« くじびきアンバランスついに小説化 | トップページ | My最新アニメ感想文:「ToHertリメンバーマイメモリーズ」 »

My最新特撮感想文:「陰陽少女」

<新番組:2004年制作:UHF系>
 役者さんの知名度も含めて(下手糞だ、というわけではない)、恐ろしく安い予算で作られたのではないかと推察される作品。

CGはおろかワイヤーアクションやトランポリンすら使ってないでしょう(笑)。でも私は基本的にこうした低予算でがんばっている作品は好きなので、見ておくことにしています(誰も見ていないので私が見ておかねば、というのもある)。 円谷なんかは年に一回くらい、ほっそりと低予算特撮を深夜にやってたりしますよね?。例えば前々期には「エコエコアザラク眼」(構成は、なんと小中千秋!)をやってましたし、過去をさかのぼれば「仮面天使ロゼッタ」「千年王国三銃士バニーナイツ」「時空警察ヴェッカー」のように、けっこう重要な作品もあったりしました。

 さて本作はKBS京都制作(と言う時点で安い・・・)のアクションホラー(と思われる)で、女子高生が怪物と戦うと言う、B級アクションの普遍的構図をそのまま用いています。〝陰陽”というフレーズは、ほら、はやりだということで(笑)。本当に今期は、「和風」が多いですよね!。とはいえそんなに考証がしっかりとした脚本家なんか使えるわけが無いので(それに予算がないので、平安時代のシーンなんか映像にできないし・・・)、それらしいフレーズもほとんど出てきません。まあ仕方ないか。とはいえ監督さん(脚本・演出を兼ねる)は、がんばって映像のアングルとかには凝りまくっているので、見ていてそれほど退屈しません。いかれた人物描写も、私的には気に入ってます。多分若手監督だと思われるので、ここでいい勉強をしてステップアップしていってもらいたいと思います。(つーか・・・Vシネマ??)

続く。

|

« くじびきアンバランスついに小説化 | トップページ | My最新アニメ感想文:「ToHertリメンバーマイメモリーズ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1750910

この記事へのトラックバック一覧です: My最新特撮感想文:「陰陽少女」:

« くじびきアンバランスついに小説化 | トップページ | My最新アニメ感想文:「ToHertリメンバーマイメモリーズ」 »