« ゲキトウ | トップページ | ウルトラマンマックス 「怪獣を飼う女」 »

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観てきました。
初日でしかも有楽町だったのですが、レイトショーだったためか、あっさりと入場することが出来ました。
(本国で観れなかったためか)外国の方も会場内に散見でき、S.Wの人気の高さを改めて確認。
外人が居たためか、或いは初日だったためか、上映開始とそしてエンドロールの時に拍手が起きて、改めて映画館に来たんだなーというライブ感を味わえました。

(以下、若干ネタバレ感想)

冒頭のシーンから戦闘が続き、本作はアクションシーンが満載。
流石にS.Wシリーズの最後を飾る作品だけあって、そのアクションは流石に他の追従を許さない出来となっています。
またそのアクションもエピソード(以下EPと略)5やEP6などのアクションシーンやシュチエーションをなぞったものが多く、S.Wファンならニヤリとする箇所が多いでしょう。

・・・とはいえ、ストーリーはあまり期待しない方が良いように思えます。

というのも、(観客としては結末を知っているだけに)なんかけっこう強引にEP4に繋げていないか?、と思ってしまう箇所が幾つか見られました。
特にアナキンがダース・ベイダーとしてシスの弟子となっていくところは、はて?、と首を傾げてしまいます。正直、無理矢理にダースベイダーが誕生しました、という感じが拭えません。

他に気になった点として、けっこう秘密をバラしてしまうんですよね。
今となっては公然の秘密ですが、ルークとレイアが兄妹であり父親がアナキンというのは、EP5~EP6にかけて明かされていく謎でした。しかし本作ではあっさりと描かれてしまっているので、EP1~EP6の順番に観ると云うのは、結局、あまりお勧めできない鑑賞法になってしまいます。
公開順に観るのがルーカスフィルムの意向というのも、やむなきことかなと思いました。

あとマニアを意識しているのか、EP4への細かい伏線を張っているところには思わず苦笑してしまいした。(私は2カ所ほどそれを認識できました。探せば、或いはもっとあるかもしれません)
強引なストーリー展開や、細かい伏線も、逆に言えば、EP4移行への整合性を取っているよう見えてしまい、思わず、

  ルーカス必死だなwww

とツッコミを入れたくなることしばしば。
(まあ日本でもガンダムで似たような現象が起きているので、作り手としては苦労して居るんだろうな、と考えるとちょっと涙を禁じ得ません)

ただ、EP3というのは本来もの凄く暗い話なんですが、それをある種清々しいラストに仕上げたのは、流石だと思いました。
まあこれもEP4以降の話を観客が知っているからということもありますが。

総括すると、莫大なカネと労力と時間をかけて作った、S.Wファンの為の超大作、ですかねぇ?
いや、文句も色々言いましたが、面白かったですよ。

これでS.Wも観収めと思うと感慨もひとしお。

・・・え? TVシリーズ100話? なにそれ^^;

|

« ゲキトウ | トップページ | ウルトラマンマックス 「怪獣を飼う女」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲキトウ | トップページ | ウルトラマンマックス 「怪獣を飼う女」 »