« MX1000 | トップページ | My最新アニメ感想文:「巌窟王」 »

My最新アニメ感想文:「ゾイド・フューザーズ」

<新番組:2004年制作:テレビ東京>
 シリーズが進むごとにどんどんパワーダウンしていく、ゾイドシリーズ第3弾。

 ゾイドシリーズの場合、製作動機が「前作放映時に売れ残ったおもちゃの不良在庫の再販売」なので、新番組とはいえ打てる手は相当限られてしまいます。今回の目標は、前作で売れ残った「ライガーゼロ」のおもちゃをどう売りさばくか(できれば前々作で売れ残ったブレードドライガー、コマンドウルフ、ディバイソンもなんとかしたいみたい)。・・・ある意味とても潔いスタイルです(笑)。で、肝心のライガーゼロが売れるかどうかなんですが・・・かなり微妙な気がしますよね。個人的にはゾイドというのはミリタリー系(体中にいっぱい武器つけたりとか、現用兵器に近い方向性にするとか)の方がメインターゲットかなとも思っているんで、それに真っ向から逆行している格闘系でおもちゃおもちゃしたライガーゼロは、少し辛い様にも思います。また前作までは合体(換装?)はライガーゼロの専売特許だったわけですが、本作からは敵ゾイドも複数体合体したりするみたいです。設定的に合体ゾイドが強くなっているというのは別に構わないんですが、それで本当に強くなっているように〝見える”かどうかは、相当微妙なんですが。なんか背中に乗っかって動きが鈍くなっているだけのような気が(笑)。

 (いつものように全く関係ない話ですが)おそらく日本で始まった「合体すると闇雲に強くなる」という概念は、本質的には明らかに間違っているんで(笑)、よその国ではなかなか通用しにくいわけですが、アジアではけっこうOKな所もあるみたいです。韓国製アニメとか見ていると、やっぱり合体して強くなるシーンとかあるわけですが、嘘だと知ってて作っている日本人はリアリティを出すために色々工夫しているのに対して、最初からそういうもんだと思って作っている韓国人はリアリティなんてかけらも気にしません。だからあんな物凄い映像が作れちゃうわけですが(笑)。あとカンフー映画にも腕の無い格闘家が脚の無い格闘家を背負って、悪い格闘家をやっつけまくるというものもあるわけですが、これなんかは演じている人があまりにも大変そうで、見ていて涙が滲んでくるくらいです。ちょっと合体ゾイドに通じる所があると思いませんか?(自爆)。

ではまた明日。

|

« MX1000 | トップページ | My最新アニメ感想文:「巌窟王」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>売れ残ったおもちゃの不良在庫の再販

厳しいですねー。そういえばベイブレードも作りすぎて困ったことになっていると聞きましたが?

>腕の無い格闘家が脚の無い格闘家を背負って、
>悪い格闘家をやっつけまくる

栗本薫の奇形児達がテレパシーでつながって新しい人類になる話って「Run with the wolf」でよかったかな?をちょっと思い出しました。

投稿: harada | 2004.10.18 21:07

>製作動機が「前作放映時に売れ残ったおもちゃの不良在庫の再販売」なので、

どこからの情報ですか?ゼロ自身は新規のものなんですが頭の塗装とか変わってるところあるし

>また前作までは合体(換装?)はライガーゼロの専売特許だったわけですが、
エレファンダーは?
BFはCAS持ってますが?

投稿: SS | 2004.10.31 17:47

それ以前にフューザーズ自体元々12話まではアメリカ版のアニメですよ。
向こうで12話で打ちきりその後を日本で作ってるというのは有名な話かと・・・・・。

投稿: 蝦韻 | 2004.11.14 08:36

おもちゃもゲームもやってなくて地上波アニメしか見てない(しかもフューザーズも海外にいて見れてない)のですが、

>それ以前にフューザーズ自体元々12話まではアメリカ版のアニメですよ。

これは日本では地上か衛星では放映されたのでしょうか?

ネットで調べるとゲームとかその他あちこちでいろいろとストーリーが絡み合っていてとても置くが深いのだと認識しました。

投稿: harada | 2004.11.18 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1709046

この記事へのトラックバック一覧です: My最新アニメ感想文:「ゾイド・フューザーズ」:

« MX1000 | トップページ | My最新アニメ感想文:「巌窟王」 »