかもしれません。

 筆者は怪獣が大好きで、「宇宙戦艦も怪獣の内」というのが身上だったのですが、本作を見てると「戦車も怪獣の内」というのも身上に加えるべきなのかもしれません。一品もので、どうしてそこにいる(ある)のか良く判らなくて、強力な武器とかパワーとか持ってて、一般人とか殺しまくって大暴れするんだけど、でもヒーローにはやられちゃうという(←それが存在意義です)・・・。ほらやっぱり怪獣だ(笑)。どうせなら「なに~!、あの×××戦車は200mmマルチライフル砲を3門も装備していて、装甲は500mmのハニカム構造で(注:筆者はわけも判らず書いてます)・・・」とか、その驚異的性能(笑)を、一々口に出して説明してくれると、もっと雰囲気が出て良いんだけどなあ。

 ちなみに本作に出てくる「王国」というのは、貴族がいて英語を使っている国と言うことでイギリス以外ありえないと思うんだけど、それでいいのでしょうか。イギリス製にしてはやけに立派な戦車がいっぱい出てきますが(笑)。さて本日の教訓は、「例え怪獣じゃなくても、怪獣魂を持つものは、怪獣として怪獣辞典に載せるべし!」。・・・これって、俺一人への教訓だよ(泣)・・・。

|

« My最新アニメ感想文:「くじびきアンバランス」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「009-1」(2006年・日本) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ぜひ怪獣魂辞典を作ってください~(笑)。

投稿: harada | 2006.11.27 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« My最新アニメ感想文:「くじびきアンバランス」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「009-1」(2006年・日本) »