« ガンプラEXPO 2006/08/27 | トップページ | ゼーガペインの元ネタについての考察 »

B級映画寸評

この週末近所のTSUTAYAがレンタル半額セールをやっていたのでいくつか借りてみたので寸評
未だ観てないのもあるのでそれは後程。

とりあえず借りたもの
鉄人28号
NIN-NINハットリ君ザ・ムービー
おいら女蛮
ゼブラーマン
観る順番もこの通りにする予定
というか28号>ハットリ君と観たので一番まとも?そうなクドカンのゼブラーマンを最後にするよ。

鉄人28号
時代考証が適当すぎ。現代なのか昭和30年代?なのか判らんしブラックオックス登場時の逃げまどう市民の間の抜けた台詞が腰砕け。

ハットリ君
SMAPの人が主演のため少年忍者ではなく青年忍者になってしまっているのでどうしてもおっさん臭い
ライバルケムマキもただのおっさん。ケンイチ役の子役は鉄人より下手。でもデビルマンよりまし。
ラスボスの死に方が納得いかねー
ラスボス戦の前はほんの一寸盛り上がったのに、あの決着の付け方は消化不良~
香取くんにとどめを刺させろよ!

後はまだ観ていないのでまたこんど。

|

« ガンプラEXPO 2006/08/27 | トップページ | ゼーガペインの元ネタについての考察 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ハットリ君はTVで放映したときに見ました。でも途中で眠てしまいました。眠くなった原因は映画の内容ではなくてビールのためだと思われますが。

投稿: hiraku | 2006.08.29 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンプラEXPO 2006/08/27 | トップページ | ゼーガペインの元ネタについての考察 »