« My最新アニメ感想文:「鋼の錬金術師」 | トップページ | My最新特撮感想文:「ミュータントX」 »

My最新アニメ感想文:「スパイダーマン(セルアニメ版)」

 コミック版のスパイダーマンの歴史を全52話で見せてくれる全編ダイジェスト作品。

 アメコミを一冊も読んだことの無いアメコミマニアの私にとっては、とてもありがたい作品。もちろん、あのかっちょいいオールCG版とは月とスッポン(もちろんこちらがスッポン)です。作画レベルが、カイザーインした後の「アステカの星アステカイザー」並みなのが、パンピーにはちょっとしんどいか。あとは一話だけ小倉優子が声を当てているのが、アピールポイントかも。やーい、みんな、小倉優子がアニメで声を当ててるの、聞いたこと無いだろ←(羨ましくないって?)。とにかくスパイダーマンの歴史を辿りたい人以外には、情緒もへったくれも無い内容のなので、全くお勧めしません。でも私的には非常に意義があって、文章で読んでもさっぱり分からなかったホブゴブリンとグリーンゴブリンの関係とかも、やっとこ分かりました。あとピーターとMJが(少なくとも2001年時点で)最後にどうなったのかも分かってちょっと満足。後にスパイダーマンはXメンのウルヴァリンらと、ニューファンタスチックフォーを結成するらしいのですが(ついてこれてます?)、このアニメ版での両者の戦いを見ている限りでは、あんまり噛合わないような気も・・・。

 それはそれとして、この単調な作品を毎日毎日見続けて、ちょっとした悟りを開いたような気がします。それはなぜアメコミは何時までたっても終わらず、こんなに果てしが無いのかということです。スパイダーマンは悪人を決して殺さず、「ざまあみろ」とか「これで懲りただろ」とかいって<<逃がしてやります>>。当然悪人は恨みレベルを1レベル上げて復讐にやってきます。当然犯罪のレベルも1レベル凶悪化しています。これを何回か繰り返すと、純粋培養された恨みの念により、無差別犯罪はスパイダーマンの身近な人にまで及びます。そしてスパイダーマンは「僕が何をしたっていうんだ」とか「僕はただ平和のために戦っているだけなのに・・・」と言ってうじうじ悩みます。これが単発の劇場版を見ただけなら、このスパイダーマンのぼやきにちょっとは同情できるかもしれません。しかし毎日毎日見続けてた私には、はっきりと断言できます。<<自業自得>>であると!!。お前が挑発するだけ挑発して、何にも責任取んないから、事態が悪化するだけ悪化しちゃうんだろうが!!。お前が何もしなけりゃ、状況ははるかにマシになってんだよ!!。あんまり時事ネタとかとは繋げたくはないんですが、この作品を見ていると、イラクがなんであんなになっちゃったのか、とても良く理解できる気がします。だからアメリカ人は・・・。

ではまた明日。

|

« My最新アニメ感想文:「鋼の錬金術師」 | トップページ | My最新特撮感想文:「ミュータントX」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

エアマスターにもチョイ役で出てたよ>小倉優子
バイトで遊園地アトラクションに参加したときの司会のお姉さん役で。

投稿: せんだい | 2004.10.07 11:52

小倉優子
http://www.ogurayuko.net/

も、

時空警察ヴェッカー
http://www.d-v-v.com/wecker/

なのですね。

>市川由衣
http://spm.cocolog-nifty.com/tusin/2004/06/post_27.html

見たことないのでどんな作品だったか解説があればうれしいです。

投稿: harada | 2004.10.07 22:48

>当然悪人は恨みレベルを1レベル上げて復讐にやって
>きます。当然犯罪のレベルも1レベル凶悪化しています。

ゲームに使えそうなシステムだなあ。というか結構黄金パターン?もじょもじょも、、、>あれは刑務所ぶちこんでるけど。

投稿: harada | 2004.10.07 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1615343

この記事へのトラックバック一覧です: My最新アニメ感想文:「スパイダーマン(セルアニメ版)」:

« My最新アニメ感想文:「鋼の錬金術師」 | トップページ | My最新特撮感想文:「ミュータントX」 »