« My最新アニメ感想文:「下級生2~瞳の中の少女たち」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「遥かなる時空の中で・八葉抄」 »

My最新アニメ感想文:「魔法少女リリカルなのは」

<新番組:2004年制作:UHF系>
 原作者(都築真紀と言う人らしい。全く知らない)がそのまま脚本も書いてるという、なんの言い訳も利かない作品。

 しかし監督の新房昭之は良く知ってるぞ。昔懐かしい「メタルファイターMiku」なんかを作った人です。まだギャルアニメと言う概念がほとんど無かった時代に、先鞭をつけた人物の一人ですね。私は結構好きな監督さんです。

 内容は、変な夢を見ていた主人公(昔は女の子に限っていたが、最近はどうもそうでもないらしい。少なくとも今期男の子のものを2本見た)が朝起きて、「うーん、遅刻遅刻~」とか言いながら学校に走っていくという黄金パターンから始まります(って本作は走ったりしないけど)。これって「カードキャプターさくら」も全く同じなんですが、その時に同時に始まった4本が全てこのパターンで始まったのにはびっくりしました。当時不安になった私が一伽貝氏に相談すると、「それはアニメが韻を踏んでいるんだよ」と教えてもらい、なるほどと思った記憶があります。あと、アニメでは親子で髪の色が(染めてないはずなのに)全く違うということがほぼ100%の確立で起こりますが、本作は珍しく親子で髪の毛の色が同じです。細かいところで申し訳ありませんが、ちょっとだけ感動したんで(笑)。全体的に見ても、恐らく「カードキャプターさくら」の影響が強いと思われますが、けっこう丁寧な作りをしており、収拾が着かないほどに増えてしまった今期のギャルアニメ群の中では、正統派としては一番好感を持てる作品です(もちろん邪道筆頭の「神無月の巫女」は別格です)。傑作だとは思わないんですが(笑)。

 だいたいどんなジャンルも、ドン詰まりになるとメタ的なものが登場して止めを刺すというのが一般的です。ヒロイックファンタジーの場合は、「スレイヤーズ」や「魔術師オーフェン」がその役割を果たしました。魔法少女ものもここ数年相当煮詰まっていまいたが、「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルテ」が止めを刺したと思って間違いないでしょう。本作は小麦ちゃん以降初めての本格的魔法少女ものとなるわけですが、やはり今までの魔法少女ものを踏襲することができず、モンスターとのバトルといった要素を組み入れざるを得ませんでした。これがさくら全盛の頃なら、絶対そんなことは無かったんだろうと思うんですが。まあギャルアニメをどうしても一本見たい(あるいはさくらのバリエーションを死ぬほど(以下省略))と言う人には勧めますが、別に見なくても困らない程度の話ではありますね(笑)

ではまた明日。

|

« My最新アニメ感想文:「下級生2~瞳の中の少女たち」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「遥かなる時空の中で・八葉抄」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1673125

この記事へのトラックバック一覧です: My最新アニメ感想文:「魔法少女リリカルなのは」:

« My最新アニメ感想文:「下級生2~瞳の中の少女たち」 | トップページ | My最新アニメ感想文:「遥かなる時空の中で・八葉抄」 »