« さよなら市川由衣ちゃん(トレーディングカード編) | トップページ | さよなら市川由衣ちゃん(H2編) »

交渉人真下正義

nego
レイトショーで見てきました。

脚本十川誠志でした(w
スタッフちゃんと確認してから行けば良かった。orz

東京の動脈たる地下鉄を暴走する謎の列車
中央司令室では電子的なモニターでしか表示されず物語の序盤では姿が見えない・・・

俯瞰でみせる東京の街並みと烏

モチーフはまるっきりパトレイバーですね

オマージュとしてみてしまうと、オチが弱く感じる。
結果として犯人との交渉に失敗したということになるので、カタルシスが薄い。

どっちもオタ臭いのにこっちは良くてローレライはダメな理由はなんだろう???
役所広司好きとしては納得いかない。

狭いイスに2時間30分は辛かったので風呂入って寝ながら考えることにします。

予告編で戦国自衛隊も一寸見ましたが、ザ・角川映画って感じのカットの連続に
ほんにゃり。<微妙な言い回しは察してください

|

« さよなら市川由衣ちゃん(トレーディングカード編) | トップページ | さよなら市川由衣ちゃん(H2編) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら市川由衣ちゃん(トレーディングカード編) | トップページ | さよなら市川由衣ちゃん(H2編) »