« My最新特撮感想文:「怪奇大家族」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「蒼弓のファフナー」 »

My最新アニメ感想文:「ローゼンメイデン」

<新番組:2004年制作:日本テレビ>
 一種のギャルアニメなのかもしれませんが、けっこう方向性が立っているので、私的にはOKです。

 生きていて魔法が使える「西洋人形」が、引きこもり君の所にやってきて様々な事件を引き起こす・・・って、今気がついたんだけど、これって荒川念久の「鋼鉄天使くるみpure」のバリエーションなのでは??。ゴスロリの衣装に身を包んだタカビーな西洋人形というのは、ちょっといかしてます。看護婦アンドロイドよりもいい感じかな。引きこもり君は、怪しげな通販グッズを買ってはクーリングオフで送り返すのが趣味。市バスマニアとどっちが暗いんだろう(笑)。人形が戦うというと、私的には「ジョジョの奇妙な冒険・スターダストクルセイダース」のエボニーデビルとか思い出しちゃうんだけど(古い~)、今なら「からくりサーカス」とかなんだろうか(でもあれは等身大だったかな)。独特の魔法を使う戦闘シーンは、けっこう気に入ってます(どこまでアイディアが持つかが問題だけど)。

 構成の花田十揮は「まほろまてぃっく」の前半を支えた脚本家で(後は「ちょびっツ」「アベノ橋☆魔法商店街」あたりかな?。ああ「神無月の巫女」も書いてるのか(笑))、一時は「プリンセスメーカー」なんかも作ったりして、ガイナックスの専属みたいな感じでしたね(今は榎戸洋司がガイナックス専属ですか?(笑))。キャラクターを立てて書き分けるのが非常に得意な脚本家なので、本作もステレオタイプとは少し違ったタイプのキャラクターを楽しむことができます。私としては、「ちょびっツ」の〝ちい”が超萌えだったんで(自爆)、花田作品はけっこう悶えて見てたりしました。まあローゼンメイデンには、そんなに萌えるキャラがいなかったりするんだけど、ちょっとだけ「ちょびっツ」の香りがするかな・・・。

ではまた明日。

|

« My最新特撮感想文:「怪奇大家族」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「蒼弓のファフナー」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1774955

この記事へのトラックバック一覧です: My最新アニメ感想文:「ローゼンメイデン」:

« My最新特撮感想文:「怪奇大家族」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「蒼弓のファフナー」 »