« ウルトラQ dark fantasy 後ろの正面 | トップページ | 八海山 泉ビール »

スパイダーマン2

「スパイダーマン2」を観てきました。

<以下、ちょっとネタバレ>

前作はDVDで鑑賞したんですが、主人公ピーターのあの何とも言えない暗さに近親憎悪を抱いたり(笑)、今ひとつすっきりしないラストがあまり好きではありませんでした。
悩めるヒーロー、それこそがスパイダーマンじゃないか」とは少年王3号の弁ですが、いや、確かにそうだな、と思いつつも、しかし、アメリカン・ヒーローものでこんなの観たくないなぁ、というのが正直な感想でした。

しかし今回は面白かった。

相変わらずピーターはうじうじと悩み、今回はアメリカン・ヒーローものの続編にありがちな

  挫折 → もうヒーローやーめた → 巨悪に対してやっぱり復活

という見え見えの展開。
おまけに最後には一応ハッピーエンド。
なんかスパイダーマンらしからぬ展開でしたが、まあエンターテイメントとしてはこれで良いんじゃないか、と思う次第。

いや別にハッピーエンドだから誉めている訳じゃないですよ。

あの躍動感あるアクションがたっぷりが観れただけでもう満足なんですが、今回はそれにも増して敵役が良かった。
スパイダーマンのアクションを十二分に生かすドック・オクという敵。
ドック・オクのあの触手を生かした立体的な戦闘は前作のアクションの比ではありません。
いやもうアクションは殆どがCGで、それが分ってしまうところがちょっと悲しいところではありますが、しかしそれを差し引いても、やはり魅せるものがあります。

それにしても、話が続編に引く引く。
なんていうのか、今回のハッピーエンドは次作の悲劇への大きな伏線のような気がするのは穿ちすぎですかね?

・・・ところで前から不思議に思っていたんですが、レオパルドンはいつ出るんでしょうか(嘘)

|

« ウルトラQ dark fantasy 後ろの正面 | トップページ | 八海山 泉ビール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/1145664

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン2:

« ウルトラQ dark fantasy 後ろの正面 | トップページ | 八海山 泉ビール »