« カウントダウンセール | トップページ | My最新アニメ感想文増刊号:「妄想企画会議 機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 »

Elixir プレイ感想

ウチのライターである原田がフランスより帰省。
久々に会合を設けた。その際に彼の手解きによりフランス製のカードゲームElixirをプレイ。

ちょっと感想など。

まず第一印象。

・・・字が読めねぇ。

当然の事ながら、書いている文字はフランス語。
しかもカードは一見するとMTGやらの普通のTCGの様に、絵の下に細かい文章が羅列している。
つまり、結構な文章量がカードに記載されていると言うこと。

いきなり立ちはだかる言語の壁。原田を除いて、集まった面子に仏語など読めるはずもない。

とはいえ、そこはそれ、前回の記事など(1回目2回目3回目4回目)から判るとおり、原田はこのカードゲームを購入し、コツコツと日本語訳していました。
彼の日本語訳冊子を見ながら、取り敢えずプレイ。

それにしても、である。
フランス人の考えることは、日本人の我々からすると、やはり、ちょっと変わっている。

このカードゲームを簡単に言うと、

 1)材料を集める

 2)集めた材料で魔法を発動させる

ことが目的なのだが、この発動した魔法が面白く、ちょっと挙げてみると次の様な感じだ。

  「プレイヤーを指定し、なにか発言する度に『畜生っ!』という言葉を付け加える。言わなかった場合、これを指摘したプレイヤーに手札を一枚差し出す」

  「プレイヤーを指定し、5分間黙っているように指示する。喋った場合、これを指摘したプレイヤーに手札を一枚差し出す」

  「プレイヤーを指定し、家事を行って貰う。これを回避するには、手札を二枚差し出す」
                      ・
                      ・
                      ・

なんだこりゃ?

てか、

ゲームをしているプレイヤー本人に攻撃が来るカードゲームなど初めてみた。

正確に言うと発動する魔法は、こんなものばかりではない。
もっと、普通のカードゲームらしい効果を生む魔法も沢山存在する。

ただ、集める材料が少ない魔法、つまり発動しやすい魔法は、こんなものばかりである。

で、発動しやすい魔法が応酬され、その結果どういう状態になるのかというと・・・

  少年王3号 「このアイテムカードを使って、一伽貝の魔法の発動を抑えるぜ・・・畜生!
  (↑魔法によるペナルティにより「畜生!」と言わなくてはならない)

  一伽貝 「じゃ、それをキャンセル・・・するニョ!
  (↑魔法によるペナルティにより、語尾に「ニョ!」を付けなくてはならない)
  注:原文では発言の度に韻を踏むということだが、それは難しいのでアレンジ
 
  少年王3号 「あ・・・じゃあそれをキャンセル!」

  一伽貝 「・・・『畜生!』言い忘れ、カード1枚、頂戴ニョ!

  少年王3号 「・・・『畜生!』


・・・・・・なんか王様ゲームみたいだな。


|

« カウントダウンセール | トップページ | My最新アニメ感想文増刊号:「妄想企画会議 機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

話だけ読んでると面白そうだな~

投稿: せんだい | 2004.12.31 21:16

原田です。テストプレイありがとうございました。いや、とてもよかったです。ルール冊子は人数分用意すべきでしたね。次回までにはもうちょっときれいに訳しておきます。

一回休みとか山札からカードをもらうとか、相手の手札を見たり奪ったりとか普通の効果のカードもありますが、相手の頭の回転率を下げるための「強制語尾」効果カードとかはやっぱり結構面白い発想ですねー。

投稿: harada | 2005.01.01 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/2422415

この記事へのトラックバック一覧です: Elixir プレイ感想:

« カウントダウンセール | トップページ | My最新アニメ感想文増刊号:「妄想企画会議 機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 »