« なんでもつくるよ | トップページ | ビバ!!CSライフ「ビーストウォーズリターンズ」(カートゥーンネットワーク、米国製CGアニメ) »

ビバ!!CSライフ「宇宙交響詩メーテル」(アニマックス:セルアニメ)

 ゴミ。あるいはゴミを超えて有毒物質。核廃棄物まで達してしまっているか。松本零士にどんな才能があるにせよ、武上純希・神尾麦などの脚本家を見分ける才能だけは欠片も無いと断言できます。本作は、メーテルレジェンド、銀河鉄道物語、コスモウォリアーゼロと続いた核廃棄物シリーズに連なる一作と言えます。

 ダナサイト9999も相当やばいできでしたが、ま、あっちは外伝なんで松本ワールドに与える深刻な影響という点では、まだ罪が軽い方と言えるでしょう。タイトルにはメーテルと付いていますが、実際にはメーテルレジェンド同様、プロメシュームのミッシングリンクを埋めるための物語と言えます。何のことか判りませんね?。

1983年に作られた劇場版「千年女王」の惹句は「ついにメーテルの正体が明かされる!」でした。皆様、判ったでしょうか?。当時の私にはさっぱり判りませんでした。ただ雪野弥生さん(声・藩恵子。松本ヒロインはおろかガンダムヒロイン、セーラームーン、サザエさんと王道を歩み続ける、ある意味最も幸せな声優と言えるかもしれない。本作にさえ出てなければね!)の本名が〝ラー・アンドロメダ・プロメシューム”だということで、「あ、メーテルのお母さんと同じ名前だ。ということはメーテルも千年女王の血族なのかな?」という感想を持つ程度でした。・・・まさか本人とはね!!!!!!。っていうか、弥生さん、劇場版「千年女王」のラストで死んじゃってるんですけど??????。仮にテレビ版「千年女王」に繋がっているにせよ、雨森始くんの立場は?。メーテルのお父さんのドクターバン(一応、劇場版999でペンダントになっていて、惑星メーテルの中心核に突っ込んで死ぬ人です。死に際だけ判明(笑))って誰よ、ミライザーバンの主人公って言われても判かんねーよ、そんな絶版書籍!。まずはそこからなんとかしろよ!!!。

ということで、もはやどこと繋がってるかさえ定かではないこの核廃棄物シリーズですが、なんか当然のような顔をして弥生さんが惑星ラーメタルの女王として君臨しています。声が藩恵子だというところが泣かせるね!。大問題なのは、それぞれの作品がお互いを補い合う位置にあるはずなのに、設定が各々矛盾しており、全く話が繋がっていないことです。・・・まあ千歩譲って他人が作った作品は見てないからという言い訳が立つかもしれないけど(答え:立ちません)、手前が作った作品が片っ端から矛盾しててどうする、神尾麦!!。まあそれはともかくメーテルレジェンドでは、機械化人間は、機械化病に発病することで発生します。体中におできのようにメーターが浮き出て、体中にメーターが広がっていき、最後には機械化人間になってしまいます。・・・オリジナル設定と割り切ってください。こんなところで他作品との矛盾がどうしたなんて言っていては、この核廃棄物シリーズの場合、前に一歩も進めません。で、最後には弥生さんも体中がメーターだらけになって(超グロい!!。松本ヒロインファンの私にとっては、涙無くしては見られません!)、骨の髄まで機械化人間になって、劇場版999に出てきたプロメシュームの姿になっておしまい。まあ新たな矛盾点が何十個もできたことを除けば、プロメシュームのミッシングリンクを埋めるという一つのことはなされた作品だと言えるかもしれません。

で、やっと本作ですが、当然のごとく機械化病などの設定は全て無かった事になっています。弥生さんもまた昔の美しいお姿に戻ってます。メーテルだけは白い服から黒い服に設定が進んでるんだけどね!。今回の機械化人間は、機械化光線を浴びせることで変身します。なんてリーズナブル♪。劇場版999のように、機械の体を手に入れるのにお金がいっぱいかかる(これは全ての999シリーズの、根幹に関わる設定です。だってそうでないと鉄朗がなぜ旅に出たか判らなくなってしまう)なんてこともなくなり、機械の体になりたい人は、ただで、一瞬で機械の体になることができます。っていうより女王命令でみんな機械の体になることが義務付けられ、生身の人間は強制労働させられたりしています。劇場版999とは180度反対の世界と言えるね!。話はメーテルレジェンドと全く同じで、機械の弥生さんと生身のメーテルの相克を描くお話。で、生身はいいねってオチ。ぶっちゃけ、とても安直です。

まあ私個人としては、こういうことを書いておいて言うのもなんだけど、重箱の隅をつつくようなことはあまり好きではありません(本シリーズの重箱には隅しか無いんだけどね!)。だから細かい問題点にはほとんど触れていません(触れていると、この十倍書いても収まりきれません)。でも最後に一つだけ言ってきたことがあります。神尾麦が作った作品を除く全ての作品では、メーテルは機械化人間なんだよ~~~~。メーテルが生身だから人の心が通ってるなんて言ってるのは、あんただけなんだ~~~~!!!。・・・果たして神尾麦は、メーテルが機械化人間になるまでのミッシングリンクも、描いてくれるのでしょうか・・・(あとメーテルのの声優が毎回違うのも、なんとかした方がいいような気がする)

|

« なんでもつくるよ | トップページ | ビバ!!CSライフ「ビーストウォーズリターンズ」(カートゥーンネットワーク、米国製CGアニメ) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

機械化病は結構すごかったですよね。ミライザーバンはネットで売られているけど本でほしいなあ。サンコミックですか・・・
http://comics.yahoo.co.jp/10days/matumoto01/miraizah01/list/list_0001.html
表紙をいれて9Pしか立ち読みでできないけど少しは情報が。

999本編が進んでほしいものです・・・

投稿: harada | 2005.05.15 01:31

はじめまして。
確かに言わんとしていることはわかるのですが、脚本云々より松本のシナリオ構成自体に問題があると思います。ニーベルングなども過去の作品と整合性がとれてないですし。

>神尾麦が作った作品を除く全ての作品では、メーテルは機械化人間なんだよ~~~~。

それは違います。松本は999映画版1作目の一年後にアニメ誌で「メーテルは人間」と答えてました。また、映画版2作目では機械エネルギーが作用するもの全てを飲み込むサイレンの魔女のえいきょうをうけていませんので。

映画1作目と漫画版では機械の体と生身の体に分かれてましたが。

投稿: コメント | 2008.07.22 01:11

 この度は私の超読みにくい文章をお読みいただきまして本当にありがとうございました。かなり前の文章なので確認が遅れましてすいません。

>それは違います。松本は999映画版1作目の一年後にアニメ誌で「メーテルは人間」と答えてました。また、映画版2作目では機械エネルギーが作用するもの全てを飲み込むサイレンの魔女のえいきょうをうけていませんので。
>映画1作目と漫画版では機械の体と生身の体に分かれてましたが

 貴重なご指摘ありがとうございました。松本先生のコメントは私の不勉強で全く知らなかったので大変参考になりました。ただ後半の文章の「映画1作目と漫画版では機械の体と生身の体に分かれてました」というのは大変良く判るのですが、前半の文章の「999映画版1作目の一年後にアニメ誌で「メーテルは人間」と答えてました」というのとは内容が矛盾していませんか?。松本先生がいいかげんなだけだと思うのですが(笑)。

 ただ確かに劇場版2作目に関しては、(劇場版1作目とは繋がらなくなってしまいますが)メーテルは人間ある可能性はありますね。

>確かに言わんとしていることはわかるのですが、脚本云々より松本のシナリオ構成自体に問題があると思います。ニーベルングなども過去の作品と整合性がとれてないですし。

 本作に関しては松本先生はほとんどタッチしていないのではないでしょうか。従って本作が他の松本作品と整合性が取れていないのは、本作を作ったスタッフの責任だと筆者は考えています。ただ松本先生が直接関わった作品ですら、そこら中で整合性が取れていないのは事実です。それに対する答えは、上記の文章を書いた後で得ることができました。「ミライザーバン」という作品なのですが(主人公は、一応メーテルのお父さんの筈)、この作品によると世の中パラレルワールドだらけということなので、ちょっとでも矛盾点があればそれはパラレルワールドの物語だからなのだそうです。簡単でしょ?(安直とも言う・・・)

投稿: 少年王3号 | 2008.09.13 14:26

ご無沙汰してました。ヨシアキです。ずいぶん間が空いてしまいましたが、今更ながらお返事です。

>松本先生がいいかげんなだけだと思うのですが(笑)。

松本氏に整合性を求めてはいけません(笑)

>「ミライザーバン」という作品なのですが(主人公は、一応メーテルのお父さんの筈)

ドクターバンはミライザーバンからバンの名を譲り受けたことになってるみたいです。宝島社の『銀河鉄道999 PERFECT BOOK』での松本の発言によると、メーテルのお父さんは『1000年女王』の鉄郎そっくりの少年・雨森始だそうですがここまで来るとあいた口がふさがりません・・・

この辺についてはwikipediaで松本作品やキャラクターの記事を書いているので、機会があったら確認してください。

投稿: ヨシアキ | 2009.01.23 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/4091028

この記事へのトラックバック一覧です: ビバ!!CSライフ「宇宙交響詩メーテル」(アニマックス:セルアニメ):

« なんでもつくるよ | トップページ | ビバ!!CSライフ「ビーストウォーズリターンズ」(カートゥーンネットワーク、米国製CGアニメ) »