« ガンダム一年戦争 | トップページ | LAND WALKER »

ガンダム隔世論

今更書くのも何だが、自分の周囲ではあまりSEEDの評価は高くない。
しかしSEEDとしては2作目まで作成していることだし、腐女子を中心に人気は高いようである。
ネットで感想を眺めてみても、評価が高いのか、あるいは低いのか良く解らないのが、まあガンダムが人気があるのは良いことだ。

現在放映中のSEED DISTINYについては、取り敢えず毎週欠かさずに観てはいる。
話の展開が遅く、総集編ばかりで何だかなーと思う反面、現代日本を揶揄したような問題を取り扱っており、この難しい話をどう決着付けるつもりなのか、という意味において些か興味はある。

私はファースト原理主義者というわけではないので、比較的ガンダムという作品については寛容ではある。
とはいえ、種やデス種を観ていると「これはガンダムじゃないな」と思っている自分も居る。
まあ要するに歳を取ると共に、かなり保守派になったんだろうな。

種なんかも、まあ思春期に観ていたなら、また違った感想もあったかもしれない。
或いは今起きているガンダムにおける旧ファンと新ファンの軋轢は、このあたりのジェネレーションギャップの違いなんだろう。ガンダム流に言うと、オールドタイプとニュータイプの争いみたいなもんか(笑)

で、10年後のガンダムファンの会話なんて妄想してみよう。

 「お父さん。彼を紹介するわ」

 「初めまして、お父さん。娘さんとは、結婚を前提にお付合いさせて頂いております」

 「お、なかなかの好青年じゃないか。うちの娘には勿体ないくらいだ」

 「なによそれー」

 「ははは、恐れ入ります」

 「ところで、君、ガンダム好きらしいね」

 「あ、はい」

 「私も昔は結構なファンだったんだよ。映画で並んだり、プラモを買うために朝早くおもちゃ屋さんに並んだり・・・いやあ若かったなぁ」

 「当時は凄かったんですね」

 「そう言えば君の一番好きなガンダムは、何だね?」

 「やっぱり原体験であるSEEDですね」

 「な・・・なに?」

 「SEEDに嵌ってガンダム見始めたんですよ。正直、アレを越えるガンダムは無いですよ」

 「・・・貴様『種厨』か?」

 「え?」

 「帰れっ!」

 「はい?」

 「腐れキャラ萌えの種厨なんかに、かわいい娘をやれんっ!」(※典型的なファースト原理主義)

 「おとーさんっ!」

 「え、え、え? ちょっと・・・」

 「五月蠅い。出て行けっ! 二度と家の敷居をまたぐなっ!」

 「そ、そんなーっ」

 「かーさん、塩っ!」


・・・ううむ。なんかホントに起こりそうで、怖い(笑)

|

« ガンダム一年戦争 | トップページ | LAND WALKER »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘の誕生おめでとうございます。
いつの間に作ったんですか?
まあhirakuもいつの間に結婚したんだという感じなのでお互い様ですがw

投稿: hiraku | 2005.04.16 14:49

判っているとは思いますが、上の話はフィクションです。てか、子供なんていません。
子供も何も、まだ結婚すらしていなんですが・・・orz

投稿: 一伽貝 | 2005.04.16 22:24

娘はまだ居ないのですか。残念。
いずれ種萌えの腐女子が家に遊びに来たりするのだろうか…。
ルナマリア・ホークのザクの1/144、1/100プラモデルを買ったひらくは微妙です。

投稿: hiraku | 2005.04.18 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/3717579

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム隔世論:

« ガンダム一年戦争 | トップページ | LAND WALKER »