« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

B級映画寸評その2

おいら女蛮
桃瀬えみるが出ていて、以前参加したイベントでみてねとか言っていたような気がしたので借りてみた。
原作:永井豪

桃瀬えみる演技下手すぎ!
これで女優志願とか片腹痛いわ!!
AV女優でもやってろ!!!

Vシネってなんでこんなのしかないんでしょうか?
主演の女の子はまぁがんばってるが・・・周りがえみる以外も全てボー読み。
おっぱいはいっぱいみられるんですが。あんまり嬉しくないしなー

| | コメント (0)

My特撮感想文:「ロストメモリーズ」(2001年)(韓日合作)

9月1日、CSにて放送。ネタばれあり。

 韓日合作、とはいっても基本的に韓国映画だと思えば間違いありません。日本映画が評判が悪いのに引き換え、アジア映画は勢いがある、という風聞によって視聴決定。まあ筆者的には、SF限定なんだけどね~(笑)。けっこううがった目で見始めたのですが、案に反して、糞の「ローレライ」(日本製)を見た直後だったこともあるのか、見事な脚本に心が洗われる思いがしました。・・・韓国アニメの糞脚本には、いつも(別の意味で)楽しませて貰っているだけにかなり意外な気がしたのですが、要は韓国では良い人材が、映画業界に行っているということなのかな、と思いました。

 内容は、歴史の転換点で別の道に進んだため、日本が第二次大戦に勝ち、韓国を併合したまま大国になった現在のソウルが舞台(いまさら、フィリップKディックの「高い塔の男」が元ネタ、なんて言う方が気恥ずかしいっすね)。ソウルの町には日本語の看板のみが立ち並び、豊臣秀吉の巨大な像が立ち、韓国人は二級国民として扱われるというオープニングは衝撃的(とても日本人には、恐ろしすぎてこんな映像、絶対作れないね!!)。登場人物の9割以上は韓国人なのに、われわれ日本人にとってはこの映画はほとんど(9割以上!)字幕なしで見られるというのも、凄過ぎ。つまり韓国は日本に併合された結果日本語しか話すことを許されなくなり、韓国人同士が話をする時すら日本語で(しかも吹き替え無し!)たどたどしく話すのですが、それが異様にリアリティーを盛り上げます。韓国人にとっては、韓国映画なのに字幕なしでは全く内容が判らないこの映画に対してどのような感想を持ったのかということを考えると、ちょっと怖い気がします。

 展開は、まあ予想がつくと思うのですが、時間移動できる古代遺跡を巡って、愛韓国心に目覚めた主人公の刑事が過去に舞い戻って歴史をあるべき姿に戻そうとするという、これしかないという展開になるわけですが、このタイムパラドックスの扱いも見事。と学会会長の山本宏いわく、「その作家の実力を見るためには、タイムパラドックス物を書かせれば良い」とのことですが、日本の「ゴジラVSキングギドラ」の伝説的な辻褄の合わなさと比べるまでもなく、及第点でしょう。ただ、本来あるべき歴史として(つまり現在の韓国の延長として)、「2008年に南北朝鮮が一つの国となり、大国となってアジアの手本となる」という歴史認識に関してだけは、「・・・」なところですが。

 触発されて色々な事を考えさせられた作品ですが、作中で韓国人による韓国独立テロが頻発するのですが、実際に韓国を併合していれば当然こうなっていたわけで、その意味でも韓国に独立してもらって本当に良かったと思いますね。併合っていうのも難しいよね~。もし日本がアメリカに併合されていたら、アメリカの人口比率は30%以上日本人になるわけで、実質アメリカの最大民族になるわけだから、日本人が大統領になる可能性は相当高いのでは、という気もします。そう考えたら、日本がアメリカの一部になっておくというのも一つの手だったかな、とも思えるし。あと、途中で何度も、見慣れない俳優が出てくるだけの日本映画を見ているかのように錯覚してしまうのですが、そうした目で見るとやっぱりこの血生臭さは異常。人間を(映画的に必要性がある以上に)殺しまくって血吹雪が噴きまくるのを見ると、やはり日本人とは別のメンタリティーを持った人々がこの作品を作っているんだな、と思い知らされます。

 でも韓国人って、こんな映画が作れるなんて、僕が思っている以上にさばけている所があるのかもしんないね~

| | コメント (1)

ゼーガペインの元ネタについての考察

Zegapain

海外SFヲタクの hiraku はゼーガペインを見ていて SF ガジェット満載の SF だな~と思いました。そのガジェットの元ネタで思いつくものをクラス図で整理してみました。

hiraku が元ネタなのではと推測しただけであり。パクリとして弾劾しているわけではありません。同じ SF ガジェットで違う話を読んでみたいときに参考になれば幸いです。

難解なので有名なディアスポラを元ネタにするなんて伊東岳彦先生とサンライズの中の人はすごいなと思ってます。


ヲタク的図式表現としてマインドマップの次にクラス図を選んでみました。IT 業界のヲタクがんばれ。

ゼーガペイン公式サイト

| | コメント (2)

B級映画寸評

この週末近所のTSUTAYAがレンタル半額セールをやっていたのでいくつか借りてみたので寸評
未だ観てないのもあるのでそれは後程。

とりあえず借りたもの
鉄人28号
NIN-NINハットリ君ザ・ムービー
おいら女蛮
ゼブラーマン
観る順番もこの通りにする予定
というか28号>ハットリ君と観たので一番まとも?そうなクドカンのゼブラーマンを最後にするよ。

続きを読む "B級映画寸評"

| | コメント (1)

ガンプラEXPO 2006/08/27

ガンプラEXPOに行ってきました。
場所は池袋サンシャインシティDホール(文化会館2階)です。
16:00くらいに行ったのですが入場制限がかかっており40分待ちでした。
内容はガンプラの歴史と芸能人の作った(デザインした)ガンプラの展示です。
芸人のラーメンズの片桐さんの「ア・バオア・ジン」はすごいです。
かとうなつきさんのパステルカラーウィングガンダムはWガンダムが好きだと公言しているだけあって納得できました。

ガンダムにもプラモデルにも興味が無く、ドラゴンボールの戦いに夢中な人も一緒に行ったのですが、ギャン泣きして帰りたいとのことでした。

| | コメント (2)

トップをねらえ!2「あなたの人生の物語」

すっかり忘れかけていた最終巻が出たのでなんとか購入
(ポイントサービスのあるヨドバシなどは絶賛品切れ中だったので少し探した)

最初ワンダーフェスティバルの写真鑑賞会を行っていたのだけど一通り終わったので
結構五月蠅い居酒屋で観賞開始
モバイルノートって凄いね。

エンディングのあれは前作と繋がりを持たせるために必要だとおもわれ。
昔を懐かしんで一寸しんみり来ちゃったよ。
良く聞かれる泣けるという評価はつまり前作のラストを思い出して泣けるってことなんだろうなぁと思ったりした。

帰宅してもう一度観てみたけど、1話の台詞とはつなげてあったので、まぁ纏まりが宜しくて良かったかと。

完結編を観たことによって合体劇場版の構成も見えてきましたね。
今秋には公開になるってことは時間もないからねー
無印1~6途中まで2の1~6話とやってエンディングでしょう。
2の3話とか無駄話なのでカットされるかもね。
無印でも3が無駄だったよね?たしか。

| | コメント (2)

機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079- 第3巻「雷鳴に魂は還る」

機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079- 第3巻「雷鳴に魂は還る」を視聴しました。

ア・バオア・クーのEフィールドの戦闘、そして敗退した友軍を脱出させるための防衛戦を描いています。
人物描写の時間を削って、格好良い戦闘シーンが大盤振る舞いされています。オリヴァー・マイ技術中尉もモビルアーマー・ビグ・ラングに乗って戦います。戦闘に直接参加せざるを得なくなっても技術試験隊としての職務を全うするために奮闘します。

公式サイト
http://www.msigloo.net/index.html

レビューサイト
戸畑ふり~ま~じゃん麻雀クラブ天神CX
ジオニック三十路工廠
電子浅葱ゆめみしインターナショナルblog
黄金の風景
「蒼き鷹」のガンダム最新報告

| | コメント (0)

My特撮感想文:「妖怪大戦争」(2005年・邦画)

8月11日、地上波日テレにて放送。(ネタばれありあり)

 私事ながら、最近テレビを10インチのアナログから、37インチフルスペックハイビジョンに買い替えたのですが、おかげさまでアクション映画というのはこんなにも面白いものだったのかと開眼し、地所波BSCSを駆使して、ほとんど毎日映画三昧で暮らしております(笑)。体にも心にも良くないよなあ。

 それはさておき、本作はお子様向けというとことで、たいていの大人は敬遠してしまったものと思うのですが、その評価自体には特に問題は無いのですが、実はそれだけの代物ではありません。大人的な見方をすれば、なんと水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきらが全面バックアップの上、吉本興業のお笑い芸人大挙出演という、なかなか贅沢な作りなのです。

 物語は10歳のごく普通の少年が、お祭りの余興で「麒麟送士」という英雄に選ばれ、聖剣を手に入れ、、妖怪たちを仲間に迎えながら巨悪を倒すというRPG仕立ての話で、子供にとってはそれだけの話なのですが。なんと敵のラスボスは、魔人加藤なのです!。そう、「帝都物語」で関東大震災で東京を滅ぼそうとし、「帝都大戦」で第二次大戦で東京を滅ぼそうとした魔人加藤が、三度東京に襲い掛かるという、帝都シリーズの正当続編なのですよ、本作は!。・・・まあその方法が、妖怪をメカ妖怪に改造し、ロボット怪獣で東京を蹂躙するという、今までとは一味違うものではありますが(笑)(その辺りは子供向けなので、勘弁してあげてください)。

 キャラクターを自作から供出してるのは荒俣だけではなく、出てくる妖怪達も「ゲゲゲの鬼太郎」の世界からの登場で(まあ鬼太郎本人はでてきませんが)、魔人加藤と戦うということで逃げ腰になる鬼太郎の取り巻き妖怪たちに対して、河童が「お前ら鬼太郎の前ではええかっこしとるそうやないか。逃がさへんで~」と言って必死でしがみつくシーンは、本作の大きな見せ場と言っても良いでしょう(本当か?)。・・・結局付いてくるのは一反木綿だけというところに、鬼太郎軍団の根性無しぶりが見られて、とても微笑ましいです。

 個人的にちょっと不満なのは、京極夏彦がキャラを供出していないこと。どうせなら京極堂が主人公の少年のおじさんで(シリーズが進むにつれて甥っ子が次々と増えるなんて、良くあることです。インディージョーンズとか)、京極堂が少年に「妖怪なんてものは人間の心の中にいるもので~」とか説教をした後で妖怪軍団が出て来るとかすると、より効果的だったかもしれません(もちろん配役は、「姑獲女の夏」のキャストで)。

 ところで最強の魔人加藤に止めを刺すのは、ナイナイ岡村扮するあずきあらいだったりするわけですが(しかもギャグで)、それって荒俣ファン的にはOKなんでしょうか?。そこだけがちょっと気になったりするわけですが・・・。

| | コメント (1)

Myアニメ感想文:「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」(2005年)(邦画)

8月8日、CSにて放映。(珍しく)ネタばれ無し。

 Zガンダムのテレビ版放映がされていたころ、リアルロボットという言葉がもてはやされました。この「リアル」という言葉の意味について、現在に至るも筆者が納得できる返答を得たことは無いのですが、皆様はどのように思われますでしょうか。筆者が考えるのは、冨野監督が常に問い続けていた、「正義と悪の相対化」こそが「リアル」という言葉の意味する所ではないかということです。

 つまり「マジンガーZ」を祖とするロボットアニメは、正義と悪が非常にはっきりとしていました。しかし現実というのはそんな単純なものではない。お互いに自分が正義だと信じている者同士の間ですら、争いは起こるし、ドラマは展開していく。例えば、恋愛の三角関係に、明確な正義と悪が存在するでしょうか。スポ根ドラマの勝負のシーンに、明確な正義と悪が存在するでしょうか。国同士の軋轢に、明確な正義と悪が存在するでしょうか。つまり冨野監督は、ロボットアニメを正義と悪がはっきりと分かれた「子供向け」のドラマから、お互いの正義をぶつけ合う「大人のため」のドラマにしたかったのではないか。それが「リアルロボット」と言われるムーブメントなのではないか、と筆者は考えたわけです。

 実際冨野監督が作った「海のトリトン」はその方向性で評価されたし、リアルロボットの祖と言われる「無敵超人ザンボット3」も同様の評価を得ました。白眉はやはり「機動戦士ガンダム」であり、ゲーム「ギレンの野望」などを見ても、どちらの立場からでも正義が語れるということは、十分証明されているのではないかと思います。その後「伝説巨神イデオン」「戦闘メカザブングル」に関しても、同様の評価を行っても良いと考えます。

 ・・・そろそろ何を言いたいか判っちゃったかな?(笑)。筆者はこの定義を当てはめた場合、Zガンダムが果たしてリアルロボットであるのか、非常に疑問だと考えています。ありていに言って、ティターンズにはどこかにほんの少しでも、正義があるのでしょうか。筆者はノーだと考えます。演出的に見ても、悪の組織そのものに描かれているし、その行動にも、どうにも言い訳できないことが、あまりにも多すぎます。軍隊でありながら人質作戦を使う、ほとんど意味もなく一般人しかいないホンコンシティを爆撃する、Gガスの使用も意図があまりにも不明すぎます。つまりZガンダムはファーストガンダムなどのリアルロボットと同列に語るべき作品ではなく、マジンガーZなどと同様の、子供向けのスーパーロボットアニメとして語るべきものだと考えているということです。

 試しに「ギレンの野望」ならぬ「ジャミトフの野望」というゲームを想像してみてください。一体どういう戦略をとって、どういった結論に辿りつけば勝利と言えるのか、明確にイメージできますでしょうか。まあ全てのコロニーを制圧して、地球の大統領にでもなれば勝利と言えるかも知れません。では逆に大統領になるために、「ホンコンシティ」への爆撃はメリットなのでしょうか。大統領になるために「30バンチ事件」メリットなのでしょうか。もし「ジャミトフの野望」というゲームが実在すると仮定して、筆者がこのゲームをやった場合、、(どうすれば勝利なのかすら判然としませんが)もし大統領になるのが目的なのだとしたら、筆者ならアニメ内で行われた作戦の大半は、まず行わないのではないかと思います。Zガンダムのストーリーと言うのは、リアルロボットと考えた場合、その位支離滅裂なものだと言えると思います。

 そう考えると、なぜゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズからファーストガンダムが早々に姿を消したのに対して、ZガンダムがいつまでもマジンガーZと共に登場し、強力な敵と互角に戦えるのかということもはっきりと判ると思います。Zガンダムにおけるモビルスーツは、ファーストガンダムのように現用兵器的な系統立てた形で生み出されたものではありません。マジンガーZと同様に、天才博士によって「こんなことあろうかと思って、用意しておいたんじゃ」というテイストで生みだされたものばかりです。Zガンダムはニュータイプであるカミーユ本人によって、メッサーラはシロッコという天才科学者によって、サイコガンダムはニュータイプ研究所という秘密研究所によって。だから理屈は通らないけど、Zガンダムはとにかく強い。マジンガーZとテイストは全く同じです。

 ZガンダムはマジンガーZと同列の作品なのだ、ということは判ってもらえたと思います。さてそういった目でZガンダムを見ると、本作の欠点が大きく浮かび上がってきます。とにかく、話が判り難すぎる。本来子供向けのフォーマットで作られているZガンダムは、リアルロボット並の複雑なストーリーを組み込んだ結果、非常にバランスの悪い作品に仕上がってしまったと考えます。つまり「訴求対象が何歳の誰なのか」が全く判らない作品に仕上がってしまったということです。本来ならば、悪のティターンズを倒す、正義のZガンダム、という単純な構図にするべきでした(後の「Gガンダム」や「ガンダムSEED」と同様に、と言うことです)。それができなかったために、Zガンダムは、作品をパーツ毎に分解して鑑賞できるファンしか得ることができなかったのではないでしょうか(例えば「MSの戦闘シーンがかっこいい」「フォウがかわいい」という、ストーリーとは関係ない所で作品を楽しむことができるファン層です)。

 もう一つは、エウーゴを絶対的な正義の組織として描くことができなかったこと。そのためマジンガーZでは明確に得られる勝利のカタルシスが半減(もしくはそれ以下)してしまったこと。ファーストガンダムやイデオンのように正義と悪が相対化された作品ですら、少なくとも主人公たちは自らの陣営の正義(少なくとも生きる権利)を信じて行動していたのが、Zガンダムでは、エウーゴは環境テロリストとされる集団であり、使っている兵器すら「政治的裏工作」の結果手に入れたものばかりという状況で、一人一人が私怨以上の何を持って戦いに望んでいたかは、非常に疑問であるとしか言いようがありません。カミーユ、ファ、ブライトと、一人づつ並べて、彼らが何のために戦っていたかを徹底的に詰めて行った場合、その動機のあまりの曖昧さに驚くのではないでしょうか(彼らはあくまでもテロリストの集団であって、軍人ではないのです)。冨野監督の豪腕が無ければ、端から物語として成立しえる作品では無かったとすら言えるかもしれません。

 おおお、どこまで書いても終わらない(笑)。本作の感想(とガンダム世界におけるマスコミ論)はまた次回、「恋人たち」にて。でもいつになったらCS無料枠に落ちてくるかな~(自爆)

| | コメント (0)

怪談新耳袋劇場版幽霊マンション

芽以ちゃんが出ているので買った知人よりお借りして見てみました。

続きを読む "怪談新耳袋劇場版幽霊マンション"

| | コメント (0)

ハチミツとクローバー

見てきました@池袋シネマサンシャイン

続きを読む "ハチミツとクローバー"

| | コメント (0)

My特撮感想文:「ローレライ」

<邦画:2005年製作:CS>

 久しぶりに怒りで脳みそがバーストしてしまったので、他にやることあるのにこれを書いてます(泣)。

続きを読む "My特撮感想文:「ローレライ」"

| | コメント (0)

do!do!do!しようぜ

Xbox360


たまたま安くなったという記事を見つけたのと今日は雨降りで電車通勤にしたので行きやすかったので買ってみた。

続きを読む "do!do!do!しようぜ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デビルマン

Devilman

職場の同僚を騙して(というかレンタルを勧めたのに返すのが面倒だから買うって云うかラサ)買わせちゃったデビルマンDVD

続きを読む "デビルマン"

| | コメント (0)

MUSASHI~GUN道~

Musashi
買っちゃった。

続きを読む "MUSASHI~GUN道~"

| | コメント (2)

ブ、ブライトさーん!!

ああああああああ

また一人旅立たれてしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

巨人の星リメイク

こんなの
なに?この花形満??

| | コメント (1)

時をかける少女

Tokikake

続きを読む "時をかける少女"

| | コメント (0)

うなぎ(伊豆栄本店)

暑すぎるので、こんな時はウナギだ!

後輩に店選びを押しつけたからかなんか機嫌が悪いのは気のせいではないのかもしれないともいえないようなきがしなくもない>なにそれ?
でもなんかいっつも機嫌が悪そうなんだよな。
何でだろう?気分悪(ry

Unagi

注文してからややしばらく(30分以上?)してから出てくるので待つ時間も調味料なんだねー
2段重ねの殿重大盛り+肝吸い+ビール2杯で5000円くらい。
空いているフロアへ案内される様子で7階にて食しました。上野公園が望めてなかなか絶景でした。
お店はここ


職場では関西風の方が旨いと強く主張する人がいたので次回は関西風に挑戦したく思います。
ぱりぱりの皮ってどんな感じなんだろう??

| | コメント (0)

マインドマップ

hiraku氏に啓蒙されたので書いてみました。

自分を見つめ直せて結構面白い。
刑事役の女優が好きだったなんて意外な共通項が浮かび上がってきたりして自分の事なのに目からウロコ

ブレインストーミングという本来の使い方からしてある程度まで書いたら知人に見てもらうということを行うと
新たな側面が発見されるようになるので、知り合いの方はお暇でしたら是非コメントをおねがいします。
(一寸見難いですがね・・・)

Mindmap

| | コメント (0)

歴史占い

困ったときの占いもの

歴史の人物に当てはめるようです。
こちら

続きを読む "歴史占い"

| | コメント (0)

涼宮ハルヒ実写ドラマ化?

本当なの?
http://suzumiyaharuhi.seesaa.net/article/21336615.html

芽以ちゃんが出るのか~
本当ならこれは要チェックだ!!

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »