« GV-BCTV7/USB2 | トップページ | さよなら市川由衣ちゃん(トレーディングカード編) »

さよなら市川由衣ちゃん(握手会編)

 忘れもしない今を去る2月11日、それは市川由衣ちゃんの握手会の日だった。私は3日前に一箱6400円のトレーディングカードを3ボックスを買い求めて整理券をもらい、この日行列の後方へと並んだのであった。

 待ち時間のさなか、私の心中には限りない挫折感が立ちこめていた。“なぜ20ボックス(=1カートン)買ってあげられなかったのか…”。私はたった128000円ぽっちのお金を即金で払ってあげられなかったことに対して、自分を責める気持ちでいっぱいだった。しかし…あの日私の中では“128000円あったら、あんなことも、こんなこともできる”などという邪な考えがよぎり、手持ちの金で済ましてしまうという、大きな愚挙を犯してしまったのだ。“…もう俺には、市川由衣ちゃんのファンを名乗る資格はない…”。私はその日、市川由衣ちゃんに別れを告げるべく、握手会へと赴いたのであった。

 それはそれとして、列は30分たってもさっぱり前に進まなかった。明らかに段取りが悪い。あるいは中で何らかのアクシデントが起こっているのか。私は数日前に友人のせんだい氏(彼は一時期C級アイドルの撮影会に通っていた)のアドバイスを思い出していた。「握手会なんて一瞬だから、言うこととか先に考えておかないと駄目。あと握手した手を離さないでしゃべり続けるがコツ」。なるほど、確かにその通りだ。…しかしにわかファンの私にとっては話し続ける話題など有りはしない。せめて待ち時間の間に、他の人と話している市川由衣ちゃんの姿を両の眼に焼き付けておこう、そう考えていた。“そして心の中で、別れを告げるのだ…”、私の心の中は、すでに暗いカタルシスでいっぱいだった(自分に酔ってるとも言うね)。

 1時間近くたって、やっと建物の外に辿り着く事が出来た。後、一息だ。スピードくじを引かされたりしてが、元より当るなどとは思っていないので、どうでもいい。自慢ではないが、私はこの手のくじには当った試しが無いのだ。案の定外れたが、もちろん何とも思わない。“もう少しだ…”私は握手会場までの階段を上り始めた…あれ?。前に誰もいない。どうやらこの腐れスピードくじのせいで、列が渋滞していたらしい。進んでも進んでも誰もいない。…とうとう市川由衣ちゃんの前まで来てしまった。“姿を眼に焼き付ける”時間なんか、有りはしない。しかも…やべえ、由衣ちゃん、不機嫌だよ(泣)。あまりにも段取りが悪すぎて、由衣ちゃんの握手はさっぱり進まず、時間だけが過ぎ去っていく状況に完全に切れていたのだった。何事かマネージャー(と思われる人)に食って掛かっている。…うーん、もう言おうと思っていたことも、み~んなどっかに跳んでっちゃったよ(泣)。それでも私の方へ振り返った由衣ちゃんの顔に、笑顔が貼りついていたのには、流石はプロだなあ、と感銘を受けました。「がんばって下さい」「ありがとうございます」…これが私達の一生に一度の会話の全てでした(泣)。

しかし、この後最大の悲劇が待ちうけているとは神ならぬ私には知るよしもなかったのだった。…手に感触が無い…。そう、寒風吹きすさぶ中1時間も待たされた私の手からは、あらゆる感触が失われていたのだった。何か握ったような気はするものの、それが何だったのかも、良く憶えていません(泣)。でも一つだけ分かったのは、由衣ちゃんの手も、同じように冷え切っていたこと。きっと今までの人達の手も悴んでいたんだろうなあ、かわいそうに。ここで新たな教訓。冬の握手会の時は、必ず手袋やカイロで手を温めて置きましょう。本人もアイドルもかわいそうです。まあ、私にはもう一生関係ないことなんだけどさ。こうして私の一生に一度の握手会は、終わりを告げたのでした。チャンチャン♪

|

« GV-BCTV7/USB2 | トップページ | さよなら市川由衣ちゃん(トレーディングカード編) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

C級とは失敬な!D級だ!<問題発言

ちなみにスピードくじは一人一枚ですか?
違いますよね!?

そう、購入したボックス数に応じて引けるくじの枚数が多くなるはずです。

つまり一人の人間が大量にくじをひき、何が当るのか知りませんが、それ相応の量がある景品の引き渡しという作業に手間取っているのです。

それでもやはり大量購入したファンが問題なのではなく市川由衣の握手の後にくじ引きを設定しなかったスタッフのミスです。

特A級の彼女らのレベルでは時間のロスを最小限に抑える為、先ず流れ作業的に握手だけ済ませてしまって本人退場ってのが普通なんじゃないかなぁ?
とか俄かアイドルオタクのせんだいは考えます。

投稿: せんだい | 2005.05.09 01:07

 うーんと、特A級かどうかは置いておいて(笑)

おっしゃるとおり、スピードくじは1ボックスに付き一枚なので、最初の人の方がボックス数が多いので、当然最初の方が詰まってきちゃいますね。

商品は、確か何かのコンサートのチケットだったような気が。どうせ日程的に行けない可能性が高かったので、あんまり関心がなかったんですが。

投稿: 少年王3号 | 2005.05.10 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GV-BCTV7/USB2 | トップページ | さよなら市川由衣ちゃん(トレーディングカード編) »