« 戦闘妖精雪風 OPERATION5 | トップページ | CLANNAD その2 »

チャーリーとチョコレート工場

「チョコレート工場の秘密」は、子供の頃に好きな児童文学でした。

奇人で天才であるワンカ氏のチョコレート工場に5人の子供たちが招待される。
そこで見たものは、奇想天外な世界だった。

不思議一杯のチョコレート工場、そしてそこで繰り広げられる見学と言う名の冒険や、パンチの効いたブラックユーモアに幼い私は魅せられました。

しかし、これの映像化は難しいだろうな、とも思っていました。(1971年に「夢のチョコレート工場(Willy Wonka & the Chocolate Factory)」として一度映像化されています。未見ですが)
何故なら出てくる人間が殆ど偏執狂であり、おまけにウンバ・ルンバなんていうピグミー族まで出てくるはで、なんかいろんな意味で問題がある話じゃないかと思っていたからです。

しかし「チョコレート工場の秘密」は映像化されました。しかもあのティム・バートン監督によって。
なんかいろんな意味で期待される映画でした。

(以下ネタばれ感想)

てか、ティム・バートン最高ーっ!!

やっぱり、奇人、変人を描かせたら、ティムの右に出る奴は居ないYO!

いやー、面白かったです。

ここ数年観た映画の中で、一番面白かったかも。

懸念したストーリーの改変も殆ど無く、キャラクターもほぼ原作のまま。ウンバ・ルンバもそのまま出ています。
あの奇妙奇天烈、かつちょっとホラーが入った物語も、そのまま映像化されています。
しかも、原作でしばしば行われるウンバ・ルンバの即興の歌も、ミージカルばりに映像化されています。
これがまた、音楽と演出が非常によく出来ており、この映画の一番の見所になっています。

正直、私は原作小説でのこのウンバ・ルンバの歌のくだりがうざったく、半分読み飛ばしていました。
しかし、小説から特に歌詞が変わったわけではないのですが、今回の映画では、このウンバ・ルンバのミュージカルがストーリー展開上のアクセントとなり、一番印象に残っています。
やはり、歌には音楽がつくと違います。
物語の進行上、この歌は子供が脱落する度に、つまり計4回あるのですが、1回目に魅了された私は次が楽しみでなりませんでした。

小説と変わった点として、一番変更された点はジョニー・デップ演じる「ウィリー・ウォンカ」でしょう。
小説の「ウォンカ」は初老のちょっと変わった紳士、といった感じです。
映画の「ウォンカ」は中年であり、天才ゆえに幼児性を多く残し、社会というか家族に馴染めなく、ややファザコンの入った寂しいオヤジとして描かれています。(なんか耳が非常に痛いんですが・・・)
この手の奇人は「ティム・バートン」の十八番であり、恐らく監督も相当に気に入っていると思われます。
邪推になりますが、今回の「ウォンカ」は、ティム・バートン御本人の性格やトラウマをかなり投影しているんじゃないでしょうか。
その証拠に本映画の主人公は、本来の「チャーリー」から、途中から登場する「ウォンカ」に微妙に移っていきます。
そして意外や意外、原作では「チャーリー」とその一家を救う話であったものが、映画では「ウォンカ」の魂を救済する話になってしまいます。

ううむ。

これは子供向きの映画に見せかけた、大人向け、しかも世の偏執狂(ヲタク)へ向けた映画じゃないでしょうかね?

さて小説は続編として「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」が在るんですが、まあこちら映像化することは無いでしょう。
(正直「ガラスのエレベーター・・・」は子供心にもつまらなかった為か、どんな話だったか殆ど覚えていないんですよね・・・)
まあ、ティム・バートンもそれが解っているためか、本作で話を完結させましたしね。


いやはや、兎に角、完成度が高い映画です。
久々にいい映画を観たという気分にさせられました。

|

« 戦闘妖精雪風 OPERATION5 | トップページ | CLANNAD その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なんか楽しそうな映画ですな。シザーハンズ以降ほとんど見てないんだけど、チェックリストにいれておこうかな(原作を読むほうが先かな?)。

投稿: harada | 2005.09.14 03:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦闘妖精雪風 OPERATION5 | トップページ | CLANNAD その2 »