« このブログは誰に読まれているのか調べるサイト | トップページ | 黒川芽以ファンの集い’06秋 »

B級映画寸評その3

ゼブラーマン
脚本:宮藤官九朗

確か哀川翔のVシネ主演100本目記念作品だったような気がする。
打ち切りヒーロー番組のゼブラーマンのコスプレを作るダメ教師が本当に強かった理由が
信じていればいつかは叶うという台詞だけで片付けられてしまっているのが一寸もったいない。
修行して空を飛べるようになった理由もそうだし。
でもまぁ今回借りた中では一番面白かったよ。

「白黒つけたぜ!」

|

« このブログは誰に読まれているのか調べるサイト | トップページ | 黒川芽以ファンの集い’06秋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゼブラーマンは期待してみたらつまらなかったです。

投稿: ペンギン666 | 2006.09.17 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このブログは誰に読まれているのか調べるサイト | トップページ | 黒川芽以ファンの集い’06秋 »