« My最新アニメ感想文:「パワパフガールズZ」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「RGBアドベンチャー(メイキング)」(2006年・日本)(改訂版1) »

My最新アニメ感想文:「妖怪人間ベム(リバイバル版)」(2006年・日本)

 4月1日より放映開始なれど、すでに放映終了。でも今さら見たい人なんて居るのかな。

※武上純希(筆者的通り名:日本アニメ脚本界隋一の緊急登板&中継ぎ&敗戦処理投手(貶す意図は全くありません。後述))
作品タイプ:一切タイプを選ばず。その分面白さも要求してはならず。
主人公タイプ:原作による。オリジナルだと熱血系の低スキル高モチベーション系が多いか。
原作有無:原作付きが原則。ただし企画がピンチの時は、どこからともなく現れて・・・。
起承転結:本当に、どんなタイプにでも対応できます。ただし感動は求めてはならず・・・。
得意技:何でも。むしろ少女漫画原作もの辺りが、数少ないウィークポイントか?
代表作:「スーパーロボットレッドバロン(アニメ版)」「ワンピーズ「なると」「ガンスリンガーガールズ」など
<<注:例外は、常にあります!!>>

 筆者の友人達との共通認識として、「武上純希の作る話に、面白いものは無い」というものがあります。しかし友人のA氏は武上純希を、非常に高く評価しています。それは(状況証拠的にということですが)、武上純希が非常に高いプロフェッショナル性を持っているのではないかと推察されるからです。

 筆者が最初に武上純希を意識した作品として、「スーパーロボットレッドバロン(アニメ版)」(以下RBと表記)があります。この作品は全く面白くないので、皆様に勧める意図は全くありません(笑)。ところでRBに関して筆者の印象に強く残っているのは、そのOPです。勇壮ながら全く内容の無い歌詞と共に、RBが本編に全く登場しない敵ロボットを、ひたすら殴る蹴るで破壊し続ける内容で、キャラクターは最後に一枚絵で全員の集合絵(恐らく設定画でしょう)が5秒位写るだけ。ここから筆者が推測するのは、おそらくこのRBの企画に関して、おもちゃ先行で作っていったために、OPを作った時点ではキャラクターも物語も一切出来ていなかったのではないかということです。・・・緊急事態です!!!。

 そんな時こそ武上先生の出番です。武上先生は、他の作家には考えられないほど短時間で設定とキャラクターをでっち上げ、RBを商業ベースで放映可能な状態に仕上げたと考えられます。ここまでくれば面白いかどうかなんて二の次三の次、とにかく放映時間に穴が開かなければ大成功という所ではないでしょうか。これが「緊急登板」です。(ちなみに、RBで2話だけ面白いと感じた話があって、「武上先生にも面白い話が書けるんだ!」と素直に感動していたら、実はその2話だけ別の人が脚本を書いていたのは、ないしょだよ!)

 また「ワンピース」や「なると」などの原作付き超ヒット作の最大の難点は、原作ストックの枯渇です。原作ストーリーがなくなったから、素直に番組終了・・・となるほど商業は甘くありません(笑)。もし何とか半年持ちこたえられたら、原作ストックが溜まってまた面白いアニメを作れる・・・、となれば何としても半年持ちこたえたいと思うのが人情ではないでしょうか。そんな時こそ武上先生の出番です!。武上先生は(全然面白くないにせよ)、とにかく半年分の脚本をでっち上げると、原作が溜まるまでひたすら耐え続けてくれるのです。アニメ製作者にとってこんなあり難い存在は、他にありません。ビバ武上純希!。これが「中継ぎ」です。

 こんな緊急登板や中継ぎに耐えられるアニメ脚本家は、筆者の知る限りほとんどいません。日本アニメ脚本界には、先発ローテーション通りに投げる鳴り物入りの先発完投投手や、防御率ゼロ点台のストッパーは唸るほど居ても、突然のアクシデント時に呼ばれる「緊急登板」、勝ち試合なんで何点か取られても良いからとにかく回を進めて欲しい「中継ぎ」、大量失点差で負けていて負けで良いからとっとと試合を終わらせて欲しい「敗戦処理(これに関しては、長くなるので回を改めます)」などに関しては、武上先生以外にほとんど名前を思いつきません!。皆様ももし自分が野球の監督だと想像してもらえれば、セットアッパーが如何に重要かは想像できると思います。

 さて本作「妖怪人間ベム(リバイバル版)」ですが、筆者は過去の作品のリバイバルは必ず、”大ヒットする可能性が高いと思われる現在製作中の作品”のエクスプロイテーション(便乗企画)であると考えています(偏見の可能性はかなり高いのですが)。このような企画の場合、目指す作品のコマーシャル(にかけて金)や話題性をパクってしまおうと考えているわけですから、とにかく目指す作品より一日でも早く放映を始めたいわけで、当然急いで作らなければなりません。で、本作の場合、武上先生の出番です!(笑)。

 本作の場合、過去の同名作品と比べてもキャラクターの名前と姿以外、ほとんど共通性がありません(もう、如何にもやっつけ仕事という匂いがぷんぷんです)。こんな作品について詳しく知りたくも無いでしょうから簡単に書きますが、ベム達のキャラクター性も薄っぺらになり、舞台は日本の一つの町に限定、敵は名前のあるお馴染みの妖怪(ゴブリンとか火車とか)になり、なんか晩年の「ゲゲゲの鬼太郎」みたいになっちゃいました(泣)。でも、いーんです、枠に穴が開かなかったんだから!。武上先生のおかげで!!(笑)。

 さてここで大問題ですが、果たしてこのリバイバル版は、どの作品をエクスプロイテーションしたかったのでしょうか。筆者は、あえて「パワパフZ」だと断言したい!!(パワパフZ自体も詰まらなかったんで、共倒れになっちゃったけど)。「妖怪人間ベム(オリジナル版)」と「パワーパフガールズ」の共通性に関しては、以前文章にまとめたものがあります。放映時期を考えても、筆者的には鉄板だと思うんだけどなあ。さて今日の教訓は、「他人が嫌がる仕事ほど、実は必要とされてる仕事なのです」という所でしょうか。じゃ~ね~。

|

« My最新アニメ感想文:「パワパフガールズZ」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「RGBアドベンチャー(メイキング)」(2006年・日本)(改訂版1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« My最新アニメ感想文:「パワパフガールズZ」(2006年・日本) | トップページ | My最新アニメ感想文:「RGBアドベンチャー(メイキング)」(2006年・日本)(改訂版1) »