« SWEET VOICE VOL3 GEIJUTSUはBAKUHATSUダッ | トップページ | コボちゃん »

フリクリのナマコメ

@新宿ロフトプラスワン
行って見ました。

アニメスタイル主催のイベントなので、メインは作画寄り
壇上はアニメ様、今西氏、榎戸氏、鶴巻氏、平松氏にアシスタントでとろ美。

久々に札止めだそうで会場内はぎゅうぎゅう。
なんかおしゃれーな感じの男女がちらほら・・・
アニメファンも変わったなぁと隔世の感を覚える。

内容は1,2話、5、6話をみながら壇上のスタッフがここは誰の作画ですねーとか喋ったり
このシーンにはこんな意味が込められているんですよーとか云うのを聞きながら酒を飲むというもの。

全部終わった後興が乗ってきたのか監督が飛ばしまくり。
所謂モテ論とか(アニメを詳しく見るようになるきっかけとしてモテタイってのがあったりしないか?)
このシーンの作画が誰?なんて聞いてくるようではダメ、自分で判るようにならないと!まぁ俺は全部判るけどねとか。
(最近は原画マンの持ち味を残す方向でフィニッシュすることが多いけれど、少し前だと作画監督に修正されてしまうので顔では絶対わからないので手とか服のしわとかで判るようにならないとね)

好例の質問コーナーでは作家志望の若者が榎戸氏に質問をして、それに対する返答が将に金言。
聞けてよかった。
曰く、作劇上難しい部分があっても立ち止まってしまってはダメ。兎に角一度最後まで書いてみて全体を見直すと解法が見えてくることがある。
また、一番最初に書き上げた脚本は未完成なので史上最低の脚本であり、これを直して史上最高の脚本に仕上げることが脚本家の仕事である。

脱線した話も面白かったのですが、気が付けば23時過ぎ。
少年王3号氏を一寸誘ったのですが、来なくて良かったと思います。

|

« SWEET VOICE VOL3 GEIJUTSUはBAKUHATSUダッ | トップページ | コボちゃん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>一番最初に書き上げた脚本は未完成
>なので史上最低の脚本

シナリオに限らず、仕事の書きものもそうですねー。いや、精進しないとです。

投稿: harada | 2005.09.22 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/6031196

この記事へのトラックバック一覧です: フリクリのナマコメ:

« SWEET VOICE VOL3 GEIJUTSUはBAKUHATSUダッ | トップページ | コボちゃん »