« My最新アニメ感想文:「流星戦隊ムスメット」 | トップページ | マルドゥック・スクランブル »

My最新アニメ感想文:「アンジェリーク・白い翼のメモワール」

<OVA:2000年:キッズステーション>
 コーエーの女性向け恋愛シミュレーションゲームのアニメ化。私にしては珍しく、ゲーム版(最初の奴だけだけど)もやったことがある作品。

 ゲーム版は、要は男性向け恋愛シミュレーションをひっくり返したものなので、女性(女王様候補♪)一人に、男性(守護聖様という美少年ぞろい)が山ほど、という取り合わせ。守護聖様の描き方に、同じ男性としては強烈な違和感を覚えますが、女性もまた男性向け恋愛シミュレーションに対して同じようなことを考えているはずなので、お互い様と言うことでしょう。そう考えれば、別にゲーム自体はそんなにつまらなくないし、守護聖様も・・・まあ人生勉強だと思えば興味深くないこともないです(笑)。しかし唯一つ納得がいかなかったのは、人間の命の軽重について。アンジェリークは神の国の女王候補として、文明の育成を行うことになります。手を掛けてあげればどんどん都市も増え人間も増えていくのですが、手を抜くと天変地異が起き、次々と人間が死んでいきます。手を抜くと言うことは・・・守護聖様とデートすることにほかなりません(泣)。守護聖様と湖にデートに行けば何万人も死に、遊園地にデートに行けば何万人も死に、プレゼントするためのケーキを焼けば何万人も死ぬ・・・。こんなんで恋愛が成就して、本当に嬉しいんでしょうか?。嬉しいんだろうなあ。だって次回作以降ガンガン作られているわけだしね。

 「起動戦士ガンダムSEED」でほんの少しだけ話題になったのは、主人公が砂漠でアラブ人を何百人殺してもなんにも悩まなかったのに、美形キャラが一人死んだら大騒ぎになるのは何故?というものでした。SEEDが少女漫画の延長にある作品であることを前提とすると、私がアンジェリークをやって感じた違和感と同質の問題だと言うことが分かると思います。つまるところ、女性は本質的に差別主義者だということでしょう。女性にとっては、人間の範疇に入る人間と、入らない人間がいるということなのでないでしょうか。要するに美形と、醜形ということですね(笑)。私は醜形なので(自爆)違和感を感じたわけですが、美形の側に立てばとても居心地の良い世界観なんだろうな、ということは想像出来ます。この辺が、少女漫画を違和感なく読める人と、読めない私の差なんだろうな、ということを強く感じました。

 ではまた明日・・・って、今回は、本当に全くな~んにもアニメについて触れてないな(笑)。でも内容は、キャラクターの人数(まあ20人くらいか)をこなすのに精一杯なので、作品としてどうかなんて言ってもしょうがないでしょ?。私の住んでいる6畳一間の部屋を、建築学的にどうか、なんて語ることと同じくらい無意味ではないでしょうか。ファンの人が喜んでくれれば。私の想いはそれだけです・・・

ではまた明日。

|

« My最新アニメ感想文:「流星戦隊ムスメット」 | トップページ | マルドゥック・スクランブル »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

アンジェリークいつかやらないとなあ、、、

>手を抜くと言うことは・・・

トレードオフですね。「隣のプリンセス(PCFXのゲーム)」でも、友達と遊んで彼氏を作って心を育てるか、家族と仲良くなるために勉強に励むか、というトレードオフがあります。遊んでいると成績低迷、家族の受けが悪くなります。彼氏のくれる攻撃魔法と姉達(家族)のくれる攻撃魔法のどっちがいいか?という選択肢でもあるのだけれど、エンディングにもいろいろ影響します。姉の魔法のほうが強力みたいだけど、それだとなんのために人間界まできたのかさっぱりです。

思うにこれは「有限時間探索問題」で、知識も経験も結局のところ有限時間内にすべてをとりこむのは不可能なので、自己にとって重要な局所近傍にすべてを注ぐというある意味で潔いことかもしれません。「隣のプリンセス」はある意味でとても深い人生のおきてが書かれているのかもしれません(アンジェリークも)。

>女性にとっては、人間の範疇に入る人間と、入らない人間がいるということなのでないでしょうか。

だから本当は下働きの天使が10万体くらいいて、人間界の世話をしないといけないわけだ。そして下働き天使長が恋をすると、、、(略)

投稿: harada | 2004.10.30 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1808950

この記事へのトラックバック一覧です: My最新アニメ感想文:「アンジェリーク・白い翼のメモワール」:

« My最新アニメ感想文:「流星戦隊ムスメット」 | トップページ | マルドゥック・スクランブル »