« ビバ!!CSライフ「猿の軍団」」(ホームドラマチャンネル、日本製特撮ドラマ) | トップページ | ビバ!!CSライフ「フタコイオルタナティブ」」(アニマックス、日本製セルアニメ) »

ビバ!!CSライフ「電撃!ストラダ5」」(ホームドラマチャンネル、日本製特撮ドラマ)

 特撮ファンとしてお恥ずかしい話しながら、私はこの番組のことを今まで知らなかった。それというのもどの特撮関係の本にも、どの全怪獣怪人大百科にも、この作品のことが書いてなかったからだ。しかし実際に見てみると、明らかにこの作品は特撮の範疇として語るべき作品であると確信した。そこで簡単であるが内容を記しておきたい。

 まずどぎもを抜かれるのは、そのド派手なコスチュームである。まず地井武雄という俳優を思い出していただきたい。今やバイプレイヤーとして欠かせない人物であり、その誠実で実直そうな風貌は非常に好感が持てると思う。もし顔が思い出せなければネットか何かで見てもらえるとありがたい。この地井武雄を20代に若返らせて水色の全身レオタードを着せてみて貰いたい。次にヘルメットだが同じく水色で左右に顔面の1.5倍ほど膨らませたヘルメットを想像して欲しい。トリプルファイターの人間時のヘルメットを水色に染めたものが私の最も近いイメージなのだが、普通の人には尚更判らないと思うので無視して貰ってもかまわない。次にこのヘルメットの額に直径30センチの黄色の星を付けてみて欲しい。まさかそんな巨大な星がと思うかもしれないが、本当なんだからしょうがない。最後にこのコスチュームを身に着けた地井武雄が腰だめでマシンガンを打ちまくっている所を想像して欲しい。それがストラダ5の勇姿である。

次にOPテーマだが、勇壮なマーチをバックに流れる歌詞は、まごう事無き「伊藤恒久」のものである。1974年に「ダイヤモンドアイ」の後番組として始まった作品のようなので、伊藤恒久続投はある意味当然かもしれない。ただし本編の脚本は一本も書いていないが。伊藤恒久と言えば、アニメ「超高速ガルビオン」を超高速で打ち切りに追い込んだ男としても知られているが、何かの間違えで「ガンダムF91」の脚本を書いたことも忘れてはならない。後は高久進も書いている。この時期はマジンガーZの脚本を書いていた時期だろうか。山浦弘靖も書いている。後に銀河鉄道999の脚本を書く人物だが、私的には「伝説巨神イデオン」を2話で斬首にされたことの方が印象深い。

登場人物だが、隊長は最近頬のシリコンを切除した「宍戸錠」だ。まさかあんな有名人がこんな色物に、と思うかもしれないが、事実なんだからしょうがない。ちなみに宍戸錠は、浦沢義雄が脚本を書いた「カリキュラマシーン」にも出演している。岡崎徹は、後の仮面ライダーアマゾンだ。小野進也は、以前ワイルド7で主役の飛葉大陸をやっていた。そして今やチイチイとして(なぜか)女子高生に大人気だと言う、我等が地井武雄である。・・・こうして考えると、ストラダ5は(まったく別の意味で)相当強力なメンバーが揃っていると言えるかも知れない。それが面白さに全く直結していないところが人生の厳しさというべきなのだろうが・・・。

話は悪の秘密結社と国際秘密警察の死闘を演じるドラマなのだが、悪の秘密結社の作戦は、そのほとんどが仮面ライダーに出てくるショッカーと同レベルである。世界征服を企む組織と同レベルなんだから、スケールがでかいと解釈するべきだろう。そしてこの悪の組織「ビッグノヴァ」の企みを粉砕するのが我等がストラダ5なのだが、その情報収集方法がすばらしい。なんとメンバーの一人のテレパシー(と言っているが、どう見ても予知能力)によって何もかも筒抜けになってしまうのだ。こんなんで情報漏えいで処刑されるビッグノヴァの幹部の悲惨さを思うと、涙を禁じえない。おまけに水色のレオタードは超強力防弾仕様らしく、敵のマシンガンを何発食らってもなんともないのだ。正直言ってかなりイカサマ臭い気もするが、このくらいのハンディが無いと超国家的犯罪組織と戦うのは難しいと考えれば、むしろリアリティあふれる演出と言えるかもしれない。

最後に一つ感想を。任務に失敗すると、ビッグノヴァの幹部は必ず処刑されてしまうのだが、その処刑方法が凄い。超遠距離からスナイパーが狙撃、突然地割れが起きて地割れに飲み込まれる、など明らかに幹部の作戦などとは桁違いの攻撃力を誇っているのだ。この攻撃力を幹部の処刑ではなく、ストラダ5抹殺に向けていれば間違いなくドラマ「電撃!ストラダ5」は一話でビッグノヴァの勝利で終わっていたことは想像に難くない。要はボスの「ミスターアスモディ(この話で唯一怪人っぽい覆面を被っている)」が一番間抜けだったということだろう。ちなみに本作は13話打ち切りである。・・・やむをえないだろうけど・・・

|

« ビバ!!CSライフ「猿の軍団」」(ホームドラマチャンネル、日本製特撮ドラマ) | トップページ | ビバ!!CSライフ「フタコイオルタナティブ」」(アニマックス、日本製セルアニメ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

地井武男ですね。
http://saipro.net/profile_chii.html

DVDも・・・
http://www.nikkatsu.com/strda/

「ダイヤモンドアイ」も知らないのですが、サブタイトルとか前世魔人とかすごそうな感じですね。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baenc308/diamond.html
http://minicard.hp.infoseek.co.jp/adiamond/diamond.htm

投稿: harada | 2005.05.16 22:23

打ち切りではなくて最初から全13話の予定だった「らしい」です。
で、日活が関わっていることから女優さんはポルノ映画出身の方が多かったそうです。
あと…
見ていて面白かったのは、メンバーが殴られて吐き出した奥歯からアンテナが伸びて現在位置を発信する発信機になるのですが、あんな出力の小さそうなものでよくわかったものだな。と、今になっては思います(当時は小学生だったので『わ~すげ~』としか思わなかった)。

投稿: G | 2007.11.20 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/4132341

この記事へのトラックバック一覧です: ビバ!!CSライフ「電撃!ストラダ5」」(ホームドラマチャンネル、日本製特撮ドラマ):

« ビバ!!CSライフ「猿の軍団」」(ホームドラマチャンネル、日本製特撮ドラマ) | トップページ | ビバ!!CSライフ「フタコイオルタナティブ」」(アニマックス、日本製セルアニメ) »