« My最新特撮感想文:「陰陽少女」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「ブラックジャック」 »

My最新アニメ感想文:「ToHertリメンバーマイメモリーズ」

<新番組:2004年制作:UHF系>
 ToHertのマルチのみをフィーチャーした作品。

 綾香やセリオが出番が多いのも売りの一つかな(長瀬源五郎も(笑))。本来のファン層を考えれば、むしろこの作り方が正解なのではないかと思います。後は脚本家の力量の問題で・・・。本来ならオリジナルのゲームを作った高橋竜也を連れてくるのが正解なんでしょうが、まだオリジナルゲームのライターがアニメ版を作ったと言うケースは無いようですね(本作に関しては会社の所属問題も含めて不可能なようですが(笑))→っていうか、高橋先生、もう一度リーフファイト(TCG版)をお救いください。なんかもう滅びそうなんですけど(泣)・・・。

 というわけで本作の構成は叶希一(知らない・・・)という人なのですが、・・・なんか展開が唐突なんですが(笑)。まあ原作ファン以外見ないから話が繋がって無くても、どうでもいいのかな?。でもマルチだけで13話作る覚悟があるなら、それなりのできになる可能性もあるかもしれません。一応ゲーム版のアフターストーリーなので、原作ファンとしては外せない作品(のはずです)。まあ今時最初のToHertのファンがどれだけ残っているか、大変疑問ではあるのですが。もうちょっと(と言っても年単位ですが)早く作ってくれてたら、もう少しはインパクトあったのかなあ。内容は前作の一年後、記憶喪失になって帰ってきたマルチの記憶を、みんなで回復してあげようと言う話。声優は一部(と言っても浩之の声がすでに違っているんですが(自爆))変わっていますが、基本的に同じ(まあそれが売りだし)。しかし堀江由衣が少し旬を外してしまっているのも痛いかも。この作品を一言で表現すると・・・「作るの、遅せーよ!!」。以上

ではまた明日

|

« My最新特撮感想文:「陰陽少女」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「ブラックジャック」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1750919

この記事へのトラックバック一覧です: My最新アニメ感想文:「ToHertリメンバーマイメモリーズ」:

« My最新特撮感想文:「陰陽少女」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「ブラックジャック」 »