« マクドナルドのクーポン券について | トップページ | プチ書評:「怪獣王ゴジラ」(ボンボンコミックス) »

プチ書評:「最後の惑星ラニアン(デュマレストサーガ第31巻)」

 私が15年来探している本がある。それがこの本だ。創元推理文庫から出ていたこのSFシリーズは全31巻で、この本はその最終巻に当たる。当時私はこれが最終巻だという気づかず、いつでも買える気でいたら、絶版になってあっという間に店頭から消えてしまった。

 当然この一冊を買いそびれてしまった私は、この15年間、ずっと探し続けてきた。ご存知とは思うが、シリーズものの書籍の発行部数は巻を追う毎に少なくなっていくのが普通だ。読者というのは、最初の内は買い続けていても、様々な理由で途中で買うのを止めてしまうものだからだ。そして販売数が収益の最低ラインを割り込むようになると、そのシリーズは打ち切りになる。デュマレストサーガの場合、これが最終巻となるもののすでに以前からすでに採算ラインを割っていたのかもしれない。熱狂的なファンが付いているシリーズだっただけに、最低限最後まで発刊したと言うことかもしれない。とにかくこの本は一旦買い逃すと、手に入れることが本当に難しかった。

5年ほど前、一度だけこの本を古本屋で見たことがある。神田のSF専門店で、このデュマレストサーガが、全31冊そろいで30000円だったと記憶している。正直5分ほど考えたのだが、一冊1000円ならともかく(それなら100%買いだ)、残り30冊が全く必要ない以上、これ一冊に30000円は、流石に払えなかった。それからは専門店で探すことは、諦めた。最後の一冊だけ売っているというのは考えにくかったし、揃いならば数万円という値段が付くのは避けられなかったからだ。

そんなわけで、私はターゲットをブックオフのみに絞り込んだ。ブックオフは店員の目利きが利かないとてもありがたい古本屋チェーンだ。専門店なら3000円以上する本を、平気で100円で手に入れたのも一度や二度ではない。しかしそれにしても、見つからない。日本中に500店舗以上あると言われているブックオフだが、少しでも機会があれば、多少無理をしてもブックオフを覗き続けた。30店舗は見ただろうか。しかし見つからなかった。というより20巻より後のものを見つけられることすら稀だった。町田のスーパーブックオフにも無かった。都内最大といわれる原宿にも無かった。もう短期間で見つけることは、とうの昔に諦めていた。いざとなれば国会図書館に行けばあるか、くらいの覚悟だった。

というわけで、話は終わりだ。まさか近所のちっぽけなブックオフで300円で見つかるとは思いもしなかった。しかもデュマレストサーガはこれ一冊しかなかったというのに!!。だれがどういう経緯ブックオフに売ったのか、想像もつかない。揃いで持っていたのなら、残りのデュマレストサーガが置いてあるはずだし、まさか最終巻だけ買ったと言う超奇特な人が、15年間ただ持っていたのを今になって売ったのだろうか。まあ何はともあれめでたい話であった。え、内容?。さあ、それは読んでみないと何とも・・・

|

« マクドナルドのクーポン券について | トップページ | プチ書評:「怪獣王ゴジラ」(ボンボンコミックス) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

どんな小説なのかを知りたかったのでググってみました。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=2403

投稿: hiraku | 2005.05.18 15:03

おめでとうございます!感想もぜひいずれ・・・

投稿: harada | 2005.05.18 21:10

初めまして。通りすがりの本好きです。
昔親の本棚にあったのを十数冊読みました。
続きを見つけるのは難しそうですね。

投稿: 猫のニーチェ | 2005.07.11 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/4176393

この記事へのトラックバック一覧です: プチ書評:「最後の惑星ラニアン(デュマレストサーガ第31巻)」:

« マクドナルドのクーポン券について | トップページ | プチ書評:「怪獣王ゴジラ」(ボンボンコミックス) »